2013全国しの笛演奏交流会inみまさか(10月5・6日)に向けて

2013年09月14日

智頭鉄道宮本武蔵駅にある武蔵とお通の像の前で
しの笛がどこからともなく聞こえてくる武蔵の里(美作市大原)にやってきました。
それもそのはず、来月5日(土)と6日(日)に湯郷地域交流センターで行われる「全国しの笛演奏交流会」の発起人が「武蔵の里・お通笛の会」なんです。
武蔵の里・交流館では、お通笛の会の有志が集まり、本番に向けて練習に余念がありません。
しの笛演奏交流会のための練習に余念がない武蔵の里お通笛の会有志
空高い秋の大原によく似合うしの笛の音色。
どこか物悲しさの中に凛とした気品を感じるのですが、演奏は意外や体育会系かもしれません。
息を吸ったりはいたりと、ダイエットにも効果的だそうで。細く長い息を吹き込んで演奏しますが、
一節を吹ききるのによくもまあ息が続くものだと感心してしまいます。
しの笛の楽譜は簡単なのか逆に難しいのかどっちだ
試しに吹かせてもらいましたが、リコーダーのようにはいきません。
まず音が出ない。口の形をニィーっとさせて、口をあてる角度を微妙に調節しながら息を吹き込み、
やっとこさ音が出ても、息がまったく続かない。
その前にまず譜面がちんぷんかんぷん。
しの笛を吹けるようになるにはかなりの肺活量と継続力がいりそう
楽譜には漢数字とローマ数字が縦書きで書いてあります。
音程の違いだそうです。そして2行あるのは、はもるパートを表すのだそうです。
休止符やスラーみたいな演奏記号もないので、お互いの息づかいに耳を傾けながら、
まさに息を合わせて演奏するそうですよ。
同じ趣味をもった同志が集い、和気あいあいと和やかで楽しいときを過ごすのは素敵だなと思いました。
マイしの笛を手作りするのもいいかもね
まさに今回の演奏交流会も「しの笛」が取り持つ「わ(和・輪・話)」が広がることを期待して企画されたとのこと。
これを機会に多くの人にしの笛の魅力を発信したいと語る全国しの笛演奏交流会実行委員会の月見伊津夫さん。
しの笛の材料になるしの竹(全長7mくらい-写真は先端の一部)を刈ってきてくださったので、一節の長さがよくわかりました。最近ではプラスチック製のしの笛もあるそうですから、興味をもったその日が吉日。
演奏にもトライしやすくなりました。水道パイプに穴を開けて自作のしの笛もどきを作る器用な方もいるそうですよ。
まずは演奏交流会でしの笛の演奏に耳を傾けに、そして仲間を見つけにと、お気軽にお出かけください。
軽とは思えない力強さに拍手もの日産DAYZ-highwaySTAR-G-Turbo
さて、岡山市〜美作市大原は片道2時間の長距離ドライブ。
走り好きも納得のパワフルな 【日産DAYZ highway STAR G Turbo】 がアシストしてくれて、快適そのものでした。長い坂道も高速道路もストレスなし。
そして、全面に使っているUVカットガラスは、熱線吸収機能を高め燃費向上にも貢献。ドライブを終えてガソリンスタンドで給油した時に、確かに燃費のよさを実感しました〜。ターボのデイズいいですね!

お出かけ時は安全運転で! 
日産車のご試乗・ご相談・お求めは【日産サティオ岡山】、【岡山日産自動車】まで。愛車の点検整備もお気軽にお問い合わせ下さい!
ドライブ情報

武蔵の里・お通笛の会
http://huenokai.blog.ocn.ne.jp/ 美作市大原
2013全国しの笛演奏交流会inみまさか(10月5・6日) 
http://shinobue634.papipe.net/