岡山の美術館・ギャラリー情報

瀬戸内想彫会×日本陶彫会有志展

日時:
2018年4月12日(木)~6月24日(日)
9:00~16:30
場所:
野崎家住宅、野崎家旧宅、野崎家塩業歴史館
倉敷市児島味野1-11-19
TEL:(086)472-2001
内容:
瀬戸内想彫会15人の「魚」を中心とした作品と日本陶彫会員7人を加えた出品者の人物、動物の置物やオブジェ等約100点の作品を展示する。
料金:
無料 ※但し、国指定重要文化財 野崎家住宅入館料が別途必要

マイメロディ♡キキ&ララ☆展

日時:
2018年4月13日(金)~7月1日(日)
9:30~17:00(入館は16:30まで)
【休館日】月曜日
※但し、4月30日(月)は開館
場所:
新見美術館(新見市) MAP参照≫
内容:
社内発表のために描かれたマイメロディの赤ずきんちゃんの物語や、歴代デザイナーたちが手掛けたイラスト原画やグッズなどを展示・紹介する。
関連イベント:

◎マイメロディ撮影会

日時:5月4日(金・祝) 11:00~、13:30~、15:00~
定員:各回先着40組
入館料:
一般 700円(600円) / 大学生 500円(400円) / 中高生 300円(250円) / 小学生 200円(150円)
※( )内は15名以上の団体料金
※新見市内の小中学生は「こころふれあいパスポート」提示で観覧無料
※「高梁川流域パスポート」提示の小学生は土・日・祝休日に限り観覧無料

常設展 猪熊弦一郎のおもちゃ箱

日時:
2018年4月14日(土)~7月1日(日)
10:00~18:00(入館は17:30まで)
会期中無休
場所:
丸亀市猪熊弦一郎現代美術館(丸亀市) MAP参照≫
内容:
代表的な絵画作品に、ガラクタをアレンジした小さなオブジェ、スケッチや収集品などを展示する。
関連イベント:

◎キュレーターズ・トーク

日時:会期中の第1日曜日 15:00~
参加料:無料※ただし展覧会チケットが必要
申込み:不要

◎「荒井茂雄展 人生の詩」

同時開催企画展
観覧料:
一般 300円(240円)、大学生 200円(160円)、高校生以下または18歳未満・丸亀市内に在住の65歳以上・各種障害者手帳をお持ちの方とその介護者1名は無料
※( )内は20名以上の団体料金 ※同時開催企画展の観覧料は別途

企画展「土と生きる 岡山ゆかりの現代作家」

日時:
2018年4月26日(木)~7月1日(日)
9:00~17:00
場所:
備前市立備前焼ミュージアム
備前市伊部1659-6
TEL:(086)64-1400
内容:
備前焼ミュージアムとしては初出品で岡山ゆかりの作家9名の作品を約50点を展示し、現代陶芸を紹介する。
入館料:
大人 500円 / 高・大生 300円 / 中学生以下 無料
※その他、団体割引、65歳以上の方等、各種割引有り

児島虎次郎

~ふるさとに愛されて~

日時:
2018年4月28日(土)~7月8日(日)
9:30~17:00(入館は16:30まで)
【休館日】 月曜日と5月1日(火)
※ただし、4月30日(月)は開館
場所:
高梁市成羽美術館(高梁市) MAP参照≫
内容:
邸宅の欄間として制作された総計約15mの大作《奈良公園》や可憐な女性像など、これまで公開機会の少なかった児島虎次郎作品を展観し、その作品世界を改めて紹介する。
関連イベント:

◎オープニングギャラリートーク

日時:4月28日(土) 11:00~ (20分程度)
講師:児島慎太郎氏(児島虎次郎曾孫/画家)

◎記念講演会「児島虎次郎の大作《奈良公園》を考える」

日時:5月27日(日) 13:30~15:00
会場:レクチャールーム
講師:児島塊太郎氏(倉敷芸術科学大学副学長)

◎ミュージックコンサート ~アンサンブル・ジャガー 吉田秀氏を迎えて

日時:6月23日(土)
[第1回公演]15:30~ (20分程度)  料金:入館料のみ
[第2回公演]18:30~ (60分程度) 料金:入館料+500円
※第2回公演は17:30までにご入館ください。
会場:1階 多目的展示室
入館料:
一般・シニア 800円 / 高・大生 500円 / 小・中生 300円
※団体20名以上は2割引き ※高梁市内在住の小・中生観覧無料

