永瀬清子の世界タイトル

岡山県出身の詩人・永瀬清子さんの詩をRSKアナウンサー 小林章子の朗読でお届けします。

永瀬さんの世界へ、心を踏み入れてみませんか?

今週の詩

2024.5.20.~2024.5.25.

『 植林の詩(うた) 』

      
永瀬清子さんは、
1950年の随筆「山刈り」の中に、
植林の前、山全体にびっしり生えつまった「女子竹(おなごだけ)」を刈り取ったことを書いています。
女子竹を初めて見て
「筆の軸!ああこれは大変な天然資源ではないのかな、或いは天然記念物ではないのかな」と驚き、
そのときの山の様子を
「生えつまっていても竹なので、なんとなくすき通り、奥行きが明るくて葉ずれの音と一緒に金色の陽の光がチラチラしている」
と表現しています。
永瀬さんは、山仕事の中にもユーモアや美しさを見出し、その感動が作品となっています。
<文・小林章子>
 

永瀬清子さん プロフィール

永瀬清子さんの写真

1906年、現在の岡山県赤磐市に生まれました。

1995年、89歳の誕生日に生涯を閉じるまで、生涯現役の詩人を貫いた「現代詩の母」です。

多感な時期を金沢・名古屋で、結婚して大阪・東京で暮らし、1945年に夫の転勤で岡山市に帰りました。

戦後、現在の岡山県赤磐市松木で農業に従事しながら詩を書き、詩の雑誌「黄薔薇」を創刊。

岡山県詩人協会の初代会長も務め、後に続く詩人を育てました。

また、ハンセン病の入所者とともに詩を書き、選挙により豊田村の教育委員、岡山家庭裁判所の調停委員、世界連邦運動に参加、近代岡山の女性史研究を行うなど幅広い活動も知られています。

番組へのメッセージ

番組では、ご感想や朗読してほしい詩のリクエストを募集しています。

過去の放送をPodcastで配信中!

朗読

RSKアナウンサー
小林 章子
(こばやしあきこ)

岡山市生まれ。

RSKイブニングニュースで永瀬清子さんをテーマに取材。

2003年 第29回アノンシスト賞・優秀賞「テレビ 実況・フリートーク部門」

2010年 第36回アノンシスト賞・優秀賞「CM部門」

2013年 第39回アノンシスト賞・優秀賞「ラジオ 読み・ナレーション部門」など受賞。