海を越えて再び~自転車に乗って瀬戸内海を渡るにもいい季節がもうそこまで

2014年02月01日


しまなみ海道を渡ると因島には春のそよ風が吹いていた

さあ、因島大橋を渡ります。車でも自転車でも楽しめるしまなみ海道。
海の風を受けて、気持ちいい! 
その向こうには何が待ってるのか。ワクワクしますね。
季節は節分も間近で境内にはもう桜が7分咲き

出迎えてくれていたのは、春でした。車の窓を開けると、これはもう「春のそよ風」だぁ! 
しまなみ海道から見下ろすと、海の水面にはキラキラ踊る春の日射し。思わず笑顔になりました。
そして、大山神社の境内には、春の陽気に誘われてなんと!なんとの桜がもう咲いていたんですよ。

 

サイクリストの休憩スポット自転車神社もあります

ここ大山神社はしまなみ海道のサイクリストにはよく知られる自転車神社があるんです。
ご案内してくださった武内さんによると、大山神社は祀っているものがバラエティに富んでいるのが特徴で、
一度にたくさんお参りができるのがいいところなんだそうです。
確かに多種に富んでいました。

まず、ハート石。写真の石がそうです。
四国特産の青い石で、自然にハートの形をしていたんですって。
これを胸まで持ち上げた時に、思ったより軽いなと感じたら願う事がかなうそうなので、
大山神社に来ることがあったら、一度トライしてみては?

せとうち七福神の第一番むすびだいこくと第二番あきないえびすがお出迎え

そして大山神社には「せとうち七福神めぐり」の第一番むすびだいこく、
第二番あきないえびすもまつられていますよ。
社務所の中に入ると、スタッフの方が太鼓をたたいて元気な大黒さんと恵比寿さんの歌をうたってくれました。
バラエティ(多様)からバラエティ(お笑い)系までカバーしているようです、なんだか楽しい神社。

外国人にもひそかに人気スポットの耳明神社それとも瀬戸内海の魅力なのか

境内の裏に回ると「耳明(みみご)神社」が祀られています。奉納されているのは、サザエ。
耳の形に似ているからだそうですよ。耳の病気に悩む方が全国から参拝されていました。
英語表記でも、耳明神社のいわれや、お参りの仕方が説明されていました。
外国の方もたくさん訪れるんですって。
人知れずお百度詣りしているのか実際には未だ見かけたことがないという武内さん

そしてこれ。初めて見た! る友石?
「百度石」と読むそうです。おぉ、あのお百度詣りに関係ある? 
どうやって使うの?
武内さんが教えて下さいました。
百度石には、上と下に2段棒が渡してあって、そこに金属製の札がぶら下がっています。
お参りするたびに上の段の札を一つ右へずらし、全部右に移動したら10回参ったわけなので、
下の段の札を一つ右へ移動させると、10回行った事が記録されていくという仕組み。
なるほどこれでお祈りに集中できます。これだけ必死に念じていれば、天に通ずる気がしますね。
何事かにそんな必死で祈ったりすることが、自分にはあるかなと少し考えさせられました。
うーん、まだ一年は始まったばかり。ちょっと考えよっと。

小さいのに日産の技術がたくさん詰まったデイズに参りました
いつまでもこたつの守をしてたら、あっという間に夏になっちゃいますよ。
もう季節は「節分」です。瀬戸内の島々で、春の気配を感じに出かけませんか? 
遠出のドライブに心強いのは、案外軽自動車かもしれませんよ。
日産の技術が詰まった話題の【DAYZ Highway STAR 】はどうでしょう? 
見た目も、インテリアもかっこいい、バックビューモニター&アラウンドビューモニターがあれ出ないと思ったら
ルームミラーに映し出されてる、これは軽自動車初! 
おまけに燃費はいいし、高速道路を走っても普通自動車顔負けのパワフルな走りで「参りました!」

お出かけ時は安全運転で! 
日産車のご試乗・ご相談・お求めは【日産サティオ岡山】、【岡山日産自動車】まで。
愛車の点検整備もお気軽にお問い合わせ下さい!
ドライブ情報
大山神社】 尾道市因島土生町1424-2 TEL:0845-23-6000