木山捷平展

没後50年

日時:
2018年5月13日(日)~7月29日(日)
9:30~17:00(入館は16:30まで)
【休館日】 月曜日(祝日は開館)、祝日の翌日
場所:
吉備路文学館(岡山市北区) MAP参照≫
内容:
木山捷平の作品を展示する。
関連イベント:

◎講演会「木山捷平-その人と文学-」

日時:6月10日(日) 13:30~15:00
定員:60名
挨拶:木山捷平ご長男 木山萬里
講師:定金恒次(倉敷市立短期大学名誉教授)
申込:電話(086-223-7411)にて受付
料金:入館料で参加可能

◎朗読会「ふるさとの文学を読む」-失われた原風景-

日時:7月1日(日) 13:30~15:00
定員:60名
挨拶:木山捷平ご長男 木山萬里
出演:四照花(やまぼうし)
申込:電話(086-223-7411)にて受付
料金:入館料で参加可能

◎企画展「吉備路ゆかりの文学者を知る」

日時:5月13日(日) ~ 7月29日(日)
展示文学者:正宗白鳥、内田百閒、吉行淳之介 ほか
入館料:
一般 400円 / 大学・高校生 300円 / 中学・小学生 200円

-小磯良平・加山又造・ロダン(版画)を中心にー セキ美術館コレクション展

日時:
2018年6月9日(土)~7月22日(日)
9:00~17:00
場所:
瀬戸内市立美術館 4階展示室(瀬戸内市) MAP参照≫
内容:
セキ美術館コレクションから日本画・洋画・版画など約50点を展示する。
入館料:
一般 500円(400円) / 65歳以上 400円 / 中学生以下 無料
※( )内は20名以上の団体料金

竹喬 落款(サイン)と印章をさぐる

日時:
2018年6月15日(金)~7月22日(日)
9:30~17:00(入館は16:30まで)
【休館日】 月曜日、7月17日(火)
※但し、7月16日(月)は開館
場所:
笠岡市立竹喬美術館(笠岡市) MAP参照≫
内容:
竹喬の落款や印章を焦点にあて作品を紹介する。
入館料:
一般 500円(400円) / 高校生以下は無料※学生証提示要 / 65歳以上は無料(年齢の分かるもの要)
※( )内は20名以上の団体料金

岸野承 彫刻 岸野寛 陶 展

春夏秋冬展

日時:
2018年6月20日(水)~6月26日(火曜)
10:00~18:00
【休廊日】 期間中無休
※初日作家在廊
場所:
ギャラリーen(高松市) MAP参照≫
内容:
彫刻、陶器の作品を展示する。

第70回 朝陽書道会展

日時:
2018年6月22日(金)~24日(日)
場所:
岡山県天神山文化プラザ 第1・3・4・5展示室
岡山市北区天神町8-54
TEL:(086)226-5005
内容:
仮名作品を中心に、巻子、帖、額等、約250点展示する。
入場料:
無料

最中展

Textile Exhibition

日時:
2018年6月26日(火)~7月1日(日)
10:00~18:00(最終日は16:00まで)
場所:
ギャラリー倉敷(倉敷市) MAP参照≫
内容:
テキスタイル(繊維素材)を用いた作品を展示する。
入館料:
無料

第73回春の院展 倉敷展

日時:
2018年6月27日(水)~7月8日(日)
9:00~17:15(入館は16:45まで) ※初日は開会式のため10:00開場
【休館日】 会期中無休
場所:
倉敷市立美術館(倉敷市) MAP参照≫
内容:
日本美術院同人の他、地元岡山の作家の入選作品を展示する。
入館料:
一般 900円(700円) / 一般前売 700円 / 高大生 500円(400円) / 小中生 300円(200円)
※( )内は20名以上の団体料金
※倉敷市内の小中学生は無料(いきいきパスポート・生徒手帳を提示)
※高梁川流域パスポートを提示した小学生は無料(平日を除く)
※心身障がい者の方と付き添いの方1名は無料

平成30年 開館35周年記念 日本美術刀剣保存協会 岡山県支部 創立70周年 特別展「古今東西刀匠・職方列伝パートII」

2018年6月29日(金)~9月2日(日) 17:00
◇ 備前長船刀剣博物館(瀬戸内市)
◇ 平安時代末期から現代にいたるまでの名工が制作した、めったに見ることのできない日本刀を一堂に展示する。
【入場料】 一般 500円、割引(団体20名以上、または65歳以上) 400円、高大生 300円、中学生以下無料
【お問合せ】 備前長船刀剣博物館 TEL:(0869)66-7767

Naoto Uchiyama Accessory Exhibition.

