329日(水)

桜の開花宣言はまだ?

きょうは岡山気象台の職員が桜の標本木(ソメイヨシノ)を観察する現場を見てきました!



岡山気象台の職員が熱心に標本木を見ています。
きょうは開花しているでしょうか…?



わたしも一緒に観察してみましたが…



開花はしていませんでした!残念。
でも花芽が少し伸びてきていましたよ!
今年は3月に入っても寒い日が続いていて、蕾から出てくるのになかなか勇気が出ないのかな?
わたしが布団から出られないのと一緒ですね(笑)

実は先日、桜の開花予想をしました。(詳しくは3月23日のブログを見てね☆)
その時は4月2日に開花すると予想しましたが、新しいデータと天気予報をもとに、開花の予想をもう一度してみましたよ!

明日(3月30日)は気温が上がりそうだけど、明後日(3月31日)はまた寒い日になりそうです…。
桜の生長はどれくらい進むのかな…。
考えた結果、私の予想は変わらず4月2日にすることにしました!!

標本木の開花を例年より2日ほど遅く予想しましたが、岡山市内ではもう開花している桜があったので、紹介しますね!



後楽園の東側にある駐車場入り口では…



数輪咲いていましたよ!



西川緑道公園にも少し咲いていました。



西中山下公園(タコの滑り台のある公園)では、なんと、桜の花がたくさん咲いている木がありました!
三分咲き程でしたよ。

みなさんの身近にある桜はどうですか?
よかったら観察してみてください!
そして私の開花予想は当たるのでしょうか!?
来週のブログをお楽しみに(^^)☆
リポーター
小西亜弓
328日(火)

JAまにわ女性部フレッシュミズ部会の活動PR

JAまにわ女性部に昨年9月にできたフレッシュミズ部会を紹介します。

フレッシュミズ部会はフレッシュ(若い)ミズ(女性)ということで、地域に住むおおむね20~40歳代の女性を対象に活動しているんですよ。
取材でおじゃましたのはJAまにわ勝山支所経済課です。



活動は月に一回ほど。
料理や手芸などそれぞれ興味があるものについて意見を出し合い、やりたいことを活動に取り入れているんです。



一番の魅力は、小さなお子さんがいるお母さんでも、子どもを連れて参加できるところ!
子どもの存在を近くに感じながら、安心して活動を楽しむことができるんです。



JAの職員らが、お子さんのお世話を手伝ってくれるんです。


子どもブース

今回の活動はブローチ作り!



なんとこのブローチの一部には真庭産の木材を使用しているんですよ!
地元の特産品を使うことで、作品に愛着が湧きますね♪



みなさん協力して、わいわい活動している様子が印象的でした。



JAまにわ女性部フレッシュミズ部会は参加したい人を募集中!
会長の柴田晴江さんは「今は12人ですが、今年は15人に増やしたいです」と意気込みを話してくれました。
あなたも仲間入りしてみませんか?

★問い合わせ JAまにわ 営農経済部 0867-52-2910
327日(月)

スイートピー生産者 吉永 順子さん・力さん夫婦(玉野市北方)

玉野市で スイートピー作りを頑張る おしどり夫婦を取材しましたよ!


吉永さん夫婦

就農24年の吉永 順子さん(60)は、子育てをしながらできる仕事はないかと探していたところ、JAさんにスイートピー栽培を勧められて 始めることにしました。


子育てに奮闘していた順子さんと娘さん2人

家の近くにハウスがあるので、行き来が楽で 安心して子育てができたそうです。
子どもたちへ目が届く範囲で農作業もできたので、充実していたと話してくれました。

夫の力(ちから)さん(64)は、元船乗り!
忙しい時は、3か月間も家に帰ることができなかったそうです。
20年間の船員生活を終えて、奥さんのスイートピー作りを手伝い始めました。
「同じ空間にいることができるから話も出来て、楽しい。一緒にいたら自然と心もわかる」と笑顔で話してくれました。

ハウスの中では、スイートピーが可憐に咲き誇っていましたよ。



自分たちで作った オリジナル品種は、名前を付けられるそうです!
順子さんが命名した 自慢のスイートピーを見せてもらいました。
ピンク色が少し濃いのは、“ももか”。



スイートピーは、横文字カタカナの名前が多い中、日本風の可愛らしい名前ですよね。

薄いピンクは“ピンクウィンドー”。



柔らかくて 良い香りが漂う ピンクの風を表現しているそうですよ♪

なんと、スイートピーはもとから黄色系のものはないそうで、花に染み込ませて 色を作るそうです!


