岡山おでかけ羅針盤では、週末のおでかけ情報、美術館・ギャラリーなどのアート情報、スポーツイベント情報などを発信しています。

今年の干支「酉」をテーマにした企画展「いろ鳥どり」が岡山市北区の林原美術館で開かれています。

太鼓の上には精巧な鶏の像が佇んでいます。
鳥をモチーフにした、桃山時代から大正時代までの作品23点が展示されています。
こちらは、国の重要文化財に指定されている合貝です。
初代岡山藩主池田光政の娘の嫁入り道具で、豪華な金ぱくと色鮮やかで細かな筆遣いが特徴です。
8代将軍徳川吉宗が岡山藩に贈った鷹の絵です。
水に映った自分を見つめるユーモラスな姿が描かれています。
館内には、特別展示として国の重要美術品を含む刀剣3点も展示されています。
企画展「いろ鳥どり」は、林原美術館で5月14日まで開かれています。