715日(月)

ジャージー牛は、お肉もおいしい!

乳牛のイメージが強いジャージー牛。 
実は、肉牛としても注目を集めています。



ひるぜんジャージーランドを訪れました。
正面から中に入って右手に進むと・・・



ガラス張りの加工場があります(^O^)!



これがジャージー牛の精肉!



ジャージーは、肉の中でも、特に赤身が多いんだそうです。
色も深い赤ですよね!
赤身の多い肉は、ハムの加工に向いていて、コクのある味わいが楽しめます。



ひるぜんジャージーランドは、ジャージー牛を乳牛としてだけでなく、肉牛として肥育しています。
これは、世界的に見ても珍しいんだそうです。
ジャージーは、からだがとても小さな牛なので、精肉には向いていないと言われています。
そのため、ひるぜんジャージーランドでは、生後30か月間、からだを大きくさせようと、じっくりと育てているんです。



肉加工を担当している ひるらく 生産課 青山哲哉主任(57)は、北海道出身。
酪農の家に生まれ、日々牛と関わってきました。
そんな中、家族と話題になったのは、将来、肉加工などといった6次産業が、重要視されてくるのではないかということです。
その後青山さんは、いつしか和牛も育ててみたいと考えるようになり、北海道で縁があった岡山を訪れ、精肉の勉強を始めました。



そして、ひるぜんジャージーランドが肉加工に本格的に取り組みはじめた25年前、青山さんは入社しました。それから肉の加工に尽力しています。

ひるぜんジャージーランドでは、ハムやローストビーフ、ウインナーなど、様々な加工品が作られています。
加工品は、11種類もあるんだそうですよ(#^^#)!

特別に、食べさせてもらいました!



青山さんのおススメは、ジャージー牛100%のハム!
噛めば噛むほどうまみがでてきて、とても濃厚な味。
とってもおいしかったです(^○^)

ウインナーは、様々な種類がありました。
特に、チーズ入りウインナーは、個人的にオススメ(#^^#)!!



中に入っているカマンベールチーズは、もちろんジャージー牛のミルクから作られたものです。



青山さんは、「ドイツのマイスターからも絶賛をいただいています。まだまだ知られていないので、岡山全体で浸透して、いつかは売り場に行列ができるようになるのが理想です」と話してくれました。


青山さんと

ジャージー牛の精肉、加工品は、ひるぜんジャージーランドで販売されていますよ!
是非、手に取ってみてくださいね!
リポーター
古米沙世
撮影場所
真庭市
712日(金)

モモがお得に買える 即売会開催!

昔からモモ作りが盛んな、倉敷市浅原地区に行ってきました!



モモ作り約30年の室山さんの畑にお邪魔しましたよ(^^♪


倉敷浅原園芸組合 室山浩二郎組合長と

倉敷市浅原地区は、モモの産地!!
南向きのゆるやかな斜面が広がっているため、水はけがよく、日当たりがいいので、モモ作りに適しているんです。

最盛期を迎えているのは、「白鳳」という品種のモモ。
今月から収穫が始まりました(*‘ω‘ *)
糖度が高いモモができているそうですよ!



私もいただきましたが、とっても甘くて、果汁たっぷり♪口の中でとろけました~♡

JA岡山西 菅生直売所ふれあい青空市「すがお」です!



店内には、贈答用のモモや、家で食べる用のモモ、たくさんのモモが並んでいました(#^^#)
あま~~い香りが広がっていて、幸せな気持ちになりましたよ♡


モモ販売コーナー

新しく設けられたサラダコーナーもおすすめです!



若い人向けに作られたコーナーなんですよ☆
サラダに向いている野菜で、生で食べられるものを多く並べています。

13日(土)から15日(月)まで、桃(白鳳)即売会が開催されます!
通常の2~3割引で、白鳳がお得に買えますよ!!

