714日(火)

新見で作られる“桃太郎トマト”

箱詰めされているトマト

夏でも涼しい新見市神郷高瀬では、多くの生産者が桃太郎トマトを作っています。

原さんトマトを持っている

そのうちの一人、原健二さんのハウスにお邪魔しました。

ハウスの写真

桃太郎トマト、とっても味がいいんですよね~
おいしい理由を聞くと神郷高瀬の温度、寒暖の差にあって、果物や農作物にいい影響があるんだそうです。

原さんと千神

原さんは、就農一年目。
「まだ新人でひよっ子ですが、周りに部会長のハウスやほかの人のハウスもあって教えてくださる人が沢山いて、すごく心強い」そうです。

トマト青取り

原さんはJA晴れの国岡山阿新トマト部会に所属していて、順番にトマトの出荷をしていきます。
ちなみに原さんのトマトは、8月上旬に出荷予定だということです。

トマトの茎

取材していると、驚いたことがありました。
トマトの茎は斜めに誘引をしていきます。
こうすることで高い段数までトマトをいっぱい収穫することが出来るんですよ!
また作業もしやすくなるんだとか。

作業をしている原さん

もともと横浜に住んでした原さんは、新見でつくるトマトを沢山の人に知って、食べて貰いたいと話します。
関東では、“桃太郎トマト”というブランドで売っているかというと、そんなことはなくて、トマトはトマトで、スーパーなどに出ていることが多いそうです。
「知名度が上がって、桃太郎トマトあれ美味しいよねっていう風に、認知されるようになったら嬉しいな」

ほんのり赤いトマト

今年は長雨の影響でトマトの出荷は遅れ気味ですが、7月下旬から最盛期を迎えます。

選果場のようす

選果場のようす

新見のトマトは、11月下旬まで出荷が続き、直売所「あしん広場」などで買うことができますよ!

お問い合わせ先は、JA晴れの国岡山新見広域営農経済センター0867-72-3134
79日(木)

出荷の最盛期を迎えている「冬瓜(とうがん)」

7月10日は、「7=なつ」「10=とう がん」という語呂合わせから、

牛窓冬瓜の日なんですよ!

冬瓜アップの写真

瀬戸内市牛窓町で作られる冬瓜を紹介します!

 牛窓夏野菜部会の森部真史さん

法被を着て、気合十分のJA岡山 牛窓夏野菜部会の森部真史さんに話を聞きました。

眺めのいい風景

眺めのいい写真

綺麗な瀬戸内海が見える場所で冬瓜が作られています。
森部さんは「海がばっちり見えるところなんで、気持ちがいい」と話します。
そして今年の冬瓜は出来がいいそうですよ!

冬瓜収穫する前

貯蔵性が高く、風通しのいいところに置けば冬まで保存が可能なため、この呼び方になったそうです。
岡山県は、晴れの国でその中でも牛窓は晴れの日が多く、冬瓜作りに適しているんです。

冬瓜を投げます

収穫する際は、なんと冬瓜を投げるんです!
歩いて渡るとつるを踏んでしまって、いたむからです。
投げることで行き来することを防ぎ、つるを踏まないようにするための生産者の知恵なんですよ。
キャッチしたら素早く投げていきます。私も挑戦させて貰いました!

千神が冬瓜を投げます

かなり重かったです(汗)
そりゃそうですよね。だって1玉が約4kgもあるんですもん(笑)
4kgというと2リットルのペットボトル2本分。
ペットボトル2本分が投げてこられると…そりゃあ、重いですよね。

森部さんとの2ショット!

牛窓は冬瓜の生産量が全国3位で、生産量をあげていきたいと同時に
もっと岡山の人にも「冬瓜」を食べてほしいと森部さんは話します。

「県内の消費が全体の10%ほどなので、岡山での出荷を増やして消費を増やしていきたい」

牛窓の冬瓜は、9月下旬まで出荷が続きます!
冬瓜は、ぜひ煮物や炒め物など色んな料理に合うので、使ってみてください!
ちなみに冬瓜を使ったおすすめ料理を森部さんに教えて貰いました。
詳しくは、難波リポーターが紹介してくれます!

