岡山おでかけ羅針盤では、週末のおでかけ情報、美術館・ギャラリーなどのアート情報、スポーツイベント情報などを発信しています。

津山藩の洋学者・箕作阮甫とその子孫がまとめた、当時の西洋についての研究資料を紹介する企画展が津山洋学資料館で開かれています。

企画展には、箕作阮甫と阮甫の子孫がまとめた西洋の医学や地理学などの研究資料約70点が展示されています。
阮甫が生きた江戸時代後期は諸外国の船が相次いで来航したことから、世界への関心が高まってきた時代でした。
阮甫と子孫たちは翻訳や教科書の作成などを通じ、西洋史の研究と普及に取り組んできました。
阮甫の孫、箕作元八の著書「フランス大革命史」は、日本初の革命史の研究書として1921年に出版されました。
企画展「箕作家の歴史研究」は9月16日まで開かれています。