岡山おでかけ羅針盤では、週末のおでかけ情報、美術館・ギャラリーなどのアート情報、スポーツイベント情報などを発信しています。

岡山市北区の岡山県立美術館の開館30周年を記念して、代表的な収蔵品などを展示する「県美コネクション」が開かれています。

県立美術館で初公開の棟方志功の巨大肉筆画です。
会場には、岡山にゆかりのある絵画や工芸品を中心に、276点が展示されています。
絵画の他、備前焼など岡山を代表する陶芸作品も数多くあります。
浦上玉堂の水墨画です。
繊細さとともに力強さがあり、写実的に風景を描いています。
息子の春琴と秋琴の作品と合わせて展示されていて、父親の作風と見比べることができます。
現代作家の作品も展示された「県美コネクション」は、7月1日まで岡山県立美術館で開かれます。