• 晴れの国 生き活きテレビ
  • 夢 紡いで
  • VOICE愛(ラブ)
  • SUNDAYスマイルGOLF
  • 爆釣り!? FISHパレード

RSKテレビ 夏の新ドラマ

放送開始日 放送時間 番組名 番組サイト
7月9日 よる9:00 日曜劇場『ごめん、愛してる』 番組サイト
7月14日 よる10:00 金曜ドラマ『ハロー張りネズミ』 番組サイト
7月18日 よる10:00 火曜ドラマ『カンナさーん!』 番組サイト
7月26日 深夜1:48 水ドラ!!『わにとかげぎす』 番組サイト

ユタンポ

番組
HP

7月21日(金)
深夜0:30~1:05

岡山・香川の最新情報満載でお届けするユタンポ。最新の流行アイテムや週末のお出掛け情報をはじめ、映画・音楽などのエンターテイメント情報、話題のスポット、ファジアーノ岡山の独自取材などを紹介!

楽シネマは、『君の膵臓をたべたい』『怪盗グルーのミニオン大脱走』『東京喰種』の3本を紹介。

「ファジタジスタ」は、武田将平選手が、サポーターからの質問に答えます。
ファジアーノの二代目王子と呼ばれていることについて直撃!
武田選手が思うファジアーノの王子は誰?

「ミュージックNAVI」は、「BAND-MAID」のニューシングルを紹介。

「NMB」コーナーは、あいりちゃんとジョーちゃんがダーツに挑戦!はたして二人の腕前は?

出演:相田翔吾、小松千絵(RSKアナウンサー)

特別番組
ハンセン病療養所
世界遺産にむけて

7月23日(日)
午後3:00~3:54

「私はいつの間にか故里のことを思い浮かべていた。今頃母は何をしているだろうかと思うと悲しくなってくる…」 
隔離施設に強制収容された患者たちが残した文芸作品を情感たっぷりに朗読したのは、ハンセン病問題への関心が高い、俳優の竹下景子さん。圧巻の表現力に、会場が涙に包まれた。
瀬戸内市の長島と、高松市の大島。岡山・香川に3つある国のハンセン病療養所でかつて行われていたのは、世界に類をみない疾病差別と、患者への人権侵害だった。
療養所で暮らす人たちの平均年齢は、今、85歳を超えている。同じ過ちを繰り返さないためにも、今こそ、語り継ぐべきことがある。
RSKは、6月の「らい予防法による被害者の名誉回復及び追悼の日」に合わせて、初めてのハンセン病シンポジウムを開催した。

病に対する差別・偏見はなぜ生まれたのか。国や社会、そしてメディアの責任は。
そして、療養所が目指す世界遺産登録の意義とは。

番組では、竹下景子さんと、WHOハンセン病制圧大使を務める日本財団会長・笹川陽平さんをゲストに迎えたシンポジウムの模様を紹介。さらに、竹下さんの長島慰問や、笹川会長のインドでの支援活動にも密着した。RSKが40年近く記録してきた入所者の証言などの映像も交え、私たち1人1人に何ができるのかを考える。

写真=ハンセン病回復者の文芸作品を朗読する、竹下景子さん

VOICE愛(ラブ)

番組
HP

7月26日(水)
午後7:00~7:58

夏休み企画 岡山・香川で食べちゃおう!
日本縦断ご当地ラーメン


突然ですがみなさん、夏休みのご予定は決まっていますか?
遊びに行きたいけど仕事が忙しくて休めない。
せめてご当地グルメだけでも食べてみたい。

そんな皆さんのために!
「VOICE愛」が、岡山・香川で食べられる全国各地のご当地ラーメンを大特集。北は北海道から、南は九州・沖縄まで、各地の個性的なラーメンを厳選しました。

これぞ北陸の味!「富山ブラック」に、長崎出身の名物女将が作る絶品「ちゃんぽん麺」そして、名店の味が岡山に!東京からは、「つけそば」が登場!
一口食べれば、お口の中は、旅行気分!
岡山・香川で食べちゃおう! 日本縦断ご当地ラーメン
お見逃しなく!

出演:宮武将吾、田中愛

【再放送のお知らせ】 7/25(火)深夜0:57~1:57放送
「入りにくい!見つけにくい!
岡山・香川気になるアノ店絶品グルメ 」 7/19放送分

メッセージ

番組
HP

7月26日(水)
午後7:58~8:53



イリコに沸く島
~伊吹島の夏2017~ 


大漁旗を掲げ真夏の海を疾走する2艘の漁船。島の守り神「えべっさん」を船に乗せ大漁を、そして漁の安全をと長年続けられてきた明神祭の様子だ。
「島には信仰が色濃く残る、それは漁師町だから」と海上タクシーの船長は言う。
香川県観音寺市の沖合い10キロにある伊吹島。いわずと知れたイリコ漁(カタクチイワシ漁)の島だ。人口550人、過疎が進んでいる。
そんな伊吹に夏が来た。普段3人しかいない伊吹保育所が16人にふくれあがる。 6月12日、イリコ漁の解禁。2艘連結してのパッチ網船が燧灘を突き進む。 過疎高齢の島が活気付く。島のあらゆる場に神を感じながら暮らす人たちがいる。
人知の及ばない漁の暮らし、ここだけの神事・慣習が数多く残るとも聞く。
イリコ漁に沸く伊吹島の夏を取材した。

写真 (上)明神祭 (左)イリコ漁伝統の箱まわし (右)イリコ漁の様子

人口減少に歯止めを!
~岡山県和気町の挑戦~

7月30日(日)
深夜1:50~2:45

[再放送] 8月18日(金) 午前10:00~10:54

和気町では、2015年に「和気町まち・ひと・しごと創生総合戦略」が策定されました。
和気町の「地方創生」は、町民アンケートをはじめ、産業・教育・金融関係など、多方面からの意見を聞きながら進められてきました。もうすぐ策定から2年が経過しますが、大きな成果が出始めています。
出生数から死亡数を引いた「自然動態」、転入者数から転出者数を引いた「社会動態」ともに、大幅なマイナスが続いていましたが、今年に入って、4月までの4カ月間では、社会動態がプラス45人となり、「人口動態」が2人増えて、プラスに転じています。特に、社会動態は、去年5月からの1年間で見ても、プラス31人と、安定的にプラスとなっています。
このような結果が出た主な要因は、①教育環境の整備や町民が望む商業施設の誘致などまちの魅力向上、②民間の力を活用した住宅の確保、③移住に関する施策を充実させたことによる移住者の増加の3点です。番組では、こうした点とともに、田中アナウンサーが、町内を縦横無尽に移動しながら、和気町の魅力をリポートしていきます。
また、田中アナセレクションの「ワケメシ」のコーナーでは、和気町のおいしい食事処も紹介します。

<出演>
ナビゲーター 田中 愛(RSKアナウンサー)

写真= ナビゲーターの田中愛RSKアナウンサー