• 情報ワイド あれスタ
  • SUNDAYスマイルGOLF
  • 晴れの国 生き活きテレビ
  • VOICE愛(ラブ)
  • 爆釣り!? FISHパレード

VOICE愛(ラブ)

番組
HP

7月8日(水)
水曜よる7:00~8:00

食べよう!支えよう!
岡山香川グルメ応援団


新型コロナウイルス感染症の拡大は、私たちがこれまでに経験したことのない非常事態です。このウイルスとの闘いは、「命を守る」段階から、徐々に私たちの「生活を守る」段階へと状況が変化してきました。
そして、地元の飲食店は、長い自粛生活を乗り越えようやく営業の再開を始めたばかりです。私たちはそんな頑張る飲食店を応援したい!

そこで、VOICE愛は、食べよう!支えよう!をキーワードにグルメ応援団を結成!斬新なアイディアで農家を支援するスムージーのお店に、中学生の息子がとったある方法で多くの支援を得ることができた餃子屋さん。そして、うどん県を守るために始まったうどん券や観光地を救おうと始まったオンラインバスツアーなど、この困難な状況に立ち向かう様々なアイディアをご紹介します。
頑張れ!飲食店!

出演:竹内大樹、廣瀬麗奈

メッセージ

番組
HP

7月8日(水)
よる8:00~8:55

豪雨から2年 復興の影で…
~被災地 真備町は今~


「もう忘れられとる…」未だに穴だらけの自宅の土壁に向かい、そうつぶやいた男性。
2018年7月6日から激しく降り続いた雨は西日本の広い範囲に甚大な被害をもたらし、倉敷市真備町は町のおよそ3割が川からあふれた水に飲み込まれた。
あれから2年、徐々に復興が進み町は元の表情を取り戻しつつある。壊れた住宅の再建も進み、多くの人が真備町で以前のような生活を営んでいる。
ただ、復興という言葉がいまだにむなしく響く人もいる。仮設暮らしから抜け出すことができず先の見えない生活をする人々。85歳の男性は濁流にのまれ土壁が崩れ落ちた家をこつこつと自分で修復しながら暮らしている。自宅を取り壊した後、再建することができず、草に覆われてしまった敷地で「帰りたくても帰れない、人に言えない故郷だ」とさみしそうに笑う男性もいた。
豪雨から2年、復興の影に隠された真備町の今を追った。

ユタンポ

番組
HP

7月10日(金)
深夜0:15~0:45

次回をお楽しみに。