観客数上限緩和も ファジアーノ岡山現状でホーム戦

観客数上限緩和も ファジアーノ岡山現状でホーム戦 サッカー

サッカーJリーグは、政府の方針を受けてスタジアムの観客数の上限を緩和する決定をしました。一方で、J2ファジアーノ岡山は上限を今のまま維持するとしています。

ファジアーノ岡山は、7月からホーム戦で観客をいれて試合を行っています。
観客数をめぐってJリーグは新型コロナウイルス対策のガイドラインを改訂し、これまで5000人だった観客の上限を19日以降、緩和すると発表しました。
スタジアムによっては、収容人数の50%まで入場できるようになりますが、観客同士の距離を1m以上開けるというルールは残ります。
ファジアーノの本拠地、シティライトスタジアムでは、観客を増やすと、間隔の維持が難しくなるため、上限を3500人から4000人のまま据え置くとしています。
これまで通りの観客数の上限で、今月23日と30日のホーム戦は行われる予定です。

タイトルとURLをコピーしました