倉敷商業野球部 倉敷市役所を表敬訪問

倉敷商業野球部 倉敷市役所を表敬訪問 野球

2020年の選抜出場予定校による甲子園交流試合で勝利を収めた倉敷商業高校の野球部が倉敷市役所を表敬訪問しました。

市役所を訪れたのは、甲子園まで主将を務めた原田将多選手ら4人です。
原田選手が応援への感謝を伝えると、倉敷市の伊東市長は「伸び伸びとプレーする姿が市民に元気を与えてくれた」とねぎらいました。
8月15日、甲子園球場での交流試合で宮城の仙台育英と対戦した倉敷商業は、試合中盤に流れをつかみ6対1で逆転勝ちし、センバツ中止で一度はあきらめかけた夢舞台で躍動しました。
独自開催となった夏の県大会で優勝した倉敷商業は、負け知らずの6連勝で今年の夏を締めくくりました。

タイトルとURLをコピーしました