RSK山陽放送トップページ

【会見全内容】大谷翔平「落ち込むことも含めていい一年だった」帰国後初会見で今季振り返る

メジャーリーグ、エンゼルスの大谷翔平選手(27)が15日、日本記者クラブで会見。今シーズンを振り返り「落ち込むことも含めていい一年だった」と総括しました。
大谷:帰国するにあたりまして、メディアの各社の皆様から多くの要望を頂いてはいたんですけれども、一社一社お答えするには少し時間的にも厳しいものがありましたので日本記者クラブの皆様からこういう形で答えてはどうだという提案を受けて、今日は少しでもそういう質問にお答えできれば嬉しいかなと思ってます。宜しくお願いします。 ―(略)ケガの間どのような心境でプレーを続け、どのようなケアをして今季の大活躍につなげたか、今だから語れることがあれば。大谷:ちょっと質問が長かったので、何から答えていいのかちょっとわからないんですけども(笑)。ケガはやっぱりしてたので、精神的にきつい時もありましたけど、必ず投げられるようになると思って、執刀してくれたお医者さんもそうですし、毎日付き添ってくれたトレーナーもそうですし、必ずよくなると思ってやってきたので、不安はありましたけど、焦りはなかったですかね。今だから話せる話はちょっと特にないと思います。 ―今季対戦した打者と投手で印象に残った相手は。大谷:ピッチャーはオールスターで対戦したシャーザー投手(当時ナショナルズ)。僕がもっともっと若い時から見てたピッチャーだったので、いつか立ってみたいなと思う投手でもありましたし、そこはすごい印象にあるかなと思いますね。バッターはどのバッターも素晴らしいので、もちろんゲレーロJr.選手(ブルージェイズ)も素晴らしいですし、ぺレス選手(ロイヤルズ)もそうだし、1人っていうのはなかなか難しいかなと思います。 ―オールスター後、ホームランダービーに出場した選手は成績が落ちる。データを見ると実際は落ちたが、どのように分析、今後は?大谷:これ一つということはないですね。トータルで見た時に攻め方が厳しくなったりとか、チーム全体としてのバランスを考えた時にどこを勝負するのかとか。そういうのでバランスは変わってくるので、同じ実力でもどういうシチュエーションでバッターボックスに立つのかによって数字も変わってきたりするので、そういう意味では後半戦の方が厳しい場面が多かったかなと思います。 ―来季以降も四球が多くなるかと思う。敬遠攻めも。心の持ちようは?大谷:もちろん(エンゼルスは今季は)主軸のバッターが怪我で離脱しているというのが(四球が)増えている要因ではあるので、恐らく来年はそういうふうにならないと思いますし、僕以上にいいバッターがラインナップに並ぶのでそういう意味では今年みたいな攻めにはならないかなと思っています。なったとしても今年の経験を踏まえて冷静にバッターボックスの中で自分の仕事をできれば必ずいい成績が残るんじゃないかなと思ってます。 ―投手として、来季以降の手ごたえは?大谷:一番良かったのはイニング数、試合数をこなしたっていうのが一番だと思うので今年に関して。その中で、患部の馴染みだったり、体の馴染みだったりっていうのは後半戦に進むにつれてどんどんよくなってきていたので、そのへん調整の上で来年入りたいですし、そうすれば必然的に球速も上がると思いますし、コマンド力も必然的に高くなると思うので、あとはメカニックな問題であって、フィジカルを維持するっていうのが一番最初にやることかなって思ってます。 ―新庄新監督や日本ハムの感想、エールは?大谷:栗山さんが辞めるのでそこの寂しさも少しありますけど、単純に面白いんじゃないかなと思いますし。見てる方もワクワクして、見る人たちが野球を知らない人でも、そういう人たちが増えれば楽しいんじゃないかなと思うので、古巣じゃないとか関係なく単純に楽しんでみたいなと思ってます。 ―コロナ禍の中で、子どもたちにメッセージを。大谷:プレーする側としては、夢を与える、元気を与えようとは全く考えてないので、そう受け取ってもらえたら嬉しいかなと思って毎日頑張ってますし、そう受け取ってくれるのはその人がそういう感覚を持ってるからなので、そういう純粋な感覚があるならそれはそれで素晴らしいことですし。