日本男子ソフトボールリーグ 平林金属が初戦勝利

ソフトボール日本一を決める大会、日本男子ソフトボールリーグが開幕しました。
岡山県の平林金属は、旭化成との初戦に臨み完封勝ちしました。

2年ぶりに開催されるこの大会で3連覇を目指す平林金属です。
0対0で迎えた3回表、2アウトランナー2塁でバッターは松田。
二遊間を破る当たりで平林金属が先制します。
守備でもピッチャーの松田が、相手にチャンスを与えず、世界的エースの貫禄を見せつけます。
さらに6回表、キャプテン鳥山のスリーベースなどでリードを4点に広げます。
これがダメ押しとなり、平林金属が4対0でリーグ初戦を勝利で飾りました。
リーグ戦は18チームの総当たりで行われ、上位5チームが日本一を決める11月の決勝トーナメントに出場します。

タイトルとURLをコピーしました