RSKトップ >> RSKイブニングニュース

第56回ギャラクシー賞の報道活動部門でRSK山陽放送が大賞を受賞
民放・NHKを含む全国の放送局の番組などを表彰するギャラクシー賞の報道活動部門で、
RSK山陽放送が続けているハンセン病に関する一連の取り組みが大賞を受賞しました。
ギャラクシー賞大賞を受賞しました(プレスリリース)

岡山・香川の最新ニュースをお伝えしています。

[08月23日 19:10] 県と国が協議 仮設住宅「転居時期未定」多く

昨年7月の西日本豪雨で被災し、岡山県内の仮設住宅で暮らす世帯は、8割以上が建て替えや修繕など、住まいの再建方法を決めたもののうち、4割以上は転居時期が未定であることが分かりました。
岡山県は、仮設住宅の入居期間延長について国との協議を始めました。
調査は、昨年7月の西日本豪雨で仮設住宅での生活を余儀なくされている、岡山県内12の市と町の2898世帯を対象に、今年6月に行なったものです。
その結果、8割を超える世帯が持家の建て替え、修繕や賃貸住宅などの再建方法を決めていることが分かりました。
このうちの約半数は、仮設住宅の入居期限となる来年7月までに転居を希望しているということです。
一方で4割以上の世帯は、転居時期が未定となっています。
岡山県では、23日から国との協議をはじめ、再建に必要な新たな支援策も今後検討していきたいとしています。(23日19:10)

岡山・香川のお出かけ、イベント、スポーツ情報はこちらからご覧いただけます。

ご意見・ご感想・情報をお寄せください。

■ 動画・写真は RSKニュース投稿
■ 話題・情報は TEL: 086-225-5741 / FAX: 086-223-3565
  Eメール: news@rsk.co.jp
 
■ マスコミの集団的過熱取材に対するご意見はRSK山陽放送の 「視聴者相談室」が承ります。
  TEL: 086-225-5731 / FAX: 086-231-0535
  Eメール: box@rsk.co.jp