社名になじみがなくても製品はよく知られていたり、気づかないうちに身の回りにたくさんあったり。
そんな“せとうち”が誇る企業のトップに“夢”を、“いい話”を語っていただくロングインタビュー。
ユニークで元気な事業展開をしている企業の意外な一面を、米澤秀敏が聞きます。

2021年1月10日(日) 放送 [ 再放送:2021年1月11日(月) ]

日本貿易産業(株)(高梁市)

日本貿易産業(株)(高梁市)

代表取締役 飯塚貞行 氏

「人形の喜峰」といえば、おなじみである。
日本貿易産業は、ひな人形の胴体を作る会社で、ブランド名を「喜峰」と呼ぶ。
お雛の胴体づくりでは生産高日本一を誇り、全国の卸会社が顧客だ。
昭和35年、神戸から企業誘致で高梁へ、クリスマス用品の輸出から事業転換して、ひな人形制作へシフトした。
飯塚社長は88歳、長い歩みの中で幾多の苦労も経験もしたが、コロナ禍のなかでも挑戦は続く。
ひな人形の衣装をマスクに変えたのだ。
独特の織り方で気密性の高い人形の衣装を活用、お雛さま同様、幸せと健康への思いが込められている。

バックナンバー

2021年1月10日(日)放送

2021年01月03日(日)放送

2020年12月27日(日)放送

2020年12月20日(日)放送

2020年12月13日(日)放送

2020年12月6日(日)放送