黄色い液を染み込ませる

日当たりのいいところに置いておけば、3時間でオレンジ色になるんですよ!


“ピンクウィンドー”をオレンジ色に染めたら“キャンディー”になるんです♡

いろんな色を組み合わせて束ねると、とっても可愛い!!


カラフル~

吉永さん夫婦の夢は「旅行」!
順子さんは“オーロラを見たい”。力さんは“北海道に行きたい”。
うまいこと折り合いをつけて(笑)、旅行デート楽しんできてくださいね!
お互いのことを思いやりながら作業する二人の姿がとっても微笑ましく、こちらまで幸せな気持ちになりました。


仲むつまじい吉永さん夫婦
リポーター
小坂恵梨
撮影場所
玉野市
324日(金)

大人気!餅つきイベント

きょうは月に一度の大人気イベント「餅つき」についてです!


はなやか中央店



岡山市北区大供表町にある JA岡山の直売所「はなやか中央店」。
タケノコ・フキノトウ・ツクシなど春を感じられるものや、豊富な種類の農産物や鮮魚を求めて、たくさんのお客さんで賑わっていましたよ。


外にも大行列!?

外にも行列ができています!
これが月に一度の「餅つきイベント」です。



岡山県北 鏡野町の奥津地区の農家が、村おこしの一環として、地元のもち米「ひめのもち」の美味しさを知ってもらおうと始めたんです。
お餅は、ローテーション方式でひたすらつくので“つきたて”が食べられるんですよ!


スーパーいちご大福 1個200円 2個で350円

7種類ある中で一番の人気商品が「スーパーいちご大福」です。
なにが“スーパー”なのかというと…



生地の中にもイチゴが練り込んであるんです!
生地にもイチゴ、中にも丸ごとイチゴ!贅沢ですよね~☆
使っているイチゴは、採れたての新鮮なものを使っているんです。
イチゴの香りがふわっとして、とっても美味しかったですよ。


奥津村のこしキャラバン隊代表の横木澄夫さんと

赤木さんは「作るのは大変だけど、お客さんの喜ぶ姿が何よりも嬉しいから、作り続けたいですね」と笑顔で話しました。
夏はブルーベリー、秋は栗など、旬のものを使った餅が年中味わえるそうですよ。

★次回の餅つきイベント
日時:4月15日(土)、16日(日)午前9時から
場所:はなやか中央店(岡山市北区大供表町4-5)
問い合わせ:はなやか中央店 086-226-1077


枝川緑道公園のモクレン

週末のオススメスポットは、直売所からすぐの枝川緑道公園です。
モクレンが綺麗に咲き、春を感じることができますよ。
リポーター
壬生川真優
撮影場所
岡山市北区
323日(木)

桜の開花はいつ?

春と言えば桜!
もう東京では開花しました!
岡山・香川も桜の開花が待ち遠しいですね!
ということで、後楽園にある気象台が観測している桜の標本木を見に行ってきました。


標本木


桜の蕾

ほとんどの蕾はまだ閉じたままで、開花はまだまだ先のようでした…。
昨年の桜の開花は3月26日だったのですが、この様子だと今年は昨年よりも開花が遅くなりそうですね。
では開花はいつなのでしょうか?
独自に開花予測をしてみました!

桜の開花予測にはさまざまな手法が取り入れられているんですが、一般によく知られているのは、“400℃の法則”です。
まるで理科の教科書に出てくるような名前ですね。(笑)
2月からの日平均気温を足して400℃を超えたら、開花するもの。
この法則を使って昨年と比較してみましたよ!

昨年の3月21日までの日平均気温の積算は379℃。
それに対して今年は305℃。
約70℃差があります。
3月下旬の日平均気温はだいたい10℃なので、昨年より1週間遅れ気味かな。
昨年は3月26日に開花したので、開花予定日はその1週間先の4月2日と予測してみました!

蕾の様子からも比較してみましたよ!


