淵本 文枝

くらしきの陶芸家大集合

2018年6月22日

倉敷アイビースクエアのアイビー学館で今日からくらしきの陶芸家大集合というイベントが始まった。倉敷に窯を持つ15人の作家がそれぞれ30~50点作品を持ち寄り、24日まで対面販売をする。去年倉敷陶友会30周年を記念して初めて開催したが、作家と直接話ができるという事で、好評につき今年も開催。陶器、磁器、備前焼など色んな種類が揃う。何代にもわたり受け継がれている窯は勿論、建築から、彫刻から陶芸の世界に入った作家など、とても個性豊か。会場には器に合わせて倉敷華道連盟の会員が花を生けているコーナーもある。入場無料、24日まで。

午後は源平藤戸合戦ゆかりの倉敷市藤戸町の藤戸寺に沙羅双樹の花を見に行きました。客殿に入ると中庭が広がり、15本程の夏椿、沙羅双樹が可憐な白い花をつけている。早朝5時には花が開き始め、夕方開いたままはなが落ちる。「沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらわす。」のように1日の命のはかなく、美しい花だ。明日、明後日の2日間沙羅の花を見る会が開催される。源平藤戸合戦の様子を描いた盛綱先人大絵図や250年前に掘られた木像、貴重な軸などが2日間展示される。入場無料。8時30分~15時まで。年に2日限りのお楽しみです。


渡壁 恵子

☆出逢い.出会い.de愛&岡山トヨペット本店☆

2018年6月21日

今日は岡山市北区駅元町にあるまちかど美術館サンホセへ☆

第8回山田千代子創作の世界 「出逢い.出会い.de愛」展が開催中です。

ハンドメイドのジュエリーを手がける山田さんの作品約220点が展示販売されています。

素材はアンティークパールからスワロフスキー、ベネチアンガラス、クレイシルバーなどさまざま!
素材を生かし、山田さんらしい素敵なデザインが目を引きます☆

今回はアクセサリーの歴史も学びさらに作品に深みが増しています^ ^

手に取りやすいデザインのブローチやネックレス、イヤリング、コサージュなど どれも素敵な作品ばかり!

きっとお気に入りが見つかるはずです☆ぜひ足を運びください。山田さんは常時 在廊てくださっているそうですよ^ – ^

午後からは岡山市南区古新田にある岡山トヨペット本店へ。セールスプロモーショングループの澁谷さんにハッピーサーズデー、リミテッドパッケージのお話をかがいました。

毎月第3木曜日は女性のためのイベントハッピーサーズデー☆

今日もたくさんの女性客で賑わっていました♪お茶とお菓子のサービス、素敵なプレゼント、ワークショップなど女性が気軽に立ち寄れる空間なっています(^^)

次回も楽しみですね!

またリミテッドパッケージでは話題のアクア、タンクが驚きのパッケージ価格で登場!!

ぜひ岡山トヨペット本店まで足を運びくださいね☆


渡壁 恵子

☆倉敷作陽大学防災イベント&GLASS APARTMENT☆

2018年6月19日

今日は倉敷市玉島長尾にある倉敷作陽大学へ☆
本日地域と共に取り組む炊き出しシュミレーションが開講していました。

昨日大阪で大きな地震がありましたが、いざというときの備えは大切です。

栄養士を目指す 倉敷作陽大学の食と健康コース3年生総勢40名が実際の災害時を想定し、地域住民が連携しておいしい炊き出しの試食や講演会などを行います。

災害時の食事提供は、混乱した状況の中、長い避難所生活の日々を見通した準備が必要だといいます。

倉敷作陽大学では栄養士養成教育において災害時に被災者一人ひとりを支える支援ができる災害時コンシェルジュを目指しているそう。

今日は玄米の炊き込みご飯、味噌汁、野菜ジュースと衛生面、栄養面にも配慮した炊き出しが行われました。

また災害時に必要となる保存食の展示や講演会も行われていましたよ!

災害備えて気を引き締めなければと思わされる1日でした。

午後からは倉敷市南町にあるGLASS APARTMENTへ。メガネの販売とカフェバーが融合したユニークなお店。

開店して9年を迎えるそうです!オーナーの安藤さんが眼鏡屋さんと飲食店を経験していたことがきっかけ。

ゆったりとした雰囲気でメガネを選んでいただければと飲食も始められたそうです。

メガネの種類も10ブランド約300種と流行の形から定番のものまで幅広くとり扱っておられます。

またカフェメニューもオムライスやパスタなど充実♪

そんな素敵なお店ですがいよいよ来月、老松町に新しくお店がオープンするそうです!

もちろんメガネ&カフェバーのお店。広さも広くなり、結婚式の二次会などにも利用していただけるようなお店を目指すそうです(o^^o)

今後も目が離せませんね!!


淵本 文枝

永瀬清子企画展

2018年6月15日

赤磐市松木の熊山ふれあいセンターにある、詩人・永瀬清子展示室で、企画展「メモとスケッチ-永瀬清子の絵」が開催されている。永瀬清子さんの描いた、詩や随筆の挿絵、旅先でのスケッチ27点が展示されている。原稿用紙の端や包み紙の裏に描きとめているのだが、詩をいつも目に見える形にし、色も思い描く永瀬清子さんのイマジネーションが良くわかる展示になっている。幼い頃から本格的に南画を習っていて、画家にもなりたかったというだけあり、どれも趣がある。絵と一緒に、詩などの作品を味わうと、更に深くその世界に導かれることでしょう。7月22日まで入場無料。

午後は備前市大内の大滝山西法院・通称あじさい寺に行きました。たくさんの参拝客で賑わっていました。ここには40品種、1000株以上、3万本程のいろとりどりのあじさいが今見頃。今日からあじさい祭りが始まった。参道の坂道の両サイド、本堂の奥の裏山にびっしり紫陽花が植えられている。そして正面には大滝山の谷に沿って、長い滝が白龍のように降りてきている。雨量によって滝の様子も変わるという。7月1日までのあじさい祭り期間中はお抹茶の接待やオリジナルせんべいの販売、俳句・川柳・短歌を募集している。川の音、鳥の声、紫陽花に包まれ、ゆっくり過ごしてみては?