お問い合わせ先、JA岡山総務部総務課086-225-9846
77日(火)

誉乃AKASAKA

ブドウの美味しい時期ですね~
今日は、赤磐市赤坂地区のピオーネ、中でも大粒で糖度の高いものを厳選した『誉乃AKASAKA』を紹介します。

ピオーネアップ写真

一粒一粒大きくて、まるで宝石のように光っていました!

赤磐市山口にある和田圭司さんのハウスにお邪魔しましたよ。

ハウスの中の写真

和田さんは、ブドウ作り15年目で、4棟のハウスでピオーネを作っています。

誉乃AKASAKA

今から13年前、粒が大きく糖度が高いものには、『誉乃AKASAKA』という名前をつけて出荷し始めました。

和田さん

「この辺りは、寒暖の差があって、最低気温が岡山と比べると3~4度低いので、色もつきやすい」と和田さんは話します。

誉乃AKASAKAとふつうのピオーネを比較

600gの通常サイズのピオーネと比べると、一目瞭然。
房が大きくて、粒が500円以上のものが誉乃AKASAKAの候補になります。

誉乃AKASAKAと500円玉

<誉乃AKASAKAの基準>
糖度 17度以上
一粒 16g以上
粒の大きさ 500円玉以上
甘さの秘密は、土に入れる「乳酸菌」が関係しているんだそうです。
糖度も高いし大粒になるんです。

和田さんと千神彩花さん

ちなみに粒が小さい甘いピオーネは作りやすいですが、誉乃AKASAKAのように粒が大きくて甘いピオーネを作るのは、難しいそうです。
そして赤坂地区のピオーネのおよそ5%しか、誉乃AKASAKAに選ばれないんです。
とっても希少なんですよ!

選果場のようす

選果場

生産者全員で、糖度と大きさをみていき、厳しい基準を通過したものが全国に出荷されます。

収穫する和田さん

和田さんは、「小さい産地なので、よそではできないことをやろうということで始めています。美味しいブドウとあとは安心安全もつけてお客さんに提供したい」と言われていました。

今年も甘くておいしい誉乃AKASAKAが出来ました!
出荷は7月いっぱいです。
直売所「赤坂青空市」で買うことができますよ 086-957-2234
630日(火)

早生品種の桃「加納岩白桃」

香りが強く、甘味も強く、滑らかな舌触りが特徴の加納岩白桃。

加納岩白桃

モモづくり20年、板敷隆史(いたしきたかふみ)さんの桃畑にお邪魔しました。
板敷さんの畑は、総社市宿にあります。

板敷さんのモモ畑 五重塔が見える

遠目に吉備路のシンボル五重塔が見えます。
眺めがいいところで作られているんですよ!

モモの木

総社地区はモモの産地で、このあたりは山土で排水がいいところが多く糖度が出やすいんだそうです。

モモを持った板敷さん

板敷さん自身、甘いモモが好きで、糖度が高い加納岩白桃を作るのが楽しいんだそうですよ!
そんな加納岩白桃の収穫は、先週6月26日から始まりました!

加納岩白桃 袋掛けは2枚

驚いたことに、加納岩白桃の袋掛けは1枚ではなく2枚でします。
なぜかというと他のモモに比べて表面の皮が薄いからです。

袋の中のモモ

太陽の光を受けないようにして、表面の劣化を防ぐためなんだそうですよ。

モモを収穫している板敷さん

モモと言えば、夏のイメージですが、板敷さんは秋に収穫できるモモも作り、出荷期間を長くしようとしています。
「専業桃農家で、生計を成り立たせるために少しでも長いこと作っていきたい」

板敷さんと千神リポーター

手間暇かけて作られた総社の白桃は、JAの山手直売所「ふれあいの里」で買うことができます!
加納岩白桃を買うことはもちろん可能(かのう)ですからね(笑)

収穫された加納岩白桃

若いモモ生産者の奥様を中心に、収穫の様子やモモの情報をSNSで発信しています。
インスタグラムkibijinomomoでみることができますからね。
ぜひ覗いてみてください!

お問い合わせ先、JA晴れの国岡山(岡山西)吉備路アグリセンター 0866-93-3770