岡山おでかけ羅針盤では、週末のおでかけ情報、美術館・ギャラリーなどのアート情報、スポーツイベント情報などを発信しています。
港町神戸の魅力 「神戸セレクション」

グルメにファッションなど港町神戸の魅力を集めた「神戸セレクション」が、高松三越で開かれています。

その場で焼いた上質な神戸牛をぜいたくに敷き詰めた弁当に、特製の味噌だれで食べる中華街の餃子など、神戸の味が勢ぞろいしました。
今回で3回目となる高松三越の神戸セレクションには、初出店15社を含む56社が出展しています。
KOBE STYLE DELI Emmy’Sは16日までの限定出店です。
神戸牛をたっぷり使ったルーをかけたふわとろのハヤシオムライスは、店内で食べることができます。
また、靴やバッグなど流行を先導している神戸のファッションや雑貨なども並び会場を彩ります。
神戸セレクションは9月23日まで開かれ、17日からは一部店舗が入れ替わります。

岡山高島屋「大北海道展」

北海道の美味いものを一堂に集めた物産展が、岡山市北区の岡山高島屋で始まりました。

産地や調理法の異なる3種のウニを同時に味わえる贅沢などんぶりです。
岡山高島屋で開かれている「大北海道展」には、約900種類の北海道ならではの味がならんでいます。
この時しか買えない商品に、初日から大勢の人でにぎわっています。
人気を集めていたのは牛ヒレ肉を丁寧に焼き上げた弁当。
肉のうまみを存分に味わうことができます。
また、チーズケーキが人気の洋菓子店が作った物産展限定のパフェは、SNS映えする一品です。
「大北海道展」は、岡山高島屋で9月24日まで開かれています。

「秋の北海道物産と観光展」

北海道の特産品や人気のスイーツを集めた「秋の北海道物産と観光展」が、倉敷市の天満屋倉敷店で始まりました。

旬の海の幸に、絶品のスイーツなどがずらりと並びます。
北海道の魅力を知ってもらおうと、毎年、この時期に天満屋倉敷店で開かれているものです。
今回は、50の店から北海道各地の名産品が出品されていて、多くの人が買い求めています。
「函館・朝市食堂函館ぶっかけ」です。
生ホッケや甘海老・イクラなど、函館の新鮮な魚介をふんだんに乗せた1日100食限定の海鮮丼です。
「秋の北海道物産と観光展」は、9月23日まで天満屋倉敷店で開かれます。

生誕135年を記念 竹久夢二展

詩人で画家の竹久夢二の生誕135年を記念し、夢二の魅力を再発見する展覧会が、岡山市中区で始まりました。

初日の27日は、テープカットで開幕を祝いました。
夢二がアメリカで描き、幻の裸婦と呼ばれていた作品が訪れる人を出迎えます。
岡山市中区の夢二郷土美術館で開かれているこの展覧会は、大原美術館の館長で、竹久夢二学会の会長も務める高階秀爾さんが監修し、大正ロマンを象徴する夢二の選び抜かれた名品約150点が展示されています。
夢二がアメリカで制作した作品のひとつ「花衣」です。
鮮やかな色彩で、夢二式美人の代表的な特徴が描かれていて、初めて一般公開されるといいます。
「生誕135年竹久夢二展幻想の美秘められた謎」は、12月8日まで開かれています。