山陽電子工業スペシャル 磯田道史歴史トーク「岡山戦国絵巻 宇喜多直家と秀家」

日時:2019年9月30日(月)
[開演]14:00~
場所: 岡山市民会館
(岡山市北区丸の内2-1-1)

 
ご応募ありがとうございました。

なお、イベントについて詳しくはRSK山陽放送 企画事業部までお問い合わせください。

戦国時代に備前を平定。
岡山城を築城し、今の岡山市街地の礎を築いた宇喜多直家、秀家親子の本当の姿とは?
岡山市出身の歴史家の磯田道史さん、「宇喜多の捨て嫁」「宇喜多の楽土」で直家、秀家を描いた歴史作家の木下昌輝さん、岡山市出身の気鋭の宇喜多秀家研究家の大西泰正さんが戦国・宇喜多時代の岡山をじっくりと語ります。

第1部 歴史トーク「戦国の智将 宇喜多直家」

パネリスト:磯田道史木下昌輝(歴史作家)大西泰正(歴史学者)

司会:RSKアナウンサー

第2部 歴史トーク「波乱の武将 宇喜多秀家」

パネリスト:磯田道史木下昌輝(歴史作家)大西泰正(歴史学者)

司会:RSKアナウンサー

出演者プロフィール

磯田 道史

磯田 道史
(いそだ みちふみ)

1970年生まれ、岡山県出身。実家が鴨方藩重臣の家系だったことから、幼いころから古文書に興味を持つ。現在、国際日本文化研究センター准教授。映画『武士の家計簿』や『殿、利息でござる!』の原作者であり、平成の司馬遼太郎と呼ばれる歴史家。近著『日本史の探偵手帳』(文春文庫)。

木下昌輝

木下昌輝
(きのした まさき)

1974年奈良県生まれ。近畿大学理工学部建築学科卒。2012年「宇喜多の捨て嫁」でオール讀物新人賞を受賞。14年、受賞作を含む単行本『宇喜多の捨て嫁』が直木賞候補となり、15年に歴史時代作家クラブ賞、舟橋聖一文学賞、高校生直木賞を受賞。19年『天下一の軽口男』で、大阪ほんま本大賞を受賞した。

大西 泰正

大西 泰正
(おおにし やすまさ)

1982年生まれ、岡山県出身。京都教育大学大学院修了。現在、石川県金沢城調査研究所所員。専門は織豊期政治史。近著に『論集 加賀藩前田家と八丈島宇喜多一類』(桂書房)、『前田利家・利長―創られた「加賀百万石」伝説―』(平凡社)、『「豊臣政権の貴公子」宇喜多秀家』(角川新書)がある。

テレビ放送

RSKテレビにて、今回の歴史トークをまとめた番組を30分の特別番組として放送の予定です。

放送日時
10月27日(日)
15:00~15:30

  • 注意事項
    • 応募多数の場合は、抽選となります。
    • 当選者には、招待状を発送いたします。
    • 未就学児はご入場いただけません。
  • 個人情報の取り扱いについて
お問い合わせ
RSK山陽放送 企画事業部 TEL:086-225-7300
(平日9:00~18:00)