即売会では、モモスムージーの販売もあります。
浅原産のモモを贅沢に使ったスムージーは、1杯なんと税込100円!!!
これはお得です♬
濃厚で、まるで本物のモモを食べているみたいでした!(^^)!



桃(白鳳)即売会
JA岡山西 菅生直売所 ふれあい青空市「すがお」にて
7月13日(土)~15日(月)開催
・モモ特売!!(午前8時半~ 売り切れ次第終了)
・モモスムージー販売
・そうめん流し(14日(日)のみ:レジ通過で無料参加:雨天中止) など

問い合わせ先:JA岡山西菅生直売所 086-462-1340
リポーター
難波紗也
撮影場所
倉敷市
78日(月)

井上 聡さん(矢掛町江良)

町に惚れ込んで京都から移住し、アスパラガスづくりをはじめた男性です。



JA倉敷かさや アスパラガス部会 井上聡(そう)さん(43)です。
井上さんは、17アールの畑でアスパラガスを夫婦で作っています。


妻 三和さん(42)

青々と茂っているのは、アスパラガスの“親茎”と呼ばれるものです。



アスパラガスの収穫は、4月~10月までと続きます。
親茎の葉が光合成をし、しっかりと養分を蓄えることで、
アスパラガスをより長くとり続けることができるんです。



井上さんは、京都府出身です。
家族と過ごす中で、「いつか自然豊かなところに住みたい」と、妻の三和さんと話していました。


京都時代の井上さん家族

そして、子どもが健やかに育ち、外でしっかりと遊べるような環境をと考え、40歳で移住を決意します。
移住したら、のんびりと農業をしたいとも考えた井上さんは、様々な土地を訪れたんだそうです。
しかし、今まで農業の経験がないこともあって、「経験がないなら、農業は大変だからやめたほうがいい」と言われることもありました。

そんな中で、矢掛町を訪れた時に出会った、温かい人々、風景、そして農業への手厚い支援が受けられることを知り、「ここにしよう」と決めたんです。
今は、矢掛町に移住し、三和さん(42)と一緒に野菜を育てています。



のんびり農業ライフを楽しもうというイメージを膨らませていた二人でしたが、実際は、プライベートの時間が取れないくらいのハードさ。
井上さんは、「もっと野菜作りが安定してきて、時間に余裕ができたらいいなと思います。子どもたちと過ごす時間がしっかりと取れるように頑張りたいです」と話してくれました。

“沢山野菜を作って生活ができるようにしたい”、でも、“子どもたちと過ごす時間も確保したい”、二人は、そんな葛藤と日々闘っているんです。



子どもたちは、嫌いな野菜も両親が作ってくれたものならばと、おいしそうに食べてくれるんだそうです(#^.^#)

新規就農して、ここまでの規模を管理するのは、一筋縄ではいきません。
アスパラガスのほかにも、50アールの露地野菜にも挑戦しているという井上さん。
将来のために懸命に頑張っています。


左:三和さん、右:聡さんと
リポーター
古米沙世
撮影場所
矢掛町
75日(金)

直売所で復興祭!

大きな被害をもたらした西日本豪雨からまもなく一年。

JA倉敷かさや 矢掛宿場の青空市きらりも昨年7月に被災しました。
今年1月にリニューアルオープンし、矢掛町の復興を支える直売所きらりを訪れましたよ。


矢掛町本堀

もうすぐ七夕!
ということで店内には、矢掛町内の保育園、幼稚園の子供たちが書いた短冊がたくさん飾られていましたよ。



野菜をきらりに出荷する多くの生産者も、豪雨で被災しました。
矢掛町江良で、ナスやミニトマトなどを30アールの畑で育てる片山さんもその一人。


直売所きらりの出荷者 片山道雄さん

水に浸かって被害を受けた畑の再生には苦労したのだとか。
その畑の中に特別なトマトがありました!


サトイモの苗の中にミニトマトが!

