529日(金)

6月は牛乳月間!美味しく免疫力アップ!

6月1日は世界牛乳の日!そして日本では、6月は牛乳月間です!
牛乳への関心を高めるために提唱されています。

6月は牛乳月間

JA岡山厚生連の管理栄養士としても以前、JA便りに出演していただいた、作州薬膳 管理栄養士の久保敦子さんに牛乳を使ったアレンジレシピを教えてもらいました。

久保さんと難波リポーター
久保さんと難波リポーター

腸内環境を整えて健康な身体を作る腸活、皆さんはしていますか?
久保さんに教えてもらったのは、腸活にバッチリな「レアチーズケーキ」です!
フルーツソースをかけると美味しいですよ。

レアチーズケーキ
レアチーズケーキ

〈材料 600ml容器1個分〉
〇レアチーズケーキ
プレーンヨーグルト…300g
甘酒…100g
牛乳…100cc
粉ゼラチン…10g

〇フルーツソース
イチゴ…100g
ハチミツ…大さじ6

〈作り方〉
1.ボールにヨーグルト、甘酒、牛乳を入れ、泡立て器で滑らかになるまで混ぜる。
2.粉ゼラチンを80℃程度のお湯でふやかす。
3.ふやかしたゼラチンと1をよく混ぜ合わせ、保存容器に入れて冷蔵庫で2~3時間冷やし
固める。
★硬めが良い場合は5時間程度冷やすといいそうです。お好みで調節して下さいね。
4.耐熱容器にイチゴを入れ、ふんわりとラップをかけて500Wで2分加熱する。イチゴをつぶしてハチミツを加える。
★ハチミツの酵素は熱に弱いため、加熱後は冷ましてからハチミツを加えて下さい。
★1歳未満の赤ちゃんにはハチミツを与えないで下さい。
5.レアチーズケーキが固まったら皿に盛り付け、ソースをかけて完成!


フルーツソース
フルーツソース

久保さんによると、昔から牛乳は薬と言われていたそうです。
それだけ身体に良いものなんです(^^)
お通じや肌調子の改善、身体が弱い方は体質も良くなると言われているそうですよ。

牛乳を飲むとお腹がゴロゴロする…という方もいますよね。
今回は発酵食品であるヨーグルトや甘酒も一緒に使うため、お腹が弱い方でも食べやすいですよ。


牛乳、甘酒、ヨーグルト
左から牛乳、甘酒、ヨーグルト

砂糖は使用せず、甘酒の甘みだけで作ります。
とっても簡単でさっぱりと美味しいんです!

免疫細胞の60%は腸にいると言われています。
牛乳だけでなくヨーグルトや甘酒も腸内環境を整えてくれるため、腸活にぴったりのレシピですね!
ソースに使用しているハチミツにも整腸作用がありますよ(^O^)

久保さんに、ヨーグルトを使ったこんな料理も教えてもらいました。


ヨーグルトのディップソース
ヨーグルトのディップソース

〈材料〉
ヨーグルト…大さじ2
白味噌…大さじ2
季節の野菜色々…適量

〈作り方〉
ボールにヨーグルトと白味噌を良く混ぜ合わせて完成!


皆さんもぜひ、牛乳や乳製品を使った料理で美味しく免疫力アップしましょう♪

【お問い合わせ先】
JAおからく 生乳課
TEL : 0868-54-1101 
525日(月)

米田 隆昌さん(倉敷市東塚)

無農薬・無肥料、自然の力を利用した栽培方法で米作りに励む男性を取材しました。

米作りに励む男性

NPO法人岡山県木村式自然栽培実行委員会 米田 隆昌さん(47)です。
木村式自然栽培は、農薬や肥料を使わずに、作物自らの力を引き出して育てる方法です。

木村式自然栽培米の田んぼ

米田さんは、この栽培方法で、朝日米と雄町米の2種類を栽培しています。
この日は、酒米の雄町米の籾まき作業をしていました。

雄町米籾まき作業

木村式は、田んぼに草が生えにくくするために、田植えの際、なるべく深めに水を入れます。
そのため苗は沈まないように、長く!強く!(^^)!
根をしっかりと張るために、苗床に、籾殻を焼いた“くん炭”を敷き詰めるのがポイントです!

くん炭の上に水をかけながら

くん炭の上に水をかけながら種籾を乗せ…

種籾をのせる

さらにその上に、くん炭と土をかぶせて育苗の準備完了です!

育苗準備完了

籾の消毒も60℃の熱湯に10分つけ、乾燥させたものを使っていて、農薬は一切使いません。
土ももちろん無肥料です。

作業をする米田さん

そのため、田植えができるまで苗が育つのに通常20日のところを、木村式だとおよそ1か月もかかるんだそうですよ(*_*)!

