● 淵本 文枝の最近の記事 ●

淵本 文枝

玉野市築港の宇野駅少し西に去年の9月にココカ古書店がオープンしました。

「ココカ古書店」店内の様子1

店主夫妻は宮本万平さん・しずかさん。

京都・大阪出身のふたりは、旅好きで、万平さんは99か国を旅しています。
そこで玉野の海や食、芸術、海外の人との交流のしやすさ等、様々な魅力に惹かれてここに移り住んだそう。

はじめは、ゲストハウスからのスタートでしたが、去年から古書店もオープン。
Book/Cafe/Barという、古書に囲まれながら、お茶をしたり、夜はお酒と地元の海産物を中心とした料理を楽しんだり旅人と地元の人たちとの交流の場にしたいと語ってくださいました。

「ココカ古書店」店内の様子2

ココカとは、ハワイ語で角という意味。
街角の人が集う古書店で、世界中の人が酒を酌み交わし、交流を深めることができるよう、早くコロナが終息してほしいです。

現在、好きな本を何冊か選び、バスケット・ラグ・マップを貸し出して出かけてもらう、Puke-Nic(本をもってのピクニック)を開催中。
場所が変わると同じ本でも印象がかわるとか。
海を見ながらの読書もいいですね。

あと、米粉のたい焼きがここの古書店の名物だそう。
イートインもテイクアウトもできますよ。

午後は、同じく玉野市築港のシェアハウスUZにお邪魔しました。

「シェアハウスUZ」外観

ここは曜日別に出店者が変わるのですが、金曜日は出張カレー屋さん、ツドイバ器。

オーナーは横畑光一さん25歳。
半年前まで東京で美容師として働いていたそうです。

「ツドイバ器」オーナーの横畑光一さん

自分好みのカレーを阿佐ヶ谷で間借りの店舗で提供すると、なかなかの評判で、地元岡山に帰ってきて、本格的に出張カレー屋さんを始めたそうです。

しかも、キーマカレーのみで勝負。
キーマは様々なチャレンジができてこだわり甲斐があるのだとか。

今までも、さばと納豆・マーボーナス・レモンとジンジャー・赤味噌パインなどいろいろなキーマカレーを生み出しました。
今日は、新作、ゴボウとシイタケの味噌キーマカレー。

本日のランチの看板

和風の食材だが、カレーのピリ辛が後から追いかけてきて、旨味の深さが感じられる甘辛ピリリでばっちり!
おいしかったですよ。

ゴボウとシイタケの味噌キーマカレー

色々なところに出没していますので、スケジュールをチェックしてみてください。

お客さんに、店のほうから近づける出張方式はなかなか良いシステムです。
特に若い方はチャレンジしやすく、このような場所の提供が増えているのもいいですね。

淵本 文枝

表町1丁目、アーケードの1筋西に、中之町商店会が表町チャレンジショップ「表町ライフ」を昨日から開設しました。

「表町ライフ」外観

コロナ禍にあり、中之町で空き店舗が目立ち始め、何とかスペースを有効利用しようと1店舗内に4つのお店がスペースをシェアするかたちで入りました。

これなら、家賃も抑えられますので出店する側もチャレンジしやすくなります。

今回は、1階に子供用品の無料物々交換のお店tricccoが、2階にグリーンコープ生協おかやま、洋菓子工房chez kumari、自然食製造のりんく堂が出店しました。

子供用衣類の陳列棚

おもちゃの陳列棚

人にも環境にも優しい・地産地消など、ここに集う人々の考えも調和して、とてもいごごちの良いシェアスペースになっていました。

表町ライフ 始動しました!

