85回目最後のドライブは…ハイブリッドのスカイラインで新庄へいざGO HOME!グラシアス&アスタルエゴ!!

2014年03月29日

3月で卒業の親子にスカイラインの計らい

革張りの新車の匂いがたまらない【新型スカイライン】。 ハイブリッドですよー! 
出だしの加速感が「おおー!」まるでこれから離陸する飛行機のようなパワーです。
そしてわたしも今回のドライブをもって旅立ちます! 
スカイラインに連れて帰ってもらえるなんて。
いつもドライブ用の配車をしてくれている岡山日産自動車の多田さん、粋な計らいありがとうございます。

皆さんのがいせん桜募金で少しずつ治療を進めています

85回もエスコートをしてくれた滝沢アナともお別れ。
思えばいつもミステリードライブで、とっておきのドライブコースを用意してくれていました。
滝沢さんのアンテナと人脈のおかげで岡山県を中心にたくさんの出会いと感動をいただきました!
大感謝です。それから、3年半という短期間にも関わらず自動車界の日進月歩には、ただただ感心!
日産のワクテクをいち早く体験できて興奮すること多々ありました。
街で日産車とすれ違うたびに、乗っているハイセンスなドライバーの顔を確認をする癖もついちゃいました。

かつての宿場町新庄これからはどんな村になっていくのだろう

あっという間の3年半を振り返りながらの最後のドライブ。
新庄村へ凱旋?
時代も少しタイムスリップしたような新庄宿。
日露戦争の戦勝記念に植えられたソメイヨシノは樹齢107歳。
こものようなものを撒いているのは木が土の中にあると勘違いして根を張り、その根で幹を強くさせるためです。
よく見ると向こうの桜の幹に根がからみついていますよ。

地の人と新しい風を吹き込むよそ者とがあいなって風土ができる

がいせん桜通りの両脇に流れる水路は使い川といって、昔は野菜やお米を洗ったり、風呂の水にしていました。
今でも芋車が回っていることがありますが、村民の日常が風流で絵になります。
この使い川のせせらぎと江戸時代からの趣を残す町並みの風情は、日本の音風景百選にも選ばれています。
がいせん桜通りを歩く時には、江戸、明治、大正、昭和、平成と5時代の建造物が違和感無く並んでいる様子にも目をやってみて下さい。
温故知新を得意とする新庄ならではの姿だと思います。
町づくりの会(写真は会長の芦川巖さん)ではガイドも受け付けています。

標高約650mで東京スカイツリーより高いところに住んでいるのが自慢です

「ただいまー!」我が家に帰ってきました。
周りの自然が美しすぎて毎日心が洗われます。
24節季72候を肌や耳や鼻で感じられる極上の一等地に住んでおります。
だけど、、、「白い」ですね。3月下旬だというのに、ご覧の通りこの雪ですよ。
でもね、ここがポイントじゃないんです。
裏の畑から見る毛無山(指を指している山)4月からなんと標高が1m高く(1219mに)なるんです!
話題の尽きない新庄村。
遊びにきてください。新庄まで来た際には、遠慮せずに会いに来て下さいね! 

毛無山からだとスキップで来れる距離なんですが(なんといっても国立公園ですよ、大山隠岐国立公園毛無山特別保護区のすぐふもとに住んでいるなんて、幸せすぎる贅沢です)、岡山市内からだと車で2時間。
ちなみに、ここ田浪地区から新庄小学校まで2里。
わらじ時代の子ども達の通学時間と同じです。
そう思えば、近いもんです。思いついた時に足を伸ばしてみて下さいね。
囲炉裏を囲んでアマゴでもつついて語りましょうよ。
夜の星空も息を飲みますよ。
そして生命が目覚める朝のすがすがしさ。一瞬一瞬にときめきます。

ラテン気質を気取ってこのフレーズで閉じたいと思います。
「ミ・カサ・エス・トゥ・カサ(わが家はあなたの家)!」
「ミ・カサ・エスタ・アビエルタ(うちはいつでも君のために開いているよ)。」
いつかあなたと新庄村の感動を分かち合える日を夢みて。
今までどうもありがとうございました。グラシアス&アスタルエゴ!

日産車のご試乗・ご相談・お求めは【日産サティオ岡山】、【岡山日産自動車】まで。
愛車の点検整備もお気軽にお問い合わせ下さい! お出かけ時は安全運転で! 



ドライブ情報

新庄村
・道の駅メルヘンの里・お食事処夢ひめ 
岡山県真庭郡新庄村2190−1
TEL.0867-56-2908

・新庄村がいせん桜通り

・臼井邸