こちらは昨年の開花10日前の3月16日の蕾の状態です。


そしてこちらは今年の3月22日の蕾の状態です。

蕾の状態を見ても、開花はあと10日ほど先になりそうですね。

入学式の頃には可愛らしい桜が見られるかな…?
たのしみですね(^^)
リポーター
小西亜弓
320日(月)

種苗農家 佐藤 裕司さん(真庭市上水田)

野菜や花の苗を作っている 若手生産者を取材しましたよ。


種苗農家 佐藤 裕司さんと

就農10年目の佐藤 裕司(さとう ゆうじ)さん(33)は、佐藤園芸3代目。
昔から農業に興味があり、父から代替わりをしようと、家業を継ぐことにしました。


幼少期の裕司さんと父親

元々は、花の苗を中心に作っていた佐藤園芸。
裕司さんが就農してすぐに、取引したいと思っていたホームセンターに行くと「佐藤さん、野菜の苗も作らない?」と声がかかり、野菜の苗を本格的に作り始めたんです。



今では、野菜の苗も需要が高く、生産量の6割が野菜苗だそうです。
裕司さんが、新しい佐藤園芸の歴史も作り、販売ルートも広げています。

野菜苗の話を聞くと、その野菜の特徴、栽培・調理方法まで話してくれる裕司さん!
苗を作るだけではなく、営業・販売・配達など、幅広く行っているのが佐藤園芸の強みであり、裕司さんのやりがいにも繋がっているそうです。

今の時期は、ナスやピーマンなど夏野菜の苗を作っています。



沢山の苗は、ポットの色を分けて 区別しているんです。


紫色は、ナスの苗。緑色は、ピーマンなど

他のハウスでは、卒業する園児に向けた 花を用意していましたよ。


ハウスには、色とりどりの花がたっくさん!

子どもだけでなく、保護者にも喜ばれるそうで「佐藤園芸さんの花がいいよ~」と口コミが広がり、年々 注文が増えているそうですよ。

他にも好評なのが、おばあちゃんの明子さんが手掛ける 寄せ植え!



近所でも評判で、おばあちゃんの生きがいにもなっているんですよ。


おばあちゃんと裕司さん

父の光男さん(63)は、「仕事はもう任せられるようになってきた」と裕司さんを頼もしい存在だと言う一方で…
「独身を卒業して 早く身を固めてほしい」と息子の幸せを切に願っていました。(笑)※おばあちゃんも同じことを言っていました。


お父さんと裕司さん

家族に背中を押されながら、裕司さん 頑張っています!
リポーター
小坂恵梨
撮影場所
真庭市
317日(金)

社員8000羽!?濃厚たまごの直売所

きょうは岡山市南区箕島にある濃厚たまごの直売所「ひよこさんの直売所」へ行ってきました。


ひよこさんちの直売所





ひよこさんちの直売所は 井原市にある養鶏場でとれた新鮮な卵や、その卵の加工品を販売しています。
ここから岡山市や倉敷市のデパートや、スーパーにも発送しているんですよ。



さっそく割ってみると、卵がぷりっぷり!
そして、なんと…!?



手で掴めちゃいました\(◎o◎)/
新鮮な証拠ですね。


平飼いの鶏

平飼いで、自由に走り回れるので、ストレスなく育つんですよ。



たまごの味が分かりやすい 卵かけご飯にして頂きましたよ。
味が濃くて美味しかったです!


ひよこさんちの直売所 赤木幸子さん・藤井美佐さんと

代表の藤井さんは「社員はもちろんですが、8000羽の女性社員も頑張ってくれているんですよ!」と 卵を産んでくれる鶏に感謝する姿が印象的でした。


(左から)きぃぷり・しろぷり 各290円 ※ひよこさんちの直売所価格

そして 濃厚だからこそできた黄身と、そして なんと白身だけのぷりんもあるんですよ!
とくに白身のぷりんは、白身なんだけど卵の味がしっかりとする人気商品です。

★ひよこさんちの直売所
住所:岡山市南区箕島2967-1
営業時間:午前9時~午後5時
定休日:日曜日(祝日は営業)
電話:086-250-6497


早島公園

週末のおすすめスポットは、直売所からすぐの早島公園です。
もうすぐ桜が咲き始める季節!楽しみですね~。
リポーター
壬生川真優
撮影場所
岡山市南区