淵本 文枝

ハーブの自動販売機

2021年03月26日

岡山市北区平和町の、西川グリーンパークビルの1階(西川沿い)に全国で唯一のハーブの自動販売機があります。

ハーブの自動販売機前にて

去年8月にお目見えしましたが、手軽に摘みたてハーブを購入できるとあって、今評判になっています。

岡山市南区西七区にある自然ハーブ畑「千」が栽培する、農薬・化成肥料・動物性堆肥を使わない新鮮なハーブです。 

販売機には15種類のハーブセットがずらり。

ハーブ自動販売機の筐体

ミント・バジル・ローズマリー・セントジョーンズワード等々。

肉料理、魚料理、煮込み料理、ハーブティー用のハーブがそれぞれセットになってパック詰めされています。
価格も300円~1,000円まで。

販売中のハーブ

コロナの影響で、レストランなどの需要が減り、廃棄するよりも一般の人に気軽に楽しんでもらえるようにと、ハーブ農園を運営する田中知子さんが発案しました。

これからフレッシュハーブのシーズンとなり、ますますラインナップも充実します!

ハーブに適した18度~21度に温度管理されていて、1日おきに摘みたてハーブに入れ替えています。
1週間は冷蔵庫の野菜室でもつそうですよ。

安くて新鮮。
気軽に試してみては?

淵本 文枝

范曽美術館・るーぷ

2021年02月19日

岡山市東区西大寺の両備バス西大寺バスセンター2階にある范曽美術館にお邪魔しました。

范曽美術館

范曽美術館は、年に3日間だけ開館します。
毎年西大寺観音院の裸祭り、会陽に合わせて特別開館しているのです。

展示の様子

范曽は、詩・書・画 三絶の文人画の奇才といわれ、現代中国画壇を代表する人物です。

今年はコロナ禍にあり、疫病退散を願い、鍾馗という疫病退散の神を描いた作品6点を含む、43点を展示しています。
力強く、繊細な筆のタッチは勿論、書や詩の素晴らしさは見る者をひきつけます。

力強く、繊細な筆の作品たち

初日の午前中から大勢の来館者でにぎわっていましたが、マスクの着用、体温の測定、消毒に協力していただいています。

会期は明後日、日曜日まで。

午前10時~午後4時まで(入館は3時30分まで)
大人 1,000円 / 学生(高校生以上) 500円 / 中学生以下 無料
※子供と一緒割引もあります

午後は、西大寺観音院近くの五福通りにある、『るーぷ』にお邪魔しました。

るーぷ外観

虹色の暖簾がかわいいお店。
築150年以上の古民家を大学3年生の宇野広大さんが改修して、素敵なお店に蘇らせました。

なんと、ここは、岡山市の小・中・高の制服リユースをメインにしている古着屋さんだそうです。
1月10日にオープンしました。

るーぷ店内の様子

福岡県出身の宇野さん、大学で岡山にやってきて、去年初めて西大寺を訪れ、ビビビットきたそう。
ここで何か始めたいと。

五福通りのご近所さんに囲まれて、充実した毎日だそうです。

宇野さんとご近所のみなさん

これから卒業式が目白押しですが、制服を次の誰かのために譲ってもいいと思う方は、持ち込んでみてください。

必要な人は、まずは問い合わせを。
クリーニング代程度の料金で譲ってくれます。

水・土・日のみの営業です。

る~ぶ:岡山市東区西大寺中3-9-26

淵本 文枝

今日は、勝田郡勝央町の、おかやまファーマーズマーケットノースビレッジに。

おかやまファーマーズマーケットノースビレッジ

6日に奇跡の牛、元気くんのブロンズ像が完成、除幕式が行われたということで、見に行きました。

元気くんは1998年10月、台風10号の増水で津山市の牧場から90キロも流されましたが、奇跡的に瀬戸内の黄島にたどり着いた子牛です。

ブロンズ像は、全長120センチ、高さ143センチ。
当時の元気くんを再現しています。
かわいいながらも凛々しい表情。

元気くんブロンズ像アップ

去年1月21歳で亡くなるまではノースビレッジで地元の人たちに愛されました。
今日も元気くんの在りし日をしのんで、ブロンズ像を見に訪れる子供連れを何組も見かけました。

ブロンズ像と同時に元気くん資料館も開設。

元気くん資料館

パネル展示

資料館の中には元気くん神社もあります。

元気くん神社

元気な町勝央町には忘れられないシンボル、元気くん。
いつまでも勝央町のみんなのそばで見守ってくれていますよ。