育った苗

米田さんがそこまで手をかけて木村式を用いるきっかけとなったのは、11年前、友人に誘われて参加した講演会です。

作業をする米田さん2

元々サラリーマンだった米田さん。
転職を考えていた時に木村式自然栽培と出会いました。
講演をしていた木村秋則さんの人柄に惚れ込み、“自分も農業をしてみたい”、“木村式に挑戦してみたい”と思うようになりました。

田植え前の苗

その後すぐに就農。
この日から木村式は、次第に岡山県内でも広まるようになったそうです。

作業をする米田さん3

米田さんは、「自然栽培っていうと、よく作物を放っておくというイメージを持たれるんですが、実は、どうやって天候と合わせて環境作りをするかが大切なんです。今年はできたぞ!という年はまだないですね」と教えてくれました。

米田さんと
米田さんと

“木村式をもっと広めたい”とも話す米田さん。
栽培の難しさも楽しみながら、誇りを持って、今年もいい米を作るために奮闘しています。
リポーター
古米沙世
撮影場所
倉敷市
522日(金)

あま~~いスナックエンドウ

エンドウが鈴なり♪
緑が鮮やかで、きれいですよね(*^^*)

エンドウが鈴なり♪

実っているのは、スナックエンドウ!
「え?スナップエンドウじゃないの?」と思う人もいるかもしれませんね。
確かにそうともいいます!

ですが、スナック菓子のような食感から、スナックエンドウとも呼ばれているんですよ☆

お邪魔したのは、和気町田土にある畑。
あたり一面見事な棚田が広がっていました!

和気町田土の畑

畑は、標高およそ350メートルの、高いところにありましたよ。

和気町田土の畑2

朝は寒くて昼は暖かい。
寒暖差が大きいこの場所は、野菜作りにとても合っているんだそうです。

栽培6年の杉本弘道さんです(*’ω’*)

栽培6年の杉本さん

スナックエンドウは今が最盛期♪
収穫作業に大忙しです!

今年のスナックエンドウ

今年のスナックエンドウは、傷もなく、きれいな形のものが多かったそうですよ!
杉本さんの収穫のペースはとっても速いんですよ(^^)/
収穫するのは、長さ7センチ、厚さ1センチ以上のもの。
ですが、ものさしは使いません!
感覚を頼りに次々ととっていくんですよ!
すごいですよね(*’▽’)

生でも食べられるということで、私もいただいてみました!

スナックエンドウ

サクッといい食感♫
しかも、ものすご~~~く甘かったです!!
青臭さもほとんど感じられず、おいしかった(#^^#)

杉本さんご自身、スナックエンドウが大好き!
「早くおおきくなれよ♬」と毎日声をかけて、栽培しているんだそうです。
我が子のようにかわいがっています♡
杉本さんの愛情がスナックエンドウに届いて、おいしく育つんでしょうね(#^.^#)

杉本さんのスナックエンドウ

杉本さんが育てたスナックエンドウは、JA晴れの国岡山の直売所 百菜市場和気店で買うことができます!
今が旬なので、たくさん並んでいますよ!

JA晴れの国岡山の直売所 百菜市場和気店

直売所の入り口には、たくさんの野菜苗!!
スイカやナス、トマトなど夏野菜の種類が豊富でした♬
外出を控えて家にいる時間が長く、家庭菜園をする人が増えています。
そのため、ここ最近は特に人気なんだそうです!!!

たくさんの野菜苗

これからは葉物野菜がどんどん増えてきますよ♪

新鮮な野菜たくさん!

直売所には新鮮な野菜が豊富(‘ω’)
いろんな野菜を使って料理のレパートリーを増やしてみるのも楽しそうです!
スナックエンドウは、さっと茹でるとさらに甘みが増しておいしいですよ(^^♪

JA晴れの国岡山 百菜市場和気店 0869-92-9800
リポーター
難波紗也
撮影場所
和気町
518日(月)

佐々木 健さん(井原市美星町星田)

小学生の頃からの夢を実現させ、和牛繁殖農家として地域を支えている男性を取材しました!

