備前市出身・山本由伸投手が好投 侍ジャパン 初戦劇的サヨナラ勝ち

東京五輪、野球の初戦は備前市出身の山本由伸が先発出場し、日本は劇的な逆転サヨナラ勝利を飾りました。

開幕投手としてマウンドを任された山本由伸。
6回まで投げ切り許したヒットはわずかに2本。
88球を投げ9奪三振と力投し、後に繋げます。
互いに譲らず同点で迎えた9回裏、満塁のチャンスに坂本。
これがサヨナラのヒットになり日本が4-3で初戦を勝利しました。
日本の次の試合は7月31日、横浜スタジアムでメキシコと対戦します。

タイトルとURLをコピーしました