RSK山陽放送トップページ

イチローさんを笑顔にしたマネージャーのおもてなし お手製メニューに“ビール”「こういう茶目っ気が素敵」

イチローさん(48)が12月2日〜3日に指導に訪れたのは、千葉県の千葉明徳高校。創部45年、夏の県大会は3年連続ベスト8で、甲子園出場経験はありません。11月の国学院久我山に続き、今年2校目の訪問先として千葉明徳を選んだ理由を、イチローさんが部員たちに明かしました。
イチローさん:1番最初に連絡を頂いたから。理事長から熱い手紙が届きまして『なんとかベスト8の壁を破りたい』と。みんなが疑問に思ったこと、興味のあること。なんでもいいので聞いてください。 イチローさんの学生野球資格回復を知った同校の福中儀明理事長が「これは動かないわけにはいかない」と即座にメッセージを送り実現した訪問。メッセージには、チームとして夏の大会でベスト8の壁を越えたいということ、技術的な成長はもちろん、人としての成長のためにぜひ一緒にプレーを、との思いを込めたと言います。この理事長からの熱い思いは、全国で“1番最初”にイチローさんの元に届き、イチローさんは今年指導する3校を選ぶ上で、1番に千葉明徳への訪問を決めたそうです。 ■「一歩目に気をつけて」指導2日目のこの日は、2本の白いラインを使った走塁練習。ロスのない走りをイメージさせるのが狙いです。まずは選手たちに自由に走ってもらいます。 イチローさん:線のどこを走った? 選手:ラインの外側ですね。 イチローさん:感触としてもうあった?はみ出してるって。 選手:ありました。 イチローさん:ダメです(笑)。 選手:下を見ながら走っていると自分の足のある場所がよく見えて・・・。 イチローさん:それはそうでしょうね(周りの選手たちも笑顔)。下見て走らない!ちゃんと自分の形で走ってよ、まずは。僕らで見ているから確認しないで。最初は全然(ラインの外に)外れていい。一歩目をここ(ラインの内側)にもってくる。一歩目ここ来たら、あとは軌道に乗っていくイメージ。一歩目気をつけて。 早速アドバイスを実践する選手たち。 イチローさん:大丈夫、大丈夫。ナイスナイス! ■「低い弾道でのバックホーム、どうしたら・・・?」守備練習ではこんな質問が−。 選手:自分はバックホームなどの送球の際に球がすっぽ抜けてしまって。イチローさんは低い弾道でバックホームやっていましたよね。どのようにしたら・・・。 イチローさん:毎回すっぽ抜ける? 選手:毎回ではないです。 イチローさん:急いでない? 選手:急いでいるときにすっぽ抜けたりします。 イチローさん:そうだよね。急ぐよりもまず自分の形にならないと。外野手の送球ってここ(ボールを離す位置)がズレたら全部外れるから。時間かけてもいいから、まず捕ってから自分の形にする。 ■お手製メニューにはまさかの「ビール」休憩中にはマネージャーからお手製の「ドリンクメニュー」を差し出されたイチローさん。 イチローさん:そりゃ本当はビール飲みたいさ。飲めないでしょ、この状況で(笑)。 手作りのメニューにはかわいらしいイラスト入りで、水やお茶、さらには、あの栄養ドリンクや、ビールも書かれていました。その心遣いにイチローさんは・・・。 イチローさん:いやぁ素敵だわ。(カメラに向かって)これ見てくださいよ。かわいいでしょ?こういう茶目っ気が素敵です。これ(メニュー表)をいただいてもいいですか?これが欲しいです。 マネージャー:有り難うございます。 イチローさんを笑顔にしたお手製メニュー。 マネージャー:普段から練習試合などで相手校の方などに飲み物を出しているんですけど、その際にバリエーションを増やそうとやっていて。千葉明徳のグラウンドに来て頂いているということで、しっかりおもてなしをマネージャーでしたいなと思っているので、メニューなど手作りで作らせて頂きました。あんな風に喜んでくださると思っていなかったのですごく嬉しい気持ちでいっぱいです。 ■「カウントで追い込まれたら何を考えていましたか?」午後4時20分。バッティング練習では−。 西本健人選手(2年):2年の西本です。カウントで追い込まれた時に、イチローさんは何を考えていましたか? イチローさん:追い込まれた時?「あっ、追い込まれちゃった」って考えてた(笑)。高校野球で諦めるってことは絶対にないけどね。いかにそこで自分で攻めていけるか。攻めにいった中でバットに当てられるかどうか。その時に初めて結果が出るかもしれない。 西本健人選手(2年):攻める姿勢というか、イチローさんから教えてもらったことをしっかりと活かして練習や試合を頑張っていきたい。 午後5時30分、練習終了。2日間の練習が終わりました。 イチローさん:この冬を越して、春みんながどうなっているのか。注目しておきます。高校生はひと冬でほんと変わるからね。ピッチャーだったら10キロ、15キロスピードアップする人だっているし、野手だってきっかけつかめば全然冬とは違う選手になれるから。そのきっかけを今回つかんでくれたら嬉しいなと思って今この2日間一緒にいたんだけど。良い報告、みんながこんなにうまくなったとかこんな選手になったって聞くのを楽しみに。この先ずっと千葉明徳のことを気にしているので頑張って、それぞれね。監督の言うことを聞いたり聞かなかったりして、頑張ってください。有り難うございました! ■アマチュア指導イチローさんは2019年12月に学生野球資格回復研修を受け、昨年2月からマリナーズでの活動がないオフシーズンに限り、高校生や大学生への指導が可能となっている。 ■イチローさんのアマチュア初指導昨年12月、強豪・智弁和歌山高校を3日間指導。指導の最後に同校野球部員に「ちゃんとやってよ」との言葉を残すと、今年の夏の全国高校野球選手権・決勝で、智弁和歌山は智弁学園を9−2で下し、21年ぶり3度目の全国制覇を果たした。(04日01:46)

JNNニュース一覧