豪雨の時に水で流れたミニトマトの種が自然に生えたのだそう。
6月頃に自生に気づき、大切に育てたそうです。
「トマトの実がなれば嬉しい。それをもっと皆に食べてほしい」と片山さんは話してくれました。


難波リポーター、片山さんと

さて!直売所きらりでは、7月6日(土)と7日(日)に復興祭が開催されますよ!

矢掛宿場の青空市きらりの寺田博文店長は「生産者やお客様など、皆さんの声が励みになった。復興祭を通して、少しでも恩返しをしたい」と教えてくれました。

6日(土)にはJA倉敷かさやの女性部の皆さんから冷やし甘酒、7日(日)にはかき氷の無料サービスがありますよ♪

さらにさらに\(◎o◎)/
きらりに隣接する海鮮びっくり本舗と、おうどんいおりでもお得なイベントが!

海鮮びっくり本舗では長崎県産 生本マグロの刺身を大奉仕!
身がしまっていて口当たりがいいそうですよ。



おうどんいおりでは、おいなり1個プレゼント!
自家製麺の本格手打ちうどん、どれでも1杯買うとおいなり1個もらえちゃいます。
先着100個ですよ、お早めに☆



さらなる復興を目指し、みんなで岡山に元気を取り戻していきましょう!
復興祭、ぜひ訪れてみてくださいね~!


寺田さん、難波リポーターと

【お問い合わせ】
JA倉敷かさや 矢掛宿場の青空市 きらり
TEL: 0866-82-5330
撮影場所
矢掛町
74日(木)

JAつやま・JA勝英 キュウリの共同選果

お!?ごろごろとキュウリが流れてくる~!



岡山県久米南町は、岡山県内有数のキュウリの産地です。
キュウリが旬のこの時期は毎日、選果場も大忙し!!

さて、JAつやまのキュウリの選果場におじゃましましたよ(^^)


岡山県久米南町

今回は、JAつやまとJA勝英のきゅうり共同選果開会式を取材しました♪



今まではキュウリをJAつやまとJA勝英で別々に出荷していたのですが、全てJAつやまの選果場で選別し、一緒に出荷するようになったそうです!

昨年のキュウリ出荷量はJAつやまでは約380トン、JA勝英では約50トンでした。


JAつやま 久米南きゅうり部会 部会長 杉山哲郎さん

共同で選果することで合わせて約430トンになるのですが、今後は450トン、500トン…ともっと大きなキュウリ生産地にしたい!そして若い人の就農につなげたい!という思いをJAつやまの杉山部会長は教えてくれましたよ☆

また、JAつやまの内田組合長は「生産者の方の所得が増えることも期待している。この共同選果を機に地域が元気になってほしい」と話していました。


JAつやま 代表理事組合長 内田久士さん

これをきっかけに、もっと頑張ろう、岡山県のキュウリ生産地を盛り上げていこう、という皆さんの熱意が伝わってきましたよ(^○^)

実は!
キュウリより一足先に、アスパラガスもJA勝英とJAつやまで共同の選果を始めています。
JA勝英のアスパラガスの選果場にJAつやまエリアのアスパラガスを持っていく取り組みです。
今回はこれに続くものです!

共同選果開会式には、フレッシュおかやまの藤本さんも来ていました♡
かわいい~♡


フレッシュおかやま 藤本花さんと

【お問い合わせ先】
JAつやま 南部営農経済センター
TEL : 0868-66-3500
撮影場所
久米南町
71日(月)

永原元さん(早島町早島)

 珍しい野菜を育てたいと、様々な品種に挑戦し続ける男性を取材しました。



JA岡山西 早島町直売所ふれあい青空市出荷者の会 永原 元 副会長(68)です。
永原さんは、就農8年目。
20アールの畑で、10種類の野菜を育てています。
そのうちの4種類が、ちょっと変わった野菜なんです。


紅芯大根


ビーツに他の品種が混ざったもの(種類は不明だそう)