日時:
2018年7月2日(月)~9日(月)
11:00~19:00(最終日は16:00まで)
場所:
ギャラリーさとう(岡山市中区) MAP参照≫
内容:
[在廊日] 7月2日(月)、9日(月)

第15回 岡山写真研究会 岡山展

日時:
2018年7月3日(火)~8日(日)
場所:
岡山県天神山文化プラザ 第2展示場(岡山市北区) MAP参照≫
内容:
岡山県在住の写真家がそれぞれの視点でとらえた写真の展示を行う。
入場料:
無料

第4回 サムホール展

日時:
2018年7月6日(金)~15日(日)
10:00~18:00(最終日は16:00まで)
【休廊日】 7月9日(月)
場所:
ギャラリー倉敷(倉敷市) MAP参照≫
内容:
サムホールサイズに表現した絵画・彫刻・立体・写真による展覧会を行う。

企画展「美術館できもだめし?夏休み ちょっとコワイ美術展」

日時:
2018年7月7日(土)~9月2日(日)
10:00~17:00(入館は16:30まで)
【休館日】 月曜日
※但し、月曜が祝日の場合、翌日休館
場所:
林原美術館(岡山市北区) MAP参照≫
内容:
「コワイ」をキーワードにした館蔵品を展示する。
入館料:
一般 500円 / 高校生 300円 / 小中学生 無料

第17回 翠陽展(油絵、水彩、墨絵)

日時:
2018年7月10日(火)~15日(日)
場所:
岡山県天神山文化プラザ 第1展示室(全室)
岡山市北区天神町8-54
TEL:(086)226-5005
内容:
油絵70点、水彩30点、墨絵20点を出品予定。
入場料:
無料

くらしき物語 倉敷・児島・玉島-郷土の名宝と作家たち-児島編

日時:
2018年7月14日(土)~9月9日(日)
9:00~17:15(入館は16:45まで)
【休館日】 月曜日、祝日の翌日
※但し、月曜日が祝日の場合は開館
場所:
倉敷市立美術館(倉敷市) MAP参照≫
内容:
緑川洋一の瀬戸大橋写真や由加山蓮台寺の名宝、野崎家コレクション、斎藤真一や阿藤秀一郎など、児島ゆかりの作家の作品を展示する。
関連イベント:

◎担当学芸員によるギャラリートーク

日時:7月21日(土) ・8月26日(日) / 14:00~(約40分間)
※申込み不要・要観覧券
入館料:
一般 600円(500円) / 65歳以上・中高生 300円(200円) / 小中生 100円(50円)
※( )内は20名以上の団体料金
※倉敷市内の小中学生は無料(いきいきパスポート・生徒手帳の提示要)
※高梁川流域パスポートを提示した小学生は無料(平日除く)
※心身障がい者と付き添いの方1名は無料

企画展「猪熊弦一郎展 風景、顔」

日時:
2018年7月14日(土)~9月30日(日)
10:00~18:00(入館は17:30まで)
【休館日】 会期中は無休
場所:
丸亀市猪熊弦一郎現代美術館(丸亀市) MAP参照≫
内容:
猪熊弦一郎を代表する二つの作品群を中心に展示する。
入館料:
一般 950円(760円) / 大学生 650円(520円) / 高校生以下または18歳未満・丸亀市在住の65歳以上・各種障害者手帳をお持ちの方とその介護者1名 無料
※( )内は前売り及び20名以上の団体料金

【特別展】生きていく衝動 石村嘉成展

作品は、僕のことば

日時:
2018年7月14日(土)~9月17日(月)
9:00~17:00(入館は16:30まで)
【休館日】 火曜日
場所:
高梁市歴史美術館(高梁市) MAP参照≫
内容:
愛媛県在住の版画家・画家 石村嘉成の作品を展示する。
入館料:
大人 300円 / 小中学生 150円 ※特別展は別料金になります。
※市内在住の小中学生は無料(学校休業日に限る)
※市内在住の65歳以上の人は無料(年齢証明要)
※障がい者手帳をお持ちの人と介助者1人は無料

