30キロマラソン 前田穂南選手が日本新

天満屋の前田穂南選手 マラソン

東京五輪のマラソン代表に内定している天満屋の前田穂南選手が、16日東京の青梅市で行われた30kmマラソンに出場し、日本新記録で初優勝を飾りました。

前田選手が挑んだ青梅マラソンは、アテネ五輪の前に野口みずきさんも優勝し、金メダル獲得にはずみをつけた縁起のいいコースです。
16日の東京は、心配された雨もやみ、日中の気温も9.7度と好条件がそろいました。
序盤から快走を続けた前田選手は、野口さんが持つ日本記録を14秒更新する1時間38分35秒で、見事、初優勝を飾りました。
このレースへの出場を決めたのは天満屋の武富監督で、レース結果を野口みずきのケースと比較し、分析する狙いもあったようです。
その武富監督も、前田の走りを「100点満点」と手放しの称えようでした。

タイトルとURLをコピーしました