笑味ちゃん女性スタッフリポート200519-1 美星ミート 繁殖主任 佐々木 健(たける)さん

美星ミート 繁殖主任 佐々木 健(たける)さん(33)です。
美星ミートは、母牛に子牛を生ませる繁殖から、子牛を肉牛にするまで育て出荷する肥育までの一貫経営で、浅口市に販売店を構えます。

笑味ちゃん女性スタッフリポート200519-2 美星ミート 牛舎

牧場では、およそ140頭の牛が育てられていて、佐々木さんは、そのうちの70頭の母牛と、20頭の子牛を育てています。

笑味ちゃん女性スタッフリポート200519-3 美星ミート 牛舎

佐々木さんにべったりなこの2頭は、母牛の育児放棄が原因で人工保育されています。

笑味ちゃん女性スタッフリポート200519-4 佐々木さんにべったりな2頭

子牛たちにとっては、佐々木さんがお母さんなんです(^^)♪
とっても甘えん坊な2頭。
「なでて、なでて」とすり寄ります。
佐々木さんのことがとっても大好きなんですね(#^^#)

佐々木さんは小学生の時から、動物に関わる仕事に興味を持っていました。
夢に向かって一筋に、中学卒業後は農業高校、酪農大学校に進みました。

笑味ちゃん女性スタッフリポート200519-5

その後、JAの畜産課で指導員として様々な牧場を見て回るうちに、“動物を育てる仕事がしたい”という思いが強くなったんだそうです。

笑味ちゃん女性スタッフリポート200519-6

そして3年前、縁あって美星ミートに就職。
今は立派な繁殖担当として経営を支えています。

笑味ちゃん女性スタッフリポート200519-7 飼育の様子

美星ミート 三宅達夫 社長(60)は、「牛の目線に立って向き合ってくれるので、子牛の体調の変化にもすぐに気づく。うちの従業員は非常に優秀です」と佐々木さんの働きぶりに感心しています。

笑味ちゃん女性スタッフリポート200519-8 三宅社長と佐々木さんと古米リポーター
三宅社長と佐々木さんと

佐々木さんは、「まずは美星ミートを日本一番の牧場にしたいです。そしていつかは自分で牧場を経営して牛を飼ってみたい、それが一番の夢です」と控えめにさらなる夢を語ってくれました。

笑味ちゃん女性スタッフリポート200519-9 佐々木 健(たける)さん

牛を育てている今、「幸せで、楽しくてしかたない」と話す佐々木さん。
次の夢を叶えるために、しっかりと牛たちと向き合います。
リポーター
古米沙世
撮影場所
井原市美星町
515日(金)

岡山の味をオンラインで!

インターネットで買い物をする、オンラインショップ。
最近、利用する機会が増えたという方も多いのではないでしょうか?

JA晴れの国岡山のオンラインショップでは、岡山県の特産品が豊富ですよ!

笑味ちゃん女性スタッフリポート200515-1 JA晴れの国岡山のオンラインショップ

岡山県内8つのJAが合併したことで誕生した、JA晴れの国岡山!
ホームページもひとつになりました。

笑味ちゃん女性スタッフリポート200515-2 JA晴れの国岡山ホームページ

オンラインショップで、岡山県各地の商品を買うことができます(*^^*)
果物や野菜、加工品など、岡山自慢の品がたくさん!
今回は畜産物の項目にある、こちらの商品を紹介します♪

笑味ちゃん女性スタッフリポート200515-3 美豚ハム、ソーセージ詰合せ

井原市美星町西水砂にある、JA晴れの国岡山の美星加工センターです。

笑味ちゃん女性スタッフリポート200515-4 JA晴れの国岡山の美星加工センター

加工肉の製造をはじめて35年、ソーセージやハムなどを作っています。
この日はソーセージ作りを見せてもらいました(^^)/

笑味ちゃん女性スタッフリポート200515-5 ソーセージ作りの様子

腸詰したあとは、大きな窯で熟成、乾燥などをさせます。

笑味ちゃん女性スタッフリポート200515-6 ソーセージ作り 大きな窯で熟成、乾燥

均一に並べることが、おいしく作るポイントなんだそうです!
美星町の豚を100パーセント使用して作っていますよ!

私もいただきました(*^^*)

笑味ちゃん女性スタッフリポート200515-7 ソーセージを食べる難波リポーター

お肉の味が濃い!!甘みも感じられてすごくおいしかったです!♪

美星加工センターでは、「美星町の豚」にこだわって今まで製造してきました。
ですがJAが合併したこともあり、これからは岡山県各地のいろいろな豚を使って商品開発していきたいと話してくださいました。

JA晴れの国岡山のオンラインショップでは、全国へ発送ができます。
お中元などの贈りものにも喜ばれそうですね♪
岡山のならではの味を大切な人と共有できたら嬉しいですよね(*´ω`)

ぜひ「晴れの国岡山オンライン」で検索してみてください!
リポーター
難波紗也
511日(月)

石川裕之さん(勝央町石生)

誰もしていないような、“とがったこと”がしてみたい。
岡山県内唯一の温室モモの担い手を取材しました。

笑味ちゃん女性スタッフリポート200511-1 長男の裕之さん(43)

共にモモづくりをしていた夫が亡くなってから15年間、石川里江さん(67)は、ずっと一人でこのハウスを守ってきました。
勝英地区は、かつて温室モモがさかんで、元々10軒程ありましたが、今は里江さんの1軒だけです。