特別展「シルクロード新世紀 ヒトが動き、モノが動く」

日時:
2018年7月14日(土)~9月9日(日)
9:00~17:00(入館は16:30まで)
【休館日】 月曜日(祝日の場合は翌日)
場所:
岡山市立オリエント美術館(岡山市北区) MAP参照≫
内容:
シルクロードに関わる国内の考古・美術・歴史資料などを展示する。
入館料:
一般 1,100円(900円) / 65歳以上・高大生 800円(600円) / 小中生 500円
※( )内は前売り料金
※20名以上の団体は各100円割引
※障害者手帳をお持ちの方とその付き添いの方1名は無料
※その他割引は問い合わせにて

第52回 岡山写真家集団展

日時:
2018年7月17日(火)~22日(日)
場所:
岡山県天神山文化プラザ
岡山市北区天神町8-54
TEL:(086)226-5005
内容:
会員の作品80点余りを展示する。
入場料:
無料

せとうちアート水族館-松永正津アート魚拓の世界-

日時:
2018年7月27日(金)~8月26日(日)
9:00~17:00
場所:
瀬戸内市立美術館(瀬戸内市) MAP参照≫
内容:
松永正津氏によるアート魚拓作品を約100点、拓正会会員作品を約30点展示する。
入館料:
一般 500円(400円) / 65歳以上 400円 / 中学生以下無料
※( )内は20名以上の団体料金

八代亜紀 アートの世界

日時:
2018年8月1日(水)~9月9日(日)
9:30~17:00(入館は16:30まで)
【休館日】会期中無休
場所:
新見美術館(新見市) MAP参照≫
内容:
油彩画を中心に展示・紹介する。
関連イベント:

◎ミニトークとサイン会

日時:8月12日(日)
入館料:
一般 800円(700円) / 大学生 500円(400円) / 中高生 300円(250円) / 小学生 200円(150円)
※( )内は15名以上の団体料金
※新見市内の小中学生は「こころふれあいパスポート」提示で観覧無料
※「高梁川流域パスポート」提示の小学生は土・日・祝休日に限り観覧無料

第60回 西日本教育書道展

日時:
2018年8月7日(火)~12日(日)
9:00~17:00(最終日は15:00まで)
場所:
岡山県天神山文化プラザ 第2展示室 MAP参照≫
内容:
硬筆、毛筆の作品を仮表装して展示し、優秀作品は表彰する。
入場料:
無料

夏を彩る可愛い個展 in 紅緒

日時:
2018年8月14日(火)~8月16日(木)
11:00~17:00
場所:
cafe' de 紅緒
岡山県高梁市南町43
TEL:(0866)22-1205
内容:
複数名の作家の作品(動物イラスト、革ミニチュア、ぬいぐるみ、銀細工)を展示する。
入場料:
無料

生きてゐる山水-廬山をのぞむ古今のまなざし-

日時:
2018年8月31日(金)~9月30日(日)
場所:
岡山県立美術館 2階展示場(岡山市北区) MAP参照≫
内容:
「廬山」に着目し、国内各地に伝わる書画を展示する。
入館料:
当日券 一般800円 / 65歳以上・大学生 500円 / 小中高生 無料

特別展「こんぴらさんの名刀展」

日時:
2018年9月7日(金)~11月25日(日)
場所:
備前長船刀剣博物館(瀬戸内市) MAP参照≫
内容:
金刀比羅宮が所蔵している名品の中から、備前物を中心とした日本刀を展示する。
入館料:
一般 500円(400円) / 65歳以上 400円 / 高大生 300円 / 中学生以下無料
※( )内は20名以上の団体料金

ARKO2018 久松知子

日時:
2018年9月11日(火)~11月11日(日)
9:00~17:00(入館は16:30まで)
【休館日】 11月5日(月)
場所:
大原美術館 本館(倉敷市) MAP参照≫
内容:
久松知子氏が倉敷に滞在し、制作した作品を公開する。
入館料:
一般 1,300円(1,200円) / 大学生 800円(700円) / 高中小生 500円(300円)
※( )内は20名以上の団体料金
※大学生は学生証を要提示
※障害者手帳を提示で優待

没後10年 片岡球子-情熱の日本画

日時:
2018年9月14日(金)~11月4日(日)
場所:
井原市立田中美術館(井原市) MAP参照≫
入館料:
一般 800円(640円) / 65歳以上 400円(320円) / 高校生以下無料
※( )内は前売り料金