野球やってる子は特にうまい選手を目標に頑張ると思うので、僕自身がそれに値するようなというか、目指されても問題ないような人間として、今後も頑張っていきたいなと思ってますし、そうなるように子どもたちのことも応援してます。 ―栗山監督が退任。栗山さん・北海道のファンへ。大谷:本当に栗山さんには感謝しかないですし、あの時色々話して日本ハムに入ってなかったらこういう形ではここにはいないと思うので。さっきも言いましたけど少し寂しい思いはありますけど、長年頑張ってこられた方なので今後どうするかは分からないですけど、少しゆっくりリラックスした時間を過ごして欲しいなと個人的には思ってます。その分僕が頑張っていけたらいいなと思ってます。北海道のファンの方に関しては、あれ以来僕も北海道に行けていないのでなかなか直接っていうわけにはいってないですけど、テレビを通じて応援してくれたら嬉しいですし、もちろんファイターズで過ごした5年間っていうのも忘れずに今後も頑張っていけたらいいなと思ってます。 ―大舞台でメンタルをどう整えているのか、落ち込んだり愚痴を言ったりすることはあるのか?大谷:もちろん落ち込んだりしますし、今年の最後の方なんかメジャーに行ってからも一番精神的にというか・・・なかなかチームの勝ちもついてこないですし、ポストシーズンっていうその先の戦いも見えてこない中での戦いが多かったので、そういう意味では精神的にきつい場面っていうのが後半の方が多かったので。もちろん落ち込みますし、打てない、打たれたとか、そういうのも落ち込んだりすることはあるので。ただそうやって毎日毎日、メジャーリーグの場合は連戦連戦ばっかりなので、毎日毎日試合があって、良かった悪かったっていう結果は必ず出てくるので。毎日、今日は良かったな、ここが悪かったなっていうのが出てくることっていうのはすごい幸せなことじゃないかなって思ってるので。そういう普通の生活じゃ味わえないような、そういう経験をさせてもらってること自体すごい嬉しいことだと思ってますし、試合に出るからこそそういうのがあるのであって。今までケガしてる時はやっぱり出れない時とかもあったので、落ち込むことも含めていい一年だったなと個人的には思ってます。 ―連日の受賞ラッシュについてどう受け止めている?大谷:ありがたいなと思ってますし、個人的にはどんどん切り替えて、来年もっともっとまたそういった賞いただけるように頑張って行きたいなってふうに、切り替えていきたいなって思っているので。今年やってきた数字っていうのをそういうふうに評価してもらえるのは凄い嬉しいことだなとは思ってますね。ただ待ちわびるというか、そういう感覚ではないですし、さっきも言いましたけど切り替えてやっていきたいなとは思ってます。 ―メジャーでも大谷選手の影響か、二刀流のムーブメントの兆しが。大谷:それは個人的にはすごい嬉しいことだと思いますね。そういうふうに受け入れてくれるっていう環境があるだけでもやってる側としては嬉しいかなと思いますし、メジャーリーグなんかは見ててもやっぱり能力が高い選手はたくさんいるので。投げてもすごいんだろうなとか打ってもすごいんだろうなっていう選手っていうのはたくさんいるので、個人的には見てみたいなっていう、そういう人の可能性を見てみたいなっていうのが強いですかね。 ―二刀流の選手とも対戦してみたいと思う?大谷:そうですね。そうなったら楽しいんじゃないかなと思ってます。 ―マリナーズの菊池(雄星)投手と花巻東高校の先輩・後輩でオールスターに出場。ホームランダービーで打撃への手ごたえは?大谷:同時に出られたっていうのは、個人的にも嬉しかったですけど、おそらく(花巻東の)監督コーチの方が嬉しかったんじゃないかなと思うので。サインを二人で書いて送りましたけど、毎年毎年そういうふうに出れたら一番嬉しいかなって思いますし。オールスターのホームラン競争に関しても、本当に新鮮な良い経験をさせてもらったなと思ってますし、パワー勝負を一番トップのレベルでできるっていうのが、自分的にも嬉しかったですし、できるんだなっていうのを実感できただけで、もっともっと高いレベルで自分を持っていくことができるんじゃないかなと思うので。見てくれた方も楽しんでくれたらいいかなと思って出ていたので、(ホームランダービーの)結果は残念でしたけど、またチャンスがあればやってみたいなっていう感じかなと思います。 ―難病の翔平ちゃんとのかつての交流。伸び悩む野球選手に対してのメッセージ。大谷:出版される本については僕はノータッチなので分からないというところなんですけど、多くの寄付金が集まってくれたっていうのは僕の力ではなく寄付をしてくれた一人ひとりの方々のお気持ちだと思うので、そこはすごい嬉しいですし。時間的に間に合わなかったっていうのはすごい残念な事ですけどそういうのをキッカケにちょっと寄付してみようかなと思ってくれる優しい方がいたらすごく嬉しいです。そういう人が一人でも多くなってくれれば助かる命もあると思うので、すごい嬉しいことだなと思ってますし、僕自身もこれからそういう寄付であったりとか、なんていうんですかね、協力したいという気持ちになると思います。野球をやっている子どもたちへのメッセージに関しては、小学校、中学校で伸び悩むっていうことは正直ないかなと思ってます。それはもう心の持ちようかなと。必ず上手くなりたいという気持ちがあれば必ず伸びる時期なので、そう思うメンタリティーがやっぱりそっちの方が問題かなという事かなと思うので、高い目標を持って「こうなりたい」と思う選手の目標みたいなのを持っていれば、必ず良くなるんじゃないかなと思ってます。 ―故障と復帰を繰り返すことがあったが、原動力は。大谷:一番はやっぱり球場に足を運んでくれているファンの人じゃないかなと思うので、それは結果が出る出ないに関わらず、来てくださるファンの人もいるし、やっぱりそういうファンの人が喜んでる姿を見たいなというのが一番かなと思うので。あとは自分がこうなりたいなと思った目標に対して、やっぱり諦めきれない気持ちがそうさせてくれるのかなと思うので、日々の練習もそうですけど、そういう目標がそういう気持ちにさせてくれるのかなとは思ってます。 ―日本のファンの盛り上がりや応援はどのぐらい伝わっていた?大谷:(アメリカでは)向こうでは日本のテレビはほとんど見てなかったのでテレビからっていうのはなかったですかね。後はクラブハウスの中に記者の方が入るっていう事もここ2年くらいはないので、直接の声を聞くというのはあんまりなかったかとは思います。 ―ロサンゼルスに行って変わったと思うことは?大谷:変わったと思ったことはないですね。常に同じような感じで、今もそうですけど、いるので、変わったということはないかなと思います。 ―最初に日本に帰ってきたときに何を食べましたか?大谷:昨日隔離期間が終わったので、それまではずっと自宅待機という形だったので外ではまだ食べてないです。家で食べてましたずっと。 ―栗山監督が侍ジャパン(の監督)になった場合、2023年のWBCに招集されたらどうする?大谷:それは招集されてからかなと思いますし、先の話ではあるので。コンディションも含めて自分がやっぱり(選ばれるような)立場にいなければいけないので。日本のプロ野球の選手たちのレベルも高いと思いますし、それはやっぱり自分がまずそこのレベルを維持して招集されるという状況になってみないと、なかなか考えるということはないのかなというふうに思いますね。 ―この4年間で(野球で)一番の選手にどこまで近づけたのか、足りなかったと思うところは?大谷:足りなかったと思うところは沢山ありますね。ただその目標に向けて確実にレベルは上がったかなと思うので、そこは自信を持って言えるかなと思いますし、何をもって(野球で)一番かというのは少し曖昧な所ではあるので、そこがまた良かったりするんですけど、これからも目指していきたい目標ではあるかなと思います。 ―東日本大震災から10年の節目の年、東北出身の大谷選手の思いは?大谷:何年経っても気持ちは変わらないですし、節目としては一つあるかもわからないですけど。僕も高校生だったので忘れることはないかなと思うんですけど、出身の岩手だったりとかその近辺、僕を近くで見てくれた人たちっていうのは、活躍するのをとても喜んでくれる人たちが多いので、すごい勇気づけられることもこちらもありますし。逆にプレーを見てそう言ってもらえるのが一番ありがたいことかなと、こちらとして嬉しいことかなと思うので、そういう人たちが一人でも増えてくれたらこちらとしてもやりがいがあるかなと思うので、頑張りたいなとは思ってます。 ―私生活で一番お世話になった人は?