ブラヴォー!!岡フィル!!~もっとクラシック~ ブラヴォー!!岡フィル!!~もっとクラシック~

土曜日 ごご4:30~5:00

岡山フィルハーモニック管弦楽団とRSKラジオがお送りするクラシックを誰でも存分に楽しめる「敷居の低いクラシック番組」。
毎週、岡フィルメンバーがゲスト出演。演奏している楽器の特徴やこだわり、また、おすすめ楽曲の紹介・聴き所、もちろんコンサート情報まで、クラシックのさまざまな情報をお届けします。

♪ 過去の放送内容一覧 ♪

2024年5月25日予告

岡山文化芸術創造専務理事・法人事務局長 髙次秀明さん

岡フィルは、5月25日シンフォニーでの定期演奏会に続き、同じプログラムで26日には津山文化センターで第2回津山定期演奏会も開催、音楽の輪が広がれば、と話す髙次さんだ。
今回選んでくれたのは、隠れたエピソードを持つシューベルト作曲「ます」とラヴェル作曲「亡き王女のためのパヴァー二」。
隠れた物語はいつもおもしろい、エピソードは番組でどうぞ。
そしてもう1曲、岡フィルの7月7日第81回定演のプログラムであるマーラー作曲交響曲第5番、大曲だ。
岡フィルにとっても大編成となる総勢90名がステージに上がる。
期待を込めてブラヴォー!岡フィル、七夕の大演奏会をお聞き逃しなく!

2024年5月18日放送

岡山文化芸術創造専務理事・法人事務局長 髙次秀明さん

ハレノワが開館して9か月、クラシック音楽のシンフォニーと多彩な芸術を鑑賞できるハレノワで、まさに岡山の文化芸術を創造する場が整った。
今年に入り、演奏会や音楽イベントも完全復活、髙次さんも多忙な日々を送る。
そんな中、今回は、5月25日開催の岡フィル第80回定期演奏会にスポットを当て、当日のプログラムの楽曲をご紹介。
モーツアルト作曲フィガロの結婚序曲、ヴェートーベン作曲交響曲第3番「英雄」、そしてゲスト出演のチェロ奏者・上村文乃さんにちなんで、チャイコフスキー作曲ロココの主題による変奏曲をお届けする。

2024年5月11日放送

岡フィル ヴァイオリン奏者 長坂拓己さん

ヴァイオリンをやめた時もあったと語る長坂さん、話してくれたのは、ドラマのような高校時代だ。
人生初めての挫折、多感な頃に出会った友達の優しさと友情、涙が出そう、と奥富アナがうつむいた。
ハンガリーでの留学体験も含め、ユニークな選曲は、先週に続き「演奏されない室内楽」。
メンデルスゾーン作曲ピアノ六重奏曲など、お聞きください。

2024年5月4日放送

岡フィル ヴァイオリン奏者 長坂拓己さん

185cmの長身、茶髪、スタイリッシュな長坂さんは、演奏会でも目立つ存在だ。
そんな長坂さんがヴァイオリンを始めたのは8歳の時、クリスマスのプレゼントTVゲームをやり過ぎて機嫌を損ねた母へのご機嫌取りだった。
レッスンが大嫌いだったという長坂さん、スポーツ少年だったころを振り返りながら面白い話題が続く。
今回の選曲のテーマは「演奏されない室内楽」。
パガニーニやバッハ、エルンストの知られざる名曲をお届けする。

2024年4月27日放送

岡フィル ヴィオラ奏者 大道真弓さん 土居綾子さん

さらさらのストレートヘア、優しく響くアルトヴォイス、美人姉妹のようなおふたりは、「ヴィオラデュオ フルール」を結成して7年になる。
ヴィオラ2本という珍しいスタイルで、教会やレストランなどでのライブも活発に行っており4月29日も、倉敷の町中華「キムラヤ」で行う。
ワインもビールもあるオトナな時間、クラシックと昭和歌謡というプログラムもお洒落なライブになりそうだ。
今回の聴きものは、ヴュータン作曲カプリツィオと、フリードマン・バッハ作曲2つのヴィオラのための二重奏曲、幻想的な春の宵に包まれるようなひと時をお過ごしください。

♪ 過去の放送内容一覧 ♪

番組へのお問い合わせ

〒700-8580
RSKラジオ
「ブラヴォー!!
   
岡フィル!!」係

E-mail:
classic@rsk.co.jp