淵本 文枝

人形劇の祭典喜之助フェスティバル

2017年8月18日

8月19・20日に瀬戸内市中央公民館などで、第29回瀬戸内・喜之助フェスティバルが開催される。世界的な糸操り人形師竹田喜之助を顕彰するこのフェスティバル。プロ劇団5、地元アマチュア劇団6、東京から竹田氏の直弟子、鈴木友子さんがトークと幻の映画「明治はるあき」の上映もある。明治スタートから100年の今から50年前に作られた日本初の国産トーキーえいがを手掛けた五所平之助監督の作品で、人形の製作と操りは竹田人形座が全て担当した。朗読は宮城まりこさん、久米明さん、歌はフランク永井さん。その他3D糸操り人形劇、一遍上人物語も上演される。糸操り人形を作れるワークショップは20日に開催。たくさんの人形劇をみて、しくみも教えてもらってまるで生きているような人形の世界にドップリ浸ってみてはどうでしょう。子供も、大人も楽しめる祭典です。入場2日分で3歳~中学生500円、高校生以上1000円当日は200円増。

 


渡壁 恵子

☆夏の幻想庭園☆

2017年8月16日

今日は岡山市北区にある後楽園へ☆ただいま夏の幻想庭園が開催中です!

8月も中盤に入り大勢のお客様で賑わっている後楽園。夜になるとまたガラッと雰囲気が変わります☆ステージショーやビアガーデン、和の学校に体験会。また今年は沢の池で幻想絵巻が開催され池の水面を幻想的に彩っています。

その他にも折り鶴光の舞や、約300個の風鈴のトンネルを通る涼の小径と見どころいっぱい☆

ご家族揃って足を運びくださいね( ´∀`)♪幻想庭園は8月31日までです☆


渡壁 恵子

☆吉備路文学館☆

2017年8月15日

今日は岡山市北区南方にある吉備路文学館へ☆ただいま山田方谷 没後140年特別展「ほうこく先生が子供たちへ伝えたいこと」が開催中です!


儒学者でもあり、政治にも携わり、最後は教育者として全力を尽くしてきた山田方谷に関する資料約60点が並んでんでいます。

掛け軸や書、漢詩、方谷が実際に使っていた硯など見どころある展示物をはじめ、各コーナーにマンガ仕立てで紹介パネルが掲げられています。
こちらは方谷が4歳のときに書いた書。4歳とは思えないほど力強い作品です。

この頃から才能を見初められて学問の道へと進んだ方谷の人生を11のセンテンスに分けて解説。
小学生の子供たちから大人までわかりやすく楽しい展示となっています。

また夏休みの自由研究にもぴったり!子供たち向けの山田方谷クイズも☆

合わせて講演会が8月26日、9月24日の14時~行われます。

お問い合わせは電話番号086-223-7411まで☆


淵本 文枝

奥山いちご農園plate問屋町ポップアップショップ

2017年8月11日

 

岡山市東区豊田の奥山いちご農園が、夏季限定のいちごの専門カフェを北区問屋町にオープンしている。いちごハウスを彷彿させるアーティスティックな店内でふわふわ削りのいちご、いちごのシロップジュース、アイスのいちご朝摘みのいちごを冷凍させ薄くスライスした100%いちごのデザート。いちごシロップといちごの果肉をかけて優しい甘さが口の中で溶けていきます。スプーンですくうのが難しいほど、果肉スライスは弾力がある。ビタミンを頂いている感じでデザートというより、食事をした感覚。9月22日までの限定ショップなので、この夏チェックして。営業は、月、火、水、金11時~18時中仙道郵便局を東に入る。

 

岡山市北区法界院の半田山植物園展示ホールで、へんな植物という企画展が開催されている。9月10日まで。見た目や生態などユニークな特性を持った植物にスポットをあてたもの。オオミヤシの種子は30センチほどの大きなもの。高さ3メートルほどに成長するのは、燭台オオコンニャク。くさい花・スタペリア・ヒルスタは、ハエを寄せるために、肉の腐ったような異臭を放つ。変なものも、実は、進化の過程で出来上がったもの。夏休みの自由研究の、参考になるかも。