パラリンピック陸上 生馬選手が特別授業

パラリンピック陸上 生馬選手が特別授業 東京五輪

2021年開催される東京五輪パラリンピックを前に子どもたちに障がい者スポーツの魅力を知ってもらおうと、パラ陸上の生馬知季選手が特別授業を行いました。

拍手とともに登場したのは、パラ陸上200mの日本記録を持つ生馬知季選手です。
福浜小学校で行われた特別授業は、選手と触れ合うことでスポーツの魅力を感じてもらおうと岡山市が開いたものです。
生馬選手は中学の時の自分の体験を通じて、熱中できるものを見つけて欲しいと語りかけました。
また児童たちは、時速30km以上出る競技用の車いすを実際に自分たちで動かし、選手の技術の高さを改めて感じていました。
岡山市では今後、市内の7つの小中学校でも特別事業を行う予定です。

タイトルとURLをコピーしました