115日(月)

和牛生産者 青木 日向さん(高梁市備中町西山)

元プロボクシングの選手が、広島県との境にある高梁市備中町西山で、和牛を育てているんですよ。


青木 日向さんと

就農1年目の青木 日向(ひゅうが)さん(21)は、埼玉県出身。
16歳から始めたボクシングは、2年後プロになるまでに成長したんです!


ボクサー時代の青木さん

しかし、ボクサーは 1か月で10kgほど減らすなど 減量が厳しく、引退を決意。
そんな次の目標を探していた時、知り合いの紹介で 備中町西山にたどり着いたんです。


高梁市備中町西山 雪がしんしんと降っていて寒かった!!

関東から出たこともなく、農業の経験もない、青木さん。
和牛を見るのも触るのも初めてだったので、最初は怖かったそうです。
しかし、人間が怖がると牛にも伝わり、言うことを聞いてくれないそうです。
これではいけない!と思い、親しみをもって接することに挑戦!
そうすると、牛にも青木さんの思いが伝わり、今では牛が可愛くて面白いと笑顔で話してくれました。


青木さんに撫でられ、子牛はとっても気持ち良さそう♪

右も左もわからなかった青木さんを支えたのが、西山の若手生産者。
その若手でつくっている『農事組合法人 西山維新会』は、地域の景観を守り、耕作放棄地を活用した放牧での和牛繁殖に取り組んでいます。


農事組合法人 西山維新会のメンバーと

西山維新会のメンバーは、兵庫や大阪出身などの Iターンが多いんです。
サポート体制が整っているので、県外の人も新規就農しやすいんですよ。

西山維新会として、初めて雇ったのが 青木さんだったんです。
「本当にまじめで良い子です。よく動いてくれる!」と、メンバーは青木さんに期待しています。

周囲からは、至れり尽くせりの手厚いサポートを受けていると言います。
「何も知らずに突然来たのに、西山維新会や地域の人は優しく、いろいろと教えてくれる。そのおかげで、環境に溶け込むのも早かったです。頭が上がらないですね」と、感謝の思いでいっぱいです。

これからの目標は「牛を通して、放牧地をきれいにしたり、良い牛を育てたりして、少しでもみなさんに恩返しをしたい。そして、西山を盛り上げていければ」と意気込んでいました。


プロボクサーのパンチ!!

「みんな家族みたいで すごく肌に合っている西山。これからもずっと住みたい!」と7か月目にして“西山愛”で溢れていた青木さんでした。
リポーター
小坂恵梨
撮影場所
高梁市
112日(金)

西大寺の祈願米

みなさん!お久しぶりです。&明けましておめでとうございます。小西です。
私事ですが、2018年は年女!
ということで、今年はなるべく“ワン”ダフルなブログを書いていきますよ~!(笑)

さて、新年一発目のわたしのブログは“祈願米”についてです。


祈願米

祈願米とは、毎年2月に行われる西大寺のはだか祭りにあやかって、その舞台である西大寺観音院で、学業成就や家内安全を祈願したお米なんです。
祈願されるお米は地元西大寺産のヒノヒカリです。


祈願のようす


観音院

この祈願米が味彩館A・コープ西大寺で販売されているということで、買いに行ってきました。


祈願米を1kg購入!

実は、わたしの妹が大学受験を控えていて、今月13日と14日にあるセンター試験を頑張ってほしいと思い買いました!
わたしのように受験を控えた家族のために、わざわざ遠くから買い求めに来る人もいるそうです。

JA岡山A・コープ西大寺の野見山 侑さんは、「まだ寒い日が続いていますが、ごはん(祈願米)を食べて、体力をつけて受験を乗り越えてほしいです。」と語ってくれました。
祈願米は3月上旬までJA岡山のはなやか各店とA・コープで販売されています。
玄米390円/kgで、無料で精米をしてくれます。


野見山 侑さん、高畑気象予報士、難波リポーターと

みなさんも家内安全や学業成就を祈って祈願米を食べてみてください!

