岡山県の国道には、年間およそ135トンものゴミが捨てられています。その処理費用は年間2,000万円にものぼります。
そのことを知った岡山県の小学生のはるちゃんは、1年生のときから自分にできることをやろうと、道路のゴミを拾い続けています。道路をきれいにしたい。道路に緑が欲しい。みんなできれいな道路を走りたい。
山陽放送ではこの小学生はるちゃんの思いをきっかけに「ゴミのポイ捨て防止」を呼びかけるキャンペーンを展開しています。みなさんもゴミのポイ捨てをしないよう、させないよう心がけ、一緒に取り組んでいただけませんか?

【岡山国道事務所管内のゴミの処分費
2015年度
〔国道にポイ捨てされたゴミ〕 およそ65㎥(45リットル袋で約1,500袋)
〔拾うために使われた税金〕 1,000万円

岡山国道事務所より

旭川 一斉清掃活動

旭川清掃昨夜、開催された「おかやま桃太郎まつり 納涼花火大会」の会場となった、旭川河川敷で清掃ボランティアによる一斉清掃が行われました。

続きを読む≫

ゴミポイ捨て防止プロジェクト 親子シネマ鑑賞会

親子シネマ鑑賞会RSKでは子供たちに『ごみポイ捨て』について考えてもらいたいと、毎年岡山市PTA協議会と共催で「ゴミポイ捨て防止プロジェクト親子シネマ鑑賞会」を開催しています。

続きを読む≫

ゴミポイ捨て防止プロジェクト 親子シネマ鑑賞会

親子シネマ鑑賞会毎年岡山市PTA協議会と共催で
「ゴミポイ捨て防止プロジェクト 親子シネマ鑑賞会」を開催しています。

続きを読む≫