佐藤美術館所蔵 花博・花と緑の日本画展

日時:
2018年9月14日(金)~11月11日(日)
9:30~17:00(入館は16:30まで)
【休館日】10月1日(月)・22日(月)・29日(月)・11月5日(月)
場所:
新見美術館(新見市) MAP参照≫
内容:
「花と緑の日本画展」に出品された現代日本画の秀作に岡山を代表する日本画家・森山知己の作品を加えた40点を展示・紹介する。
入館料:
一般 700円(600円) / 大学生 500円(400円) / 中高生 300円(250円) / 小学生 200円(150円)
※( )内は15名以上の団体料金
※新見市内の小中学生は「こころふれあいパスポート」提示で観覧無料
※「高梁川流域パスポート」提示の小学生は土・日・祝休日に限り観覧無料

企画展「ビーズ つなぐ かざる みせる」

日時:
2018年9月22日(土)~11月25日(日)
9:00~17:00(入館は16:30まで)
【休館日】 月曜日(祝日の場合は翌日)
場所:
岡山市立オリエント美術館(岡山市北区) MAP参照≫
内容:
国立民族学博物館が所蔵する資料から厳選されたビーズ資料を中心に展示する。
入館料:
個人 一般 1,000円(800円) / 65歳以上・高大生 800円(600円) / 小・中学生 500円
※( )内は前売り料金
20名以上の団体 一般 800円 / 65歳以上・高大生 600円 / 小・中学生 300円
ギャラリーコンサート入館者 1,000円
※障害者手帳をお持ちの方とその付き添いの方1名は無料
※その他割引などあり

【特別展】生誕100年 宮本隆展

岡山彫刻界のパイオニア

日時:
2018年9月22日(土)~11月26日(月)
9:00~17:00(入館は16:30まで)
【休館日】 火曜日
場所:
高梁市歴史美術館(高梁市) MAP参照≫
内容:
高梁市備中町出身の彫刻家、宮本隆の作品を展示する。
入館料:
大人 300円 / 小中学生 150円 ※特別展は別料金になります。
※市内在住の小中学生は無料(学校休業日に限る)
※市内在住の65歳以上の人は無料(年齢証明要)
※障がい者手帳をお持ちの人と介助者1人は無料

第31回 全国シルバー書道・岡山展

日時:
2018年9月25日(火)~30日(日)
10:00~15:00
場所:
岡山県天神山文化プラザ 第1展示室
岡山市北区天神町8-54
TEL:(086)226-5005
内容:
岡山県内の65歳以上の書道愛好家による書作品の発表、展覧会を行う。
入場料:
無料

平成30年秋の有隣荘特別公開 三瀬夏之助 倣玉堂

日時:
2018年10月19日(金)~11月4日(日)
9:00~17:00(入館は16:30まで)
【休館日】 会期中は無休
場所:
大原美術館 有隣荘(倉敷市) MAP参照≫
内容:
三瀬夏之助氏の新作などを公開する。
入館料:
一般 1,300円(1,200円) / 大学生 800円(700円) / 高中小生 500円(300円)
※( )内は20名以上の団体料金
※大学生は学生証を要提示
※障害者手帳を提示で優待

生誕120年・没後40年 瀧崎華峰 日本画展

日時:
2018年11月16日(金)~2019年1月20日(日)
9:30~17:00(入館は16:30まで)
【休館日】月曜日、年末年始 12月27日(木)~1月4日(金)
※但し、12月24日(月)・1月14日(月)は開館し翌日休館
場所:
新見美術館(新見市) MAP参照≫
内容:
初期から晩成までの代表作と未公開作品を中心に約50点を展示・紹介する。
入館料:
一般 500円(400円) / 大学生 400円(350円) / 中高生 250円(200円) / 小学生 150円(100円)
※( )内は15名以上の団体料金
※新見市内の小中学生は「こころふれあいパスポート」提示で観覧無料
※「高梁川流域パスポート」提示の小学生は土・日・祝休日に限り観覧無料

鉄斎・大観・栖鳳・玉堂・関雪 五大巨匠展

華麗なる新美コレクション2018/2019

日時:
2019年1月26日(土)~4月7日(日)
9:30~17:00(入館は16:30まで)
【休館日】月曜日
※但し、2月11日(月)は開館し、翌日休館
場所:
新見美術館(新見市) MAP参照≫
内容:
鉄斎を中心に、大観、栖鳳、玉堂、関雪の五大巨匠の作品を展示・紹介する。
同時開催:

◎洋画家・藤井哲の素描画の特別展示

入館料:
一般 400円(350円) / 中高生 250円(200円) / 小学生 150円(100円)
※( )内は15名以上の団体料金
※新見市内の小中学生は「こころふれあいパスポート」提示で観覧無料
※「高梁川流域パスポート」提示の小学生は土・日・祝休日に限り観覧無料