大谷:お世話になったのはやっぱり(通訳の水原)一平さんじゃないかなと思います。常に一緒に仕事をしてますし、それはその通りじゃないかなと思います。 ―支えになった言葉は?大谷:奮起する言葉・・・基本的に人に相談するっていうことがあまりない人間なので、そんなにないですかね。 ―家族と連絡は?大谷:家族ですか?来ることはありますかね、まあその・・・でもそんなに長いことは(連絡を)とらないですかね。(たわいもない話?)そうです。 ―エンゼルスのマドン監督は?外野手を含めた三刀流も示唆していた。 大谷:マウンドを降りたあとは今年も何試合か守ったりしてたので、それはその通りかなと思いますし、後はスタートから外野にいくっていうのは監督だけじゃなく、もちろんGMがトップでチームを編成しているので、来年のチームのバランスによってかなっていうところかなって思うんですけど。できるというのがあれば一つ選択肢が増えるので、ゲームの後半なんか特に野手を切りたい場面(野手をあまり使いたくない場面)であれば他の選手を切りやすくなったりとかするかなとは思うので、できるにこしたことはないかなっていう、今のところはそういう感じかなと思います。 ―今シーズンを振り返って一番印象に残っているプレーは?大谷:DHを解除した試合(4月4日のホワイトソックス戦で今季1号本塁打を放つ)は思い出というかなんていうんですかね。大きかったかなとは。個人的にもそうですし、今シーズンこうやって最後まで戦い抜く中でもなんていうんですかね、スタートの1試合として皆が不安なくスタートするためには重要な1試合だったかなと思うので。そこをバランス良くスタートできたっていうところは凄い大きなことだなと思います。 ―印象に残っているホームランは?大谷:印象に残ってるホームラン・・・この1本っていうのはないですかね。46本まず打てたっていうのが一番かなと思います。 ―母校の花巻東が来年のセンバツに出場。監督・選手にメッセージを。大谷:優勝目指して頑張って欲しいなということかなと思いますし、僕も目指してはやってましたけど、なかなか行けるとこではないので。甲子園っていうのは1つ大きな目標ではあるとは思いますけど(11月に行われる)明治神宮大会もすごく大きな大会なので、優勝目指して頑張って欲しいなと思います。 ―監督について大谷:監督はそうですね、連絡は取り合ってたりはするので、この場でっていうことはないですけど、監督に関しても勝つのがやっぱり一番気持ち良いところだと思うので、ぜひ優勝して欲しいなと思ってます。 ―今シーズン技術的に向上した点、改善した点は?大谷:一番はフィジカルがしっかりしてたってとこですかね。技術ではないですけど、そこがやっぱり技術に一番結びつくところなので、基本的にはしっかりフィジカルがあることによってできる動きが増えてくるっていう所で言うと一番はフィジカルになってしまうかなと思います。 ―投打のフォームの取り組みについて。大谷:毎年状態が良くても悪くても少なからず微調整は続けていくので。ピッチングに関してもバッティングに関しても今年調子がいい時期でも微調整を繰り返しながらちょっとずつよくなるっていうのが多かったかなとは思います。 ―現在のトレーニング状況、2週間の隔離期間について。大谷:2週間くらいはほとんど動かずにアメリカでは休んでいたので、他の仕事を続けたりとか。日本に帰ってきてからここまで2週間くらい自宅でトレーニングをまずしていたというところですかね。昨日から外に出て動き始めたりしてるのでスローイングは今日のこのあとからちょうどやります。 ―(19日発表の)MVP発表はどこで待つのか?大谷:どこなんでしょうね、わかんないです。 ―アメリカに住んでみて見えてきた日本の税制など、気づいたことや要望、意見は?大谷:ロサンゼルスは税率が高いので、自分の稼いでいる半分ちょっと多いくらいは納めないといけないのでそれは納めますし。特にこう消費する、ということはあまりない方なので、今のところは貯まっていく一方かなと思ってます。 ―今シーズン、メンタル面で切り替えたこと、考え方を変えたりはした?大谷:考え方を変えるというのは特にはないですね。ただ、ケガも続いてましたし、去年もあまりいいシーズンだとは言えないシーズンだったので、チャンスも含めて、これから先多くのチャンスをもらえる立場ではないなというのが一つ大きく違うところかなとは思うんですけど。