新シーズンに向けて 岡山シーガルズ練習再開

新シーズンに向けて シーガルズ練習再開 バレーボール

バレーボールの岡山シーガルズが新シーズンに向けて練習を再開しました。ベテラン選手2人が引退し、若手選手の活躍が期待されています。

12日間の長期休暇を終えた24人の選手が、ホームの赤磐市で練習を始めました。
夏場恒例のサマーリーグが中止になったため、実戦感覚を補おうと、ゲーム形式の練習で汗を流しました。
昨シーズンで、エースの佐々木萌選手と吉田みなみキャプテンが引退し、今年は、若手の活躍が期待されています。
河本監督から得点源として期待されているのが6年目・居村杏奈選手です。
昨シーズンは途中出場が多い中177cmの身長を生かしたスパイクで活躍。
今年こそは、チームの主軸を目指します。
また、コート上の精神的な柱として期待がかかるのが、リベロの楢崎慈恵選手です。
守備の中心、そしてベテランが抜けた精神的な穴を埋めたいと意気込みます。
昨シーズン、6年ぶりに準優勝を果たしたシーガルズ。
10月に開幕予定のリーグ戦まで若手を強化し、悲願の初優勝を目指します。

タイトルとURLをコピーしました