作業着の染色工場に勤めていたという永原さん。
色鮮やかなものが大好きで、野菜も目を引く赤などの珍しい野菜を育てています。
サラダなどに添えると、色が映えて綺麗に見えるんだそうです。
永原さんは、「インスタ映えするような感じ♡」とニコニコしながら教えてくれました(*^_^*)



永原さんの趣味は、種苗店のカタログを見ること(●^o^●)!
これだ!と思ったものは、すぐに挑戦します。
毎回、仕上がりが楽しみな反面、上手くできるか緊張するんだそうです(*^_^*)



永原さんは、5代続く農家です。
定年退職して、父の後を継ぎ、就農しました。
農業を始めた永原さんの心をさっそく射止めたのが、南アフリカ原産のアイスプラントという野菜です。


アイスプラント

透明な結晶が綺麗ですよね!(^^)!
これは、土の中の塩分を吸い取って、分厚い葉の表面に出てきて出来るものなんです。
先輩農家から教えてもらった時、「これが日本でもできるんだ!」と衝撃を受けたんだそうです。
現在、早島町では、7人の生産者がアイスプラントを生産しています。



そこから外国の珍しい野菜に夢中になり、今年の秋には、新たに6種類もの野菜を育てる予定なんだそうです。


永原さんと

永原さんは、「まだまだ自分が知らない野菜が沢山あるので、種を取り寄せて、いろんなものを作ってみたいです」と話してくれました。



すっかり珍しい野菜にハマってしまった永原さん。
みんなに喜んでもらえる野菜が作りたいと、心から楽しんでいます。

リポーター
古米沙世
撮影場所
都窪郡早島町
628日(金)

新見特産の千屋牛がお得に買える!

JA阿新のAコープあしんです。


岡山県新見市

新見市といえば…千屋牛!

柔らかくてお肉の甘みが特徴の希少なブランド牛、千屋牛!
美味しいのに、いつもちょっとお値段が高くて手が出せない…そんなあなた!
Aコープあしんの中にある千屋牛精肉コーナーでは、毎月第2・第4金曜日に千屋牛がお得に買える「肉の日」が開催されているんですよ♪


千屋牛精肉コーナー

肉の日には、いつもより千屋牛の精肉が約2割もお得に(^o^)
取材した日も肉の日で、お得な千屋牛のお肉がいーっぱい並んでいましたよ。



店頭に並んでいるお肉は千屋牛精肉コーナーの中でお肉を加工しているので、とっても新鮮!
「JAの牧場から牛を1頭買いしているので、原価を安く抑えられ、いろいろな部位を販売できる」と池上さんは教えてくれました。

それが安さと、千屋牛の品揃えの豊富さの秘訣なんですね (゜o゜)


JA阿新 Aコープあしん 精肉担当 池上武宏さん、難波リポーター

さらに!
6月29日(土)と30日(日)には、Aコープあしんで千屋牛肩ロース特売セールがあります!

肩ロースうす切りと肩ロース焼肉がお安くなりますよ♪
どちらも通常100g 1,000円ですが、特売セール限定で100g 800円に。


肩ロースうす切り


肩ロース焼肉(取材した日はお買い得で100g900円でした)

油とお肉のバランスが良く、あっさりジューシーで食べやすい千屋牛の肩ロース。
特別に焼いてもらい、私もいただいちゃいました!



肉厚なのに、噛まずに飲み込めるくらい柔らかい!
ジュワっと口の中に肉汁が広がって幸せいっぱいになりました(*^_^*)
お肉の甘みがとっても美味しいので、タレを付けずに食べるのがオススメです♡

皆さんもぜひAコープあしんを訪れて、千屋牛が口の中でとろける幸せな体験をしてくださいね♪

また、精肉コーナーで加工されたお肉はJAあしんオンラインショップでも買えます!ギフトとして全国発送もできますよ~!


池上さん、難波リポーターと

【お問い合わせ先】
JA阿新 Aコープあしん
TEL : 0867-72-2424

撮影場所
新見市