岡山おでかけ羅針盤では、週末のおでかけ情報、美術館・ギャラリーなどのアート情報、スポーツイベント情報などを発信しています。
「世界のワインフェスティバル」

世界中のワインを一堂に集めた催しが、岡山市北区の天満屋岡山店で始まりました。

フランスやスペイン、さらには国産まで、国の内外のワインがずらりと並びます。
岡山市北区の天満屋岡山店で初めて企画された「世界のワインフェスティバル」です。
11か国から、約300種類が出品されていて、初日から買い求める人が訪れています。
会場には、東京からバーも出店しています。
店主が厳選した、ワインにマッチする料理が出され、マリアージュを楽しめます。
また、チーズやからすみなどのつまみも販売されています。
世界のワインフェスティバルは、天満屋岡山店で、12月16日まで開かれています。

黒木国昭 グラスアート展

現代の名工にも選ばれているガラス工芸作家・黒木国昭さんの作品展が、岡山高島屋で始まりました。

川から魚をくわえたカワセミが飛び立つ躍動感のある姿をガラスで表現しています。
西洋の素材であるガラスと日本文化の融合をめざし、制作活動を続けている黒木国昭さんの作品展です。
会場には、黒木さんが5年かけて作りだした独自の色合いの綾切子など新作を含めた約200点が並んでいます。
江戸時代の画家・尾形光琳の世界観を表現した黒木さんの代表的な作品も展示されています。
黒木国昭グラスアート展は、岡山市北区の岡山高島屋で12月18日まで開かれています。

国際アンデルセン賞を受賞した世界的な絵本作家・安野光雅さんの作品展が、高松市美術館で開かれています。

道化師が遊ぶトランプの国。
どちらが上でどちらが下か。
階段を上がり続けたはずがいつのまにか元の場所へ。
見る人を悩ませる不思議な作品です。
会場には、安野さんが描いた絵本の原画など130点が展示されています。
アメリカやヨーロッパなどの7か国で販売されている旅の絵本は、ヨーロッパの美しい風景や町並みが細かく描かれ、そこにはたくさんの遊び心が隠されています。
豊かな発想から生まれた作品を楽しめる「安野光雅・空想と風景」は、高松市美術館で12月22日まで開かれます。

冬のイルミネーション 試験点灯進む

香川県まんのう町の国営讃岐まんのう公園で、冬のイルミネーションが始まるのを前に試験点灯が行われました。

今年で14回目を迎える国営讃岐まんのう公園の冬のイベントウィンターファンタジーは、23日から始まります。
3haの敷地に、約60万球の電球が飾られるもので、21日夜は試験点灯が行われました。
今年のイルミネーションのテーマは、「0~希望の和」輝く輪をモチーフにしたのは光の広場です。
また、満開の桜や松竹梅など日本の和をイメージしたイルミネーションで、公園内は幻想的な光に包まれます。
冬を彩る、まんのう公園のウィンターファンタジーは11月23日から2020年1月5日までで、約15万人の来場を見込んでいます。