ダーツ世界一を鈴木選手が報告

ダーツ世界一を鈴木選手が報告 スポーツ全般

ダーツの世界大会で2連覇を果たした高松市の鈴木未来選手が、高松市役所を訪れ世界一を報告しました。

ダーツで世界2連覇を果たした鈴木未来選手は、6年前から住む高松市の大西市長を訪ね、優勝を報告しました。
ダーツをはじめて12年という鈴木選手は、1月にイギリスで開かれた世界大会で、4回チャンピオンになった相手を破って、アジアの選手として初めての2連覇を果たしました。
大西市長は、自分のことのようにうれしい、香川からのチャンピオンは誇らしいとたたえました。
3月に出場が予定されていた東京での大会は、コロナウイルスの影響で延期が決まったということです。

タイトルとURLをコピーしました