RSKチケット案内


「日本人が日本のアニメーションを作る、とはどういうことか、いつも考えていました」
「火垂るの墓」「平成狸合戦ぽんぽこ」など多くの作品を手掛けた”ジブリの奇才“高畑勲の言葉です。
三重県に生まれ岡山県で育った高畑勲(1935~2018)は日本のアニメーションをけん引し続けたアニメーション映画監督。「太陽の王子 ホルスの大冒険」(1968)で大人の鑑賞にたえる壮大なスケールの映像世界を作り、その後も「アルプスの少女ハイジ」(1974)「赤毛のアン」(1979)などテレビシリーズでファンタジーとは一線を画した豊かな人間ドラマの形を完成させます。
小学生から高校生までを岡山で過ごし、空襲も経験した高畑、80年代以降には「じゃりン子チエ」(1981)「火垂るの墓」(1988)「平成狸合戦ぽんぽこ」(1994)など、日本の風土や庶民生活のリアルを表現するとともに、戦中戦後の経験を現在から問い直すような力作を次々に生み出します。
遺作となった「かぐや姫の物語」(2013)ではスケッチの線を生かした技法に挑み、従来のセル画様式を乗り越える表現上の革新を達成しました。
本展覧会は高畑勲の演出術に注目し、制作ノートや独自の「テンションチャート」など未公開資料も紹介しながら、その豊穣な作品世界の秘密に迫るというものです。
2019年、東京国立近代美術館で7月2日から10月6日のべ84日間の長期にわたり開催され約14万人が入場、多くの来館者を魅了した高畑勲展。
いよいよ2020年4月、西日本では唯一、高畑の故郷ともいえるここ岡山で開催されます。

岡山県立美術館で開催予定の高畑勲展のお知らせです。
岡山県内の新型コロナウイルス感染状況を踏まえ
 4月29日(水・祝)~6月21日(日)に変更した高畑勲展の会期を
 再度変更させていただきます。
新しい日程は現在調整中です。決定し次第お知らせいたします。
今後の最新情報は高畑勲展、公式ホームページでご確認ください。
ご理解・ご協力のほど、何卒よろしくお願いいたします。
【会期調整中】高畑勲展
日本のアニメーションに遺したもの

画像をクリックすると
公式サイトに移動します

高畑勲展 公式サイト

日 時
【会期調整中】
2020年4月29日(水・祝)~6月21日(日)
9:00~17:00(入館は16:30まで)
【休館日】毎週月曜日
(ただしGW期間中の5月4日は開館)
場 所
岡山県立美術館(岡山市北区天神町8-48)
 展示室
料 金
【前売券】
一般(早期割引):1,200円(1月9日販売開始)
一般:1,300円(2月10日販売開始)
一般(ペア券):2,400円(2月10日販売開始)
チケット販売
【前売券販売中】 ~開催日前日

<岡山県内の主要プレイガイド>
岡山県立美術館ミュージアムショップ、山陽新聞社サービスセンター、ぎんざや、岡山シンフォニーホールチケットセンター、岡山音協など

※コンビニでの前売券販売は停止中です。

<セブンチケット> セブンコード:082-010

<チケットぴあ> Pコード:685-103

<ローソンチケット> Lコード:62381


旧会期日程でご購入された前売券は
そのままお持ちください。
主 催
岡山県立美術館
山陽新聞社
RSK山陽放送
企画協力
スタジオジブリ
協力
(公財)徳間記念アニメーション文化財団
特別協賛
三幸工務店
制作協力
NHKプロモーション
協賛
凸版印刷
後援
岡山県教育委員会、岡山市教育委員会、
公益財団法人岡山県郷土文化財団、
公益社団法人岡山県文化連盟、
岡山朝日高校同窓会、
岡山大学教育学部附属中学校同窓会
お問合せ
岡山県立美術館
TEL 086-225-4800
https://okayama-kenbi.info/
RSKチケット案内一覧へ