新型コロナウイルス感染症の影響により、延期または中止となるイベントがございます。

開催の可否につきましては、イベント公式HPでご確認または、掲載された連絡先へお問い合わせください。

5月12日に再開した高梁市成羽美術館で地元出身の洋画家児島虎次郎が、20世紀初頭のヨーロッパ各地を写した写真展が開かれています。

写真展には、児島虎次郎が遺した約100年前のヨーロッパの人々を写した写真などが展示されています。
新型コロナウイルスの影響で臨時休館していた高梁市成羽美術館は12日から再開しました。
館内には100枚以上の写真が展示されていて、虎次郎自身を写したものや中には自宅の睡蓮の庭を案内するフランス人画家・モネの写真など貴重なものもあります。
「没後90年記念児島虎次郎もうひとつの眼」は会期を延長して8月23日まで開かれています。


近日開催のイベント