6月1日(水) 午後8:56~9:54

6月1日(水) 午後8:56~9:54

隔離された法廷

~ハンセン病 司法の人権侵害~

次回の「メッセージ」の放送は、6月1日(水)よる8:56~9:54です。 

ハンセン病から回復した人たちが暮らす療養所がある、岡山・香川。国の政策で強制隔離された入所者は、長年、過酷な差別と偏見にさらされてきた。
4月25日、人権の砦であるべき最高裁判所までもが、ハンセン病の差別に加担していたことを謝罪した。かつて患者が罪に問われた時、隔離施設の中で「法廷」を開いていたのだ。昭和23年~47年に行われた95件の裁判。一般の人が誰でも傍聴できる状態になく、中には死刑が言い渡されたものもある。これを許可したのが、最高裁だった。
憲法違反とも指摘されている、「隔離された裁判」の実態とは?
当時を知るハンセン病回復者たちの「最後の証言」を通して、司法による人権侵害に迫る。