カレンダー
2011年12月
« 11月   1月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
パーソナリティ
渡壁恵子
淵本文枝
最近の記事

* RSS FEED

楢崎 房江

It’s a small world!

2011年12月9日

それは、こんな作業机で生まれます。

ちょっと写真が暗いですが…。

これは、和紙人形作家・浜田文子さんの作業机です。

きょうは、倉敷市の浜田さんのお宅にお邪魔しました。

浜田さんの作品世界は、3~6cmの人形なんです。

こちらは、倉敷美観地区にある倉敷物語館の風景⇒

ガラスに見える手は、私です。ごめんなさい^^;

花魁道中の人形をアップで見てみると⇒

人形の大きさは6cmなんですよ。

一方、こちらは、倉敷美観地区、倉敷川沿いの様子です⇒

こちらの人形の大きさは、3cm。

お店の中をアップで見てみましょう⇒

凄い!ちゃんと商品まで並んでる!!何ミリなんだろう!!!

浜田さんは、17年前から人形制作を始められました。

当時は、今よりも少し大きな12cmの人形を作っていたそうです。

こちらは、浜田さんが最初に作った12cmの雛人形⇒

そして、こちらは、今の浜田さんの小さな小さな雛人形です⇒

浜田さんは、もとは倉敷の人ではありません。

ご主人の転勤で、2007年に倉敷へ越してきました。

そこで目にした倉敷美観地区の町並みが、浜田さんの作品世界とリンクしたのです。

今は、阿智神社、秋季例大祭での御神幸の風景を制作中⇒

大作で、完成は来年になるということです。

そんな浜田さんの作品は、倉敷物語館(倉敷市阿知2-23-18)で見ることができます。

時々、入れ替えを行いながら、展示されているんですよ。

今は、倉敷千歳楽、堀南の鬼びょうたん、美観地区の町並み、下町の風景が展示されています。

更に来年2/28~3/4には、倉敷物語館で浜田さんの作品展が開催されます。

その時には、浜田さんの全ての作品が展示されるそうですよ!

ちょうど倉敷雛めぐりの時期ですから、あわせて楽しみたいですね。

是非、浜田さんの小さな和紙人形の世界に触れてみてください♪