笑味ちゃん女性スタッフリポート200511-2 石川里江さん(67)

そろそろしんどいなと思っていた時、長男の裕之さん(43)が帰ってきました。
1年間の研修を経て、今年から本格的に就農。
いつかは後を継ぎたいと、里江さんのサポートをしながら、モモ作りを学んでいます。

笑味ちゃん女性スタッフリポート200511-3 温室モモ

東京の旅行会社に勤めていた裕之さん。
働いているうちに、母のことやモモ畑のことが頭に浮かぶようになったそうです。
きっと定年を迎えて継ぐのでは遅い、教えてもらえるうちに学んでおこうと会社を辞め、昨年勝央町に帰りました。

笑味ちゃん女性スタッフリポート200511-4 モモをケースに収める裕之さん

里江さんは、「本当に突然だったんです。正直ずっと好きなことをさせていたので、帰ってきてくれるとも思っていなくて…」と驚きながらも、笑顔で嬉しそうに話します(#^^#)

笑味ちゃん女性スタッフリポート200511-5 「息子と撮ってもらえるなんて!」と嬉しそうな里江さん(^^)♪
「息子と撮ってもらえるなんて!」と嬉しそうな里江さん(^^)♪

裕之さんは、東京時代、他にはない珍しいツアーを計画するなど、とがっている、つまり誰もしないようなことが大好きなんだそうです。
“岡山県唯一の温室モモ”というのも、裕之さんが感じた魅力の一つです。

笑味ちゃん女性スタッフリポート200511-6 温室モモを見上げた様子

裕之さんは、「とがってますよね、ハウスで作るモモ。もう県内で誰もしていない。うちだけという特色もあるので、その強みは継続していきたいです」と力強く話してくれました。
普段は母より一歩後ろに立って話す裕之さんですが、夢を語る姿は、目がキラキラとしていました!(^^)!

笑味ちゃん女性スタッフリポート200511-7 石川さん親子と古米リポーター
石川さん親子と

今年も、極早生品種の“はなよめ”の出荷が始まりました。
色づきもよく、甘いモモに仕上がっています。

笑味ちゃん女性スタッフリポート200511-8 極早生品種の“はなよめ”

再び、地域をモモの産地として発展させたい。
そんな夢を持ちながら、これからは、親子2人で守っていきます。

笑味ちゃん女性スタッフリポート200511-9 温室モモを収穫する二人
リポーター
古米沙世
撮影場所
勝央町
58日(金)

母の日にも!高梁市のシャクヤク

5月といえば、シャクヤク!
美人の例えとして「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」という言葉があります。
シャクヤクは凛とした美しさが魅力的ですよね♪

濃いピンク色のシャクヤク

シャクヤク生産者の森川信江さん(80)です。

シャクヤク生産者の森川信江さん(80)

森川さんは就農約15年目。
高梁市川面町の7アールの畑でシャクヤクを育てています。

高梁市川面町の写真
高梁市川面町

高梁市はシャクヤクの生産が盛んで、岡山県内では1番の産地です。
「シャクヤクの里」とも呼ばれているそうですよ!

まだ花は咲いていないのですが…

つぼみの状態のシャクヤク

このつぼみの状態が収穫時なんです。
花が咲きかけたら収穫の目安!
大きなつぼみが良い花を咲かせます。

つぼみの状態で出荷し、お客さんの手に届いてから花が咲きます。
そして、すぐに枯れずに長持ちしますよ (^^)

芽摘みされる小さな花の写真

森川さんは、上の写真のような小さな花を1つ1つ摘みます。
小さな花は茎に3つほどつきます。
これを摘むことで1つの花に栄養を集中させます。
大きくて綺麗な花にするためには、この芽摘みという作業が大切なんですよ。

作業を行う森川さん

森川さんは花が大好き♡
シャクヤクは早く成長するため、短期間で収穫しなければなりません。
忙しいけれど、好きだから続けられると教えてくれましたよ。

森川さんが育てているシャクヤクは3種類。
白色の「ラテンドレス」、濃いピンク色の「華燭の典(かしょくのてん)」、薄いピンク色の「春の粧(はるのよそおい)」です。
どれも凄く素敵な名前ですね!
森川さんのおすすめはラテンドレス!
ドレスのようにヒラヒラとした花びらが綺麗なのだそうです。

シャクヤクの花を持つ熊澤リポーター
熊澤

花だけでなく上品な香りも私は好きです♡
高梁市にあるJA晴れの国岡山の直売所 グリーンセンターでも買うことができますよ!
華やかでエレガントなシャクヤク、母の日のプレゼントにもいいですね♪

【お問い合わせ先】
JA晴れの国岡山 高梁総合センター
TEL:0866-22-8811
撮影場所
高梁市川面町