四国アイランドリーグプラス開幕

四国アイランドリーグプラス開幕 野球

感染拡大で延期されていた野球の独立リーグ四国アイランドリーグプラスが、20日、約3か月遅れで開幕しました。

香川オリーブガイナーズは、昨シーズン総合優勝の徳島をホームで迎え撃ちました。
レクザムスタジアムにリーグの旗がなびきます。
四国アイランドリーグプラスがやっと開幕を迎えました。
今シーズンから指揮を執るのは平成の3冠王、元ホークスの松中信彦総監督です。
その初陣に気を吐いたのは、タイガースから移籍したピッチャーの歳内宏明でした。
次々と三振の山を築き力を見せつけます。
打ってはキャプテンの白方。
2回のウラ。
ランナーを1塁に置き、狙ったというスライダーはバットを折りながらもライト前へ。
先制タイムリーを決めます。
2点リードで迎えた8回には、4番の宋がレフトスタンドに運ぶダメ押しのソロホームラン。
ガイナーズは、ピッチャー歳内が、11奪三振で昨年の覇者、徳島打線を完封し開幕戦を白星で飾りました。
2年ぶりの優勝を目指すガイナーズです。
21日は、同じカードを引き分けています。

タイトルとURLをコピーしました