雪が溶けたら何になるの巻 春の花咲く半田山植物園に軽の花形新登場のデイズルー クスでGO!

2014年03月01日

雪に埋もれた(まだ雪が残る新庄村)暮らしをしていると、このまま世界は雪に閉じ込められて氷結してしまうのではないかと思うことがあります。ちょっと触っただけで指先がじんじんするあの雪の下で、生命が春の準備をしているなんて、頭では分かるけど、うーん、なんとも不思議な感じがします。
 
雪が溶けて地面が見えてくると、雪に押しつぶされながらも緑色の葉っぱを開いている草とご対面。お前、よくぞこの冬を耐えたなぁ、すごいなぁって感慨深いですよ。いよいよ春です。県南ではすでに身にまとう服装も軽やかになっていて、温かい日だまりには春風がそよそよと。植物も眠りから覚めて、きれいな花を咲かせ、あまーい香りを漂わせていました。今日は半田山植物園に咲く花に大集合してもらいました。語るもがなですな。冬を押し黙って耐えていた花々の早春の息吹に耳を澄ませてみて下さい。

春になるとまんず咲くというマンサク(シナマンサク)がまんず出迎えてくれました。


ご案内いただいたのは、植物のことにとっても詳しい夏井操さん。
わたしたちの背後右手の木、若い枝の色が赤く、特に冬は赤くなるんだそうです。

ヤマモミジの園芸品種のカエデ珊瑚閣。

東洋のローズとも言われるそうです。

オガタマノキ。花がモクレンのようでしょ(モクレン科。)和名は「招霊」(おぎたま)から転化したとされ、神社に多く、神事に用いられます。ミカドアゲハの食樹。


冬の間に体にたまった毒素を出すために毒のある植物を食べて(下痢して)デトックスする生き物もいますね。福寿草にも毒が。

セツブンソウみたいな可憐な花が、どうしてあの冬を乗り越えて一番乗りで花を咲かせるのか、見かけのデリケートさは違って生命力が強いんでしょうね。

枝垂れ梅の向こう側には春霞の岡山市内。

冬の間温室でぬくぬくと暮らしている植物もいて、やっぱり植物園です。一年中季節季節の植物を楽しめます。ここはパイナップルの仲間の部屋。

一方落葉樹は、冬には葉っぱを落としますから。木は丸坊主になっています。これがバードウォッチングには最適なんだそうで、この時期、植物園に鳥を観察しにこられるお客様も多いんですって。たしかにあたりには春の訪れにウキウキと心躍る小鳥達がキャッキャッとさえずっていました。何かと理由をつけて出かけてみませんか。明るい花々の彩りにきっと心もパッと晴れるでしょう。

じゃ〜ん、お待たせ【デイズルークス】ですよー! まず目に飛び込んできたのはあでやかなボディーカラー。元気が湧き上がってくるアゼリアピンク。まるで街に咲く花のようです。あ、西洋ツツジ(アザレア)をイメージした色なのかもしれません。そして、室内の高さがほら、子どもなら楽々立てそう! 驚きのROOMがMAX! MOMがWOW! デイズルークスが走っている所を後ろから見てみると、SUVカーと同じくらいの背高があって本当にびっくりです!! それでワイルドかと思いきや、インテリアには細やかな気配りがちりばめられていて…

今日のWOW賞は「ロールサンシェード」です。子ども目線で作られてる車という印象があったので、その分デザインは後回しかなと思ってたんです。が、何コレ! 収納されたサンシェードのさりげなさぶりがめっちゃかっこよくてWOW!! 軽の花形DAYZルークスを一度ご覧になってください。リモコンオートスライドドアにアラウンドビューモニターに、日産のワクテクがぎっしり詰まった軽の新時代到来を感じますよ。
日産車のご試乗・ご相談・お求めは【日産サティオ岡山】、【岡山日産自動車】まで。愛車の点検整備もお気軽にお問い合わせ下さい! お出かけ時は安全運転で! 
ドライブ情報
公益財団法人 岡山市公園協会 【岡山市半田山植物園
岡山市北区法界院3-1 TEL.086-252-4183