そんなにメンタル的に何を変えたかっていうのはないですかね。ただ試合に出てればやっぱり「勝ちたいな」と思うのが普通ですし、チーム的にやっぱり苦しい状態が続いていたので、そこに対してのより「勝ちたいな」という気持ちはやっぱり、毎年毎年高くなってきてるかなとは思います。 ―ご家庭を持つタイミングについて考えていることは?大谷:タイミングですか?タイミングは特に考えてないですね。良きタイミングでというか、そうなるようにしかならないものだと思っているので。 ―まだもう少し先?大谷:そうですね、今のところはまだまだ先じゃないかなとは思ってます。 ―二刀流について日本にいた時と変わりつつあるのか、変わっていないのか。大谷:今は変わらないですね。ただ1年目やるにあたってはアメリカの方がもちろんこう懐疑的な声はありましたけど、受け入れてくれる器というかそういうなのは広いなと感じたので。どちらかというと日本の1年目とかの方がなんて言うですかね、幅としては狭かったのかなという印象が強いので、今は何も気にすることなくというか後は自分が結果を出すだけなのでそういう意味では変わったかもしれないですけど。特には大きく何かを変えるということはなかったかなと思います。 ―二刀流をこれから先も続けていきたい?大谷:そうですね、ここまで頑張ってきましたし、もっともっと高くいけると思ってるのでまだまだ頑張りたいなと思ってます。 ―日本ハムの2023年の新球場のニュースについて気になる?大谷:そうですね。(画像が)送られてきたりとか、関係者の方からはするんですけど、どういうふうになるのかは興味深い所かなと思います。 ―いつか日本ハムの新球場でプレーしてみたいという思いは?大谷:今は全然考えてないですね。やっぱりメジャーリーグでやり遂げるっていうことしか考えてないですし、そこで出し切るということしか考えてないので、これから先どうなっていくかっていうのはわからないですけど、今はそれしか考えてないですね。 ―マドン監督のもと、シーズン通じて投手・野手と1年間通じて出場。来年への楽しみは?大谷:シーズンが始まる前からそういう形になるというふうに決まってたわけではなくて、自分が出られると思った試合は監督とコミュニケーションを取りながらやっていこうっていう感じでスタートして。思ったよりも出られるねっていう感じでシーズン通してできたので、それが出来ると分かったことが一番良かったことかなと来年につながる事かなと思ってます。 ―来年もっともっとやれるというイメージは今の段階でできている?大谷:そうですね、バッティングもそうですけど、特にピッチングなんかはイニング数そこまで多くはないので、その数を増やしていけたらもっともっと高いレベルで数字も残るんじゃないかなと思ってます。 ―体調管理の面。食事で変えたこと、こだわったことは?大谷:シーズン中はもうなんていうんですかね、ビュッフェ形式というか球場でもそういう感じで出てるのである程度決まったものの中で自分で取っていくスタイルですし。ホテルに帰ればホテルの物であったりっていうのしかないので、シーズン中はどちらかというとカロリーと運動量のバランスを考える事くらいかと思います。どちらかというとオフシーズンの方が今とかの方が栄養素に関しては細かくやっていくイメージかなと思います。 ―日常生活のなかでひらめきを見つけるのが楽しみと言っていたが今季一番のひらめきはどういうシチュエーションでどんなひらめき?大谷:なんですかね、カットボールは多めに投げてはいたんですけど、それは後半に入るのにもすごく大きかったかなとは、スプリットもそうですけど、その二つは大きかったですね。 ―日常生活のなかでのひらめき?大谷:そうですね。寝ている時とかなんかいけそうだなっていうのが出てきたりするのがこう・・・なんていうんですかね、やってて面白いなって、次の試合で試してみようとかていうのが、一番やってて面白い所かなと個人的には思ってます。 ―ひらめくのは寝ている時?大谷:そうですね、ふとした時にいけそうだなと思って、次の日やってみたりとか、次の試合やってみようっていうのをキャッチャーと相談して試してみたりとかっていう感じですかね。 ―ベーブルースと比べられることについて。大谷:比較していただけるだけでとても光栄なことというか、もちろん残した数字だけではない方だと思うのでそこが一番凄いのであって。そういうふうになるっていうのが一番選手としてもいつまでも覚えてもらえる選手というのはなかなかいることではないので、そこが選手として目指すべきもののひとつかなと思いますし、そういう方だなっていうことです。実際やっているところを見てるわけではないけど、多くの方が知っているっていうのはすごいことだなと思います。 ―このオフで重点的に取り組むこと、来年の具体的な目標にしたい成績は?大谷:一番はフィジカルを保っていくっていうか、さらに向上させていくっていうところかなとは思うので。患部も含めて本当に100%、120%っていうわけでないので、もっともっとやる余地はあるかなとは思ってますし、キャンプインまでにそこを詰めていって、そうすれば必然的にスキルの部分でも気づくことが多くなってくると思うので、後はそこからのすり合わせは、スプリングトレーニング(キャンプに)に入ってからかなと思います。 ―具体的に目標にしたい成績は?大谷:一番は数じゃないかなと思っているので、どれくらい試合に出れるかどれくらい打席に立てるかどのくらい登板できるかというのが一番なのかなと。あとはやれることをやって残った数字っていうのはシーズン終わった後に良かった悪かったっていうのが自分で振り返ればいいかなと思っているので。一番は健康でシーズン通して出続けることかなと思ってます。 ―アメリカでの活躍について“異次元な活躍だ”とよく報道されていたが、どのように感じていた?大谷:僕自身はやってる方なので、特に自分がやってることに対してすごいなという感覚はないですね。ただ違ったことはやってるので、単純にそう見えるっていうところもあるかなとは思いますし、そういうサンプル自体が少ないので、今後(二刀流が)多くなってくればこの数字がすごいのかすごくないのかっていうのもよりはっきりしてくるかなとは思ってます。 ―同級生の広島・鈴木誠也選手がメジャー挑戦の意向を示しているが、もし実現すればどのくらいの活躍を予想するか?対戦する可能性があるがその心境は。大谷:ポスティングするかどうかまず分からないので(16日にメジャー挑戦が決定)その後のことは分からないですし、本人が行きたいのか行きたくないのかっていうのもちょっとわからないので、実際に行った時の数字っていうのは正直予想できないです。自分自身ですら予想できないので、他の選手ってなってくると毎年毎年レベルも上がってますし、同じことをやってては同じような成績は残らないので。僕自身も今年と同じようなことをやっていても来年同じような成績が残るかといったら来年そうではないので、常に上を目指さないといけないと思いますし、どこでやるにしてもそういう気持ちじゃないかなと思うので。同級生ですし、ずっと応援はしてますね。 ―バッターとして鈴木選手をどのようにみてる?大谷:そんなに多く対戦してるわけではないのでわからないですけど、おそらく今のプロ野球の中では頭抜けてるくらいの方じゃないかなと思うので。実際に向こうで対戦する機会があればそれはそれで楽しみですし、やってみたいなっていうのはもちろんあるかなとは思います。 ―松坂投手の存在、松坂世代と言われている選手たちの存在はどのように感じている?大谷:僕の印象はやっぱりボストンレッドソックスのイメージが強いかなっていう。その移籍するしないのところかなっていう感じですけど。いま振り返って成績を見てみても素晴らしいですし、実際に投げてる映像とかを今見てもやっぱりすごいなっていう印象を受けるので、できれば実際に打席の中とか見てみたいな、見てみたかったなっていう気持ちはありましたけど。長い間頑張って素晴らしい成績をおさめて来られた方なので、お疲れ様でしたということと、今後何かさらに野球界を盛り上げてくださればすごい嬉しいかなと思ってます。 ―小さい頃松坂投手の姿を見て、勇気をもらったり、かっこいいなと思ったことは?大谷:かっこいいなとは思ってますね。やっぱり投げ方もそうですし、ワインドアップで投げるピッチャーっていうのも少なくなってきてるので、真似したりとか、常に見てきた投手だなと思います。(17日13:30)

JNNニュース一覧