岡山おでかけ羅針盤では、週末のおでかけ情報、美術館・ギャラリーなどのアート情報、スポーツイベント情報などを発信しています。
「温故知新」小西陶藏さんの作品展

独創的なデザインで知られる備前焼作家・小西陶藏さんの作品展が岡山市北区で始まりました。

花を生けていない時でも、蓋を閉めればオブジェとして使える花器です。
小西陶藏さんは、常に新しい備前焼を追求し続けています。
会場には、花器や皿など新作約65点が並びます。
ローマのコロッセオから東京五輪の競技場まで、様々なスタジアムから構想を得た作品は、花を包み込むイメージで作ったと話します。
作品展は、岡山市北区の天満屋岡山店で9月25日まで開かれます。

岡山にゆかりのある奈良時代の高僧、報恩大師の生誕1300年を記念した企画展が、岡山市北区で開かれています。

備前地方に数々の寺を建立したと伝えられる報恩大師(ほうおんだいし)です。
岡山県立博物館で始まった企画展には、生誕1300年を迎える報恩大師にまつわる仏像や仏画、古文書など約90点が展示されています。
報恩大師は、備前地方の48の寺を建立、再興したとされ、企画展では、それぞれの寺の宝物を見ることができます。
岡山市北区の金山寺にある古文書には、報恩大師によって建てられたと書かれています。
岡山県に残る最も古い古文書で、奈良時代の「仁安3年」という記述があります。
10月14日まで開かれています。

岡山高島屋 人気の大北海道展開幕

北海道の特産品や人気のスイーツなどを一堂に集めた物産展が、岡山市北区の岡山高島屋で始まりました。

最大震度7を記録した地震から1週間が経ち、買い物で被災地を応援しようという声も聞かれました。
岡山高島屋で開かれる物産展の中でも、年間を通して一番の売り上げを誇る「大北海道展」です。
先週の地震の影響で、工場が被災した1社が出店を取りやめ、一部の商品が遅れて届くなどのトラブルもありましたが、57の店から約900種類の商品が並びました。
北海道の秋の味覚が勢ぞろいした会場には、朝から多くの人が訪れ、買い物を楽しんでいました。
会場には、北海道で被災した人たちへの応援メッセージを書くボードや、被災地支援のための募金箱も設置されています。
「大北海道展」は、岡山市北区の岡山高島屋で9月25日まで開かれます。

高梁市 高校生のアニメデザイン展

高校で漫画やデザインを学ぶ岡山理科大学付属高校の生徒の作品展が、高梁市で始まりました。

高校生が描いたイラストなどが並びました。
高梁市川上町の吉備川上ふれあい漫画美術館で始まったのは、岡山市北区の岡山理科大学附属高校アニメ・デザインコースで漫画やデザインを学ぶ生徒の作品展です。
美術館では、毎年、デザインなどの学校の作品展を続けています。
作品展は、今月27日まで吉備川上ふれあい漫画美術館で開かれます。