【お問い合わせ先】
味彩館A・コープ西大寺
TEL:086-943-1711
リポーター
小西亜弓
18日(月)

円城白菜生産者 片山 友孝さん(吉備中央町細田)

みなさん、明けましておめでとうございます。
本年も、笑味ちゃん天気予報を宜しくお願い致します。

今日は、吉備中央町で美味しい白菜を作っている男性を紹介します!


片山友孝さん

片山友孝さん(48)は、実は2年前にも このコーナーに出演して頂いた担い手さん!


2年前の片山友孝さん

友孝さんは、ブドウをメインに栽培していて、父親の紀彦さん(76)が白菜を作っています。

この時期は、白菜の収穫作業を手伝っているんです。


吉備中央町細田

吉備中央町の円城地区は、赤土で美味しい野菜が育つ土地なんです。
品質が高く「円城白菜」と呼ばれています。


雪をかぶっている円城白菜

円城白菜は、生で食べても美味しいんです!
父の紀彦さんが、カットしてくれたので採れたてを頂きました~♪
すっごく甘いんです!みずみずしく 果物のようで、生臭さもなくて美味しいんですよ。
サラダ感覚で食べられる円城白菜。
もちろん、煮るとさらに甘みが増すので、鍋にもピッタリ!


収穫した円城白菜!すごい量です

就農25年の友孝さんは、幼い頃から農業を志していました。
「お客さんに美味しい言われたら、嬉しいしやる気が出る。体が動く限り頑張りたい」と今も変わらず、農業にやりがいを感じています。

半世紀以上 白菜作りを頑張っている父親の紀彦さん。
変わらずお元気なので、秘訣を聞いてみると「息子と農業ができるけん、若くおれる!円城白菜も元気の源じゃ!」と笑顔で教えてくれました。
90歳を超えるまで続けたいと意気込んでいましたよ!
私まで元気をもらいました。


箱詰め作業をする片山さん親子

また、以前までは親子2人で作業していましたが、なんと1人スタッフが増えていました!
退職して農業を始められた 片山隆輔さん(62)。
“白菜を栽培するなら、片山さんとこで勉強するのが一番じゃ~”とまわりから助言をもらい 半年前から研修しているそうですよ。
「このあたりで親子で農業されようるのは、超珍しいです!ベテラン二人に教えてもらいながら、楽しく作業してます」と、サラリーマン時代とはまた違うやりがいを感じていましたよ。


左から 片山紀彦さん・友孝さん・片山隆輔さん

ブドウの部会長もしている友孝さん。
シャインマスカットなど青系のブドウに力を入れて栽培している部会を、更に盛り上げていきたいそうです。
吉備中央町のブドウは、売上実績や美味しさが認められ、岡山県だけでなく、関東にも出荷できるほどになりました。
地域のサポート体制も整っていて岡山県の支援も手厚いので、県外から 吉備中央町に新規就農する人が年々増えているんです。
「今後は、岡山のブドウではなく“円城のブドウ”とたくさんの人に知ってもらえるように頑張りたい」と今年の目標を話してくれました。

リーダーとして、若手をどんどん引っ張ってくれる 頼もしい友孝さん。
4人の娘さんのお父さんでもあるんです!


友孝さんの娘さん

そして、年男でもある友孝さんの2018年の活躍が楽しみですね。
リポーター
小坂恵梨
撮影場所
吉備中央町
15日(金)

七草がゆを食べて健康に過ごそう!

新年最初に紹介する直売所は、JA岡山西の菅生直売所ふれあい青空市「すがお」です。


JA岡山西菅生直売所ふれあい青空市「すがお」 長山昭一店長と


店内には白菜・大根などの冬の野菜が!

1月6日に、「すがお」では初市が開かれます。
イベントのオススメは、七草がゆ!!
なんと、無料配布されるんです(#^.^#)


JA岡山西菅生直売所ふれあい青空市「すがお」生産者 難波絹子さんと

お正月のごちそうで疲れた胃にとって、七草がゆは優しい食べ物です。
無病息災の願いも込められていて、1月7日に食べますよね!
その名の通り、春の七草が入っているんですよ!


