女子ゴルフ 渋野日向子選手 海外ツアー4戦目で24位

女子ゴルフ・渋野日向子選手が今シーズン海外4戦目となるポートランドクラシックに出場し、24位タイと世界との戦いに手ごたえを感じました。

最終日、首位と8打差21位から出た渋野。
まずは2番でみせます。
4メートルを落ち着いて沈めバーディ。
幸先の良いスタートを切ります。
後半はボギーなしで、粘り強さをみせた渋野。
17番パー4の第2打ではピンそば1メートルにつけると、ここも見事バーディ。
通算6アンダー・24位タイで大会を終え、世界でのゴルフに自信を深めました。
一方、渋野選手の高校の先輩である東浩子選手は愛知県で行われたデサントレディース東海クラシックに出場。
岡山県勝央町出身・プロ9年目の28歳は最終日、通算15アンダー首位タイでホールアウトし、古江彩佳選手とのプレーオフにもつれ込みます。
迎えた運命のバーディチャンス。
わずか左にそれて、勝負あり。
悲願のツアー初優勝とはなりませんでした。

タイトルとURLをコピーしました