• 晴れの国 生き活きテレビ
  • 夢 紡いで
  • VOICE愛(ラブ)
  • SUNDAYスマイルGOLF
  • 爆釣り!? FISHパレード

メッセージ

番組
HP

5月31日(水)
午後7:00~7:56

凪(な)がんシケはない
~豊島42年の闘い~




瀬戸内海に浮かぶ香川県の豊島。全国最悪の産廃不法投棄に「元の島を返せ」と島民が島挙げて闘ってきた。28.5ヘクタールの原状回復へ、今年3月には産廃の島外撤去がようやく完了した。1990年の事件発覚から27年、発端からいえば42年に上る。
「平成の鬼平」と呼ばれることになる元日弁連会長の中坊公平さんが「子孫のためどこまでおやりに?」と問いかけ、島民が約束した闘い。産廃がらみでは初の国の公害調停を申請、「県の責任と原状回復」を求めた。150日間にわたる香川県庁前での立ちっぱなしや百ヶ所座談会など、あの手この手の「草の根の闘い」を展開、産廃撤去を取り付けた。
島の広報役・安岐正三さんは産廃現場下の磯のカキからダイオキシンが検出され、家業のハマチ養殖を廃業する。「無念という言葉では言い表せん」と安岐さん。それでも闘いを続けた。「やまん雨はない、凪がんシケはない」の家訓、産廃撤去を見届ける。この春、最終の産廃運搬船の出航を見送る島民たち、その心中は。公害調停の申請人549人のうち320人が亡くなっていた。
「ほしいから、金が…」と揶揄した真鍋武紀元香川県知事の証言も生々しい。

当番組を担当したのは、ジャーナリストの曽根英二。事件発覚半年前から記者として、また大学教員として27年間にわたり豊島を見守り続けてきた。豊島事件の意味合いや当事者たちの万感の思いを伝える。

写真= 中坊さんの写真を手に最終の産廃運搬船を見送る安岐正三さん
産廃撤去を終えた投棄現場

ユタンポ

番組
HP

6月2日(金)
深夜0:15~0:50

楽シネマは『ちょっと今から仕事やめてくる』
すべての“働く人”が共感して泣いた。60万部突破のベストセラー小説が待望の映画化。企業で働く青山隆(工藤阿須加)は、疲労のあまり駅のホームで意識を失い、危うく電車に跳ねられそうになってしまう。すんでのところで青山を救ったのは、幼なじみのヤマモトと名乗る男。その青年に全く見覚えのない隆だったが、大阪弁でいつでも爽やかな笑顔をみせる謎の男、ヤマモトと出会ってからというもの、青山は本来の明るさを取り戻し、仕事の成績も次第に上がってゆく。そんなある日、青山がヤマモトについて調べると、何と3年前に自殺していたことが分かる。それではヤマモトと名乗る、あの男は一体何者なのか?真実が明らかとなるラストに、誰もが涙する。監督:成島出。出演:福士蒼汰、工藤阿須加、黒木華、小池栄子、吉田鋼太郎ほか
福士蒼汰さん、工藤阿須加さんに相田がインタビュー!お見逃しなく!!

『花戦さ』
戦国の世に、花をもって平和への戦いに挑んだけったいな男がいた!その名は池坊専好。京都・頂法寺六角堂の花僧で立花の名手、専好は、天下統一を目指す織田信長の前で花をいけ、居合わせた千利休らの心をつかむが、思わぬ失態が信長の怒りを買い、あわや打ち首に…。そのとき、軽妙な機転で彼を救ったのは、豊臣秀吉だった。そんな出会いから十数年。秀吉の治世のもと戦乱は収まり、専好と利休は無二の友として互いの道を高め合った。だが天下人となった秀吉の驕りは嵩じ、利休を自害に追い込み、専好を慕う町衆の命までもが次々と奪われていく。ついに専好は立ち上がった。手にしたのは、「刃(やいば)」ではなく「花」。前田利家邸を舞台に、池坊専好が太閤秀吉に仕掛けた一世一代の「戦さ」とは?
監督:篠原哲雄、出演:野村萬斎、市川猿之助、中井貴一、佐々木蔵之介、佐藤浩市。

「ファジタジスタ」は、関戸健二選手にインタビュー。
「ミュージックNAVI」は、「The Winking Owl」。
NMB48のコーナー「さえぴぃあいりもっと!ちょい齧」もお見逃しなく。

出演:相田翔吾、小松千絵(RSKアナウンサー)

VOICE愛(ラブ)

番組
HP

6月7日(水)
午後7:00~7:56

次回のVOICE愛は、6月7日(水)午後7:00~7:56放送です。
お楽しみに!

【再放送のお知らせ】5/30(火)深夜0:55~1:55
「岡山・香川 名物グルメ一本勝負!」5/24(水)放送分