• SUNDAYスマイルGOLF
  • 晴れの国 生き活きテレビ
  • VOICE愛(ラブ)
  • 爆釣り!? FISHパレード

メッセージ

番組
HP

6月20日(水)
午後7:00~7:55

おらが街のオーケストラ
岡山フィルの新たな挑戦


1992年に岡山初のプロオーケストラとして産声を上げた岡山フィルハーモニック管弦楽団。演奏者は、学校の先生や音楽教室などを掛け持ちしながら代わる代わる出演する「登録団員」。それに関東・関西の大手オーケストラから助っ人に駆けつけた「エキストラ」で構成されている。岡山フィルの魅力は、登録団員の堅実な演奏とエキストラが持ち込む都会的な香りの融合とされてきたが、一方でこんな指摘もあった。「楽団員の顔が見えない」「独自の音を持たないオーケストラ」。
そこで岡山フィルは結成以来初めてのプロジェクトに踏み切った。
各楽器の首席奏者をオーディションで選んで専属契約を結び、楽団の顔を作るのだ。
専属で楽団員を抱えるには新たな予算を組む必要がある上、楽団の顔として登録団員に溶け込めるのか、一つ間違えばオケの運営に亀裂が入るリスクも伴う。しかし、岡山フィルには賭けに出なければならない背景があった。
クラシック音楽業界は、昭和20~30年代初頭に、戦後復興で国民が西洋文化に傾倒し黄金期を迎えたが、その後、ポップス、フォーク、ジャズ、あらゆるジャンルの西洋音楽が登場したために音楽ファンが分散化。その結果、現在のクラシックコンサートの観客は、昭和20~30年代に青春時代を過ごした高齢者が目立ち、このままでは興行、すなわちオーケストラの運営は先細る一方との危機感がある。加えて、地方オーケストラの経営は企業や自治体の支援に負うところが大きいが、世の中の合理化が進む中、費用対効果が説明にくい文化活動への協賛は、最も予算カットの対象になりやすい。岡山フィルのオーディションには、新たなファン層の開拓と協賛各社に岡山フィルが地元になくてはならない「おらが街のオーケストラ」に生まれ変わることをアピールする狙いがあった。
オーディションには全国から200人以上が応募。去年10月、実技試験と面接を経て7つのパートで候補者が絞りこまれた。最終審査は今年3月と5月の定期演奏会。実際に首席奏者を任せて適性を試し、正式採用するか否かが決まる。7人の演奏家たちのサバイバル。岡山フィルの新たな挑戦が始まった。

写真=最終審査に進んだ7人の音楽家

トメちゃん&桃太郎の
岡山Cityかわら版

6月21日(木)
午後4:00~4:50
「RSK4時なま」内

トメちゃんこと奥富亮子と坂本大輔が扮する桃太郎が、岡山市の旬な話題や暮らしに役立つ情報をお届けします。
今回のテーマは「岡山市男女共同参画推進週間 さんかくウィーク2018」。
市民の活動拠点『さんかく岡山』を見学するとともに、さんかくウィークの期間中に行われるイベント情報を紹介します。

出演者=奥富亮子、坂本大輔

ユタンポ

番組
HP

6月22日(金)
深夜0:20~0:50

「楽シネマ」では、話題の映画3作品『オンリー・ザ・ブレイブ』『焼肉ドラゴン』『海を駆ける』の3本を紹介します。

『オンリー・ザ・ブレイブ』…2013年アリゾナ。
未曾有の巨大山火事に、たった20人で立ち向かった男たちがいた—。
大切な仲間と愛する家族はもちろん、名も知らぬ人々の命をも守るために、勇気だけで炎の海に飛び込んでいく男たち。
普段はどこにでもいるフザけてばかりの陽気な彼らが、本物のヒーローに変わる瞬間に、興奮と感動と涙が溢れ出す。

『焼肉ドラゴン』…演劇賞を総なめにした伝説の舞台を映画化!
高度経済成長期の片隅で描かれる、小さな家族の大きな歴史の物語。
出演は真木よう子、井上真央、大泉洋ほか。

『海を駆ける』…第69回カンヌ国際映画祭ある視点部門で審査員賞を受賞した「淵に立つ」の深田晃司監督が、ディーン・フジオカを主演にインドネシア、スマトラ島のバンダ・アチェでオールロケを敢行したオリジナル脚本によるファンタジー作品。

「こまっちゃんのファジタジスタ」、今回は選手の「パパ」の一面に迫ります!
GK椎名一馬選手、MF末吉隼也選手、FW赤嶺真吾選手の3人のパパに集まっていただき、トークします。

出演:相田翔吾
小松千絵(RSKアナウンサー)

瀬戸大橋30周年記念番組
明日をひらく!四国新幹線みらい図

6月23日(土)
午後5:00~5:15

開通から30年、今では当たり前の存在となった瀬戸大橋。
これまで四国、香川県民に観光・経済・物流など様々な恩恵をもたらして来ました。その瀬戸大橋が次なる目標とするのが「四国の新幹線開通」。
あまり知られてはいませんが、実は瀬戸大橋は建設当初から「新幹線規格」で設計されていたのです。番組ではその知られざる橋の裏側に潜入!
開通により四国にもたらされるメリットとは?
「四国の新幹線開通」という新たな夢の実現に向けて何が最も重要なのかをわかりやすく解説します。

出演:廣瀬麗奈(RSKアナウンサー)

私は戦争を望まない
~故高畑勲監督が語る「火垂るの墓」、
  そして永瀬清子~

6月24日(日)
午後2:00~3:00

今年4月、アニメーション映画監督の高畑勲さんが亡くなった。少年時代を岡山市で過ごした高畑さんは生前、岡山空襲について自身の体験をRSKのカメラに語ってくれていた。代表作「火垂るの墓」の空襲シーンは、岡山空襲で炎の中を逃げ惑った体験をもとに制作したという。
番組では、岡山空襲に関する高畑さんの証言をベースにしながら、高畑さんがアニメの世界に入ったきっかけを語る大学時代の友人の話などを加え、1時間に構成。また亡くなる直前、赤磐市で開いた詩人・永瀬清子に関する講演会の様子も紹介します。

岡山空襲の日を前に高畑さんを追悼するとともに、高畑さんが次の世代に伝えたかった反戦や平和への思いを描き出す番組です。

VOICE愛(ラブ)

番組
HP

6月27日(水)
午後7:00~8:00

次回のVOICE愛(ラブ)は、6月27日(水)午後7:00~8:00放送です!お楽しみに!