七草(足りないものもあるかも…)

ここのおかゆは、「白色」ではないんです。



5種類ものお米やもち米が入っていることから、こんな色になっているんですよ!
白米(にこまる)、もち米、赤米、黒米、白楽天の5種類です☆
どれも生産者の田んぼで作られたお米で、中には小学生や大学生が手伝ったものもあります。



初市ではミカンとジャガイモの詰め放題もあります!



両方とも1袋200円でできますよ!
私はミカンの詰め放題を体験しましたが、20個詰めることができました♪
袋から溢れるくらい詰め込んでも大丈夫とのことなので、お得ですし、楽しいですよ!!

初市では、子どもへのわた菓子サービスや焼きそば・焼き芋の販売もありますよ!

JA岡山西 ふれあい青空市すがお 初市
1月6日(土) 午前8時半~午後1時
・七草がゆサービス(なくなり次第終了)
・わた菓子サービス(お子様に)
・ミカン、ジャガイモ詰め放題
・焼そば、焼きいも販売 など
問い合わせ先 086-462—1340
リポーター
難波紗也
14日(木)

フレッシュミズが新年のご挨拶

みなさん、新年明けましておめでとうございます!
今年も笑味ちゃん天気予報をよろしくおねがいします!!

さて新年最初は…
フレッシュミズが新年に向けての抱負を書き初めで表現しましたよ♪
フレッシュミズとは、JA女性部の中の20代~40代が中心に活動しているグループです。



集まったのは、JA岡山、JA岡山東、JA岡山西、JA倉敷かさや、JAびほく、JA阿新、JAまにわ、JAつやま、JA勝英の岡山県内の管内すべてのフレッシュミズの代表者です!

みなさんに新年の抱負を聞きました(#^.^#)

女性部全ての支部にフレッシュミズグループができるよう、各『地域』に楽しさの輪を広げていきます。


JA岡山 河原浩江さん

今年も『笑顔』の輪が広がる活動をしていきます。
女子力・ママ力、アップです。


JA岡山東 黒澤陽子さん

仲間と共に、小さな輪を広げ、大きな声で『伝』えたい!!
「楽しい活動を一緒にしましょう!」


JA岡山西 佐野雅子さん

今年は、企画、販売に『新』しく挑戦したいと思います。


JA倉敷かさや 川畑和子さん

去年から加工品作りに力を入れています。
今年は若いお母さん達の力で『実現』を目指します!


JAびほく 池永京子さん

新しい『仲間』づくりとともに、地域へ楽しい活動を発信していきたいです。


JA阿新 清水幸子さん

『庭』という字には物事を行う場所という意味があります!
広いエリアの良さを持ち寄り、今年も楽しく活動をしていきます。


JAまにわ 柴田晴江さん

これまでの経験を生かし、他団体とも関わりながら活動を『展』開していきたいです。


JAつやま 小川晴美さん

フレミズの楽しさを地域に発信し、新しい出会いを応援します。
フレミズの輪を『繋』いでいきます。


JA勝英 神原直子さん

最後に、集まったフレミズの代表者が全員で、「岡山県JAフレッシュミズは女性部と共に、地域を彩る活動を広げていきます!」と、熱い意気込みを聞かせてくれました☆



今年も、JAの活動をたくさん紹介しますね(^^)
1225日(月)

和牛繁殖担い手 増田 祐太さん(新見市地域おこし協力隊)

「牛がむっちゃかわいいです!!!」と関西弁で教えてくれたのは、新見市 地域おこし協力隊の男性です。


増田 祐太さんと

新見市に来て2年目の増田 祐太さん(24)は、大阪生まれ大阪育ち!
地域おこし協力隊(愛称:カウボーイ)として、新見市法曹にある井倉牧場で勉強しています。

増田さんは、大阪で4年間 アパレル関係の仕事をしていたんです。
しかし、そのお店が閉店してしまいました。


前職のアパレル関係の仕事

これからどうしようかと考えていた矢先、興味があった 地域おこし協力隊をインターネットで調べたところ、新見市を発見!
趣味のツーリングで たまたま新見を通り、千屋牛を食べた時の感動が心に残っていたので「これや!」と思い、カウボーイになることを決めたんです!

今は、千屋牛が全部で140頭もいる井倉牧場で 飼育をしています。
哺育・育成・繁殖の3つにわかれた牛舎で、エサやりをしたり ミルクをあげたりしています。
今回は、生まれて1週間から3か月の哺育牛舎にいる子牛に ミルクを与える様子を見せてくれました。



「毎日楽しいし幸せです。これ以上ないんちゃうかぐらい!」と目尻を下げて作業していましたよ♪

大阪出身の増田さんから見て 新見は、どのように映っているのか聞いてみると「新見にしかない景色やここでしかできないことが沢山ある!川も山も牛もある環境、大阪にはないです。友達に“お前らにはできへんやろ~”って自慢してます!」と笑顔で教えてくれました。

千屋牛の将来の担い手として、頑張る増田さん。
ゼロからのスタートだったので、“140頭全てが教科書”だと言います。
人工授精師の資格取得を目指して勉強したり、井倉牧場 小川さん夫婦の技術を習得したりと 努力の毎日です。

小川さん夫婦は「よく気が付いてくれるし、物覚えが早いけんのぉ。助かっとる」と、増田さんを孫のように思っていましたよ。


小川鶴惠さん(76)・小川軍紀さん(77)

取材した日に、なんと タイミング良く出産する牛が!
私も、生まれる瞬間を見届けることが出来ました!!感動して泣いちゃいました。
頑張る母牛、必死に出てこようとする子牛。まさに生命の神秘でした。
出産すると 母牛はすぐに子牛を舐めるんですよ。
愛くるしい姿に涙が止まりませんでした。



増田さんも「今まで数えきれないくらい見てきたけど、毎回感動します」とずっと見守っていました。

これからの夢を聞いてみました。
「新見でずっと和牛繁殖に携わる仕事がしたいです。知識や技術をどんどん身に付けて頑張りたい!」
キラキラ目を輝かせながら話す姿に、こちらまで元気をもらいました。

“千屋牛を一生の仕事に”という志を胸に、牛の世話を続ける増田さん。
牛を見つめる優しいまなざしが、印象的でした。
リポーター
小坂恵梨
撮影場所
新見市
1222日(金)

はなやか長船店 こだわりお味噌の豚汁を!

JA岡山の直売所、はなやか長船店です☆



取材した22日は、冬至!
店頭にはユズとカボチャがありましたよ♪



お正月に向けてのお飾りも!



キャベツや



ミカンなど



瀬戸内特産の新鮮な野菜や果物も並んでいました。

はなやか長船店で特に人気があるのが、女性部の「手作り味噌」です。
県外からも注文があるほど大人気のお味噌です!!



女性部の長船支部のこだわりのお味噌は、あまくてまろやか。
子どもからお年寄りまで幅広い世代の人に大人気なんです★
「他のお味噌は食べられない~」とやみつきになってしまう人もいるとか。

味噌蔵を見せてもらいました!



味噌の入った樽がたくさん!
多いときはこの蔵が樽でいっぱいになるんだそうです。

12月23日、はなやか長船店で開店8周年記念セールが開かれます♪
お味噌を使った女性部特製の「豚汁」が無料で配られます。
前日の今日は、100人分の豚汁を作るのに大忙しでした。



もうひとつの名物が「どどめせ」という長船の郷土料理です。
炊き込みご飯に酢をまぜた「炊き込み寿司」です。


「どどめせ」

長船には、おいしいものがたくさんありますね(*^_^*)

JA岡山はなやか長船店 開店8周年記念セール
12月23日(土) 午前9時~午後4時まで
・豚汁無料サービス(先着100名)
・杵つき餅の実演と即売(午前10時半~)
・テンペコロッケ、おからドーナッツ、焼きそば実演販売
・長船おこわ、お赤飯、「どどめせ」(煮込み寿司)販売 など
問い合わせ先:0869-26-6211


JA岡山女性部長船支部のみなさんと

楽しいイベント盛りだくさん!行ってみてくださいね♪
リポーター
難波紗也