ステキな町・和気町のルーツと今に出会う

2013年05月11日

このたび新しいゆるキャラがデビューしたと聞いて、やってきたのが和気町。何をモチーフにしているでしょう? 

和気といえば…、藤公園の藤棚。98ケ所から集めてきた藤の種類は圧巻。なんと長いものでは1.5mほども垂れ下がるそうです。この優しい藤色を背景に記念写真を撮られる花嫁さんも。

和気といえば…、特別史跡旧閑谷学校。日本最古の庶民の学校は今でも凛としたたたずまいで、行くと気持ちが引き締まります。最近では、ハート形の楠が大ブレイク。

和気といえば…、自然保護センターのタンチョウヅル。国内希少野生動植物で国の天然記念物です。センターの飼育数は日本一なんですって。

和気といえば…、徳永鯉のぼり。季節がら、真っ青な大空のキャンバスのあちらこちに鯉のぼりが泳いでいます。

和気といえば…、一休のお好み焼き。このたびJR和気駅前のロータリーの改修をきっかけに、駅裏に店舗を移転されました。威勢のいい女将さんが出迎えてくれて、元気をもらえます。
海苔を一枚使った一休焼きが看板メニューです
和気といえば…、片上鉄道。柵原鉱山の硫化鉄鋼を吉井川の高瀬舟に代わって運搬するために建設されたもので、市民の足としても親しまれていました。今では 駅裏に片鉄ロマン街道の看板が立ち、サイクリングロードが整備されています。自転車に乗ったまま駅の表と裏を行き来できるように改装されていました。

そして、和気といえば…、和気清麻呂がいます。宇佐八幡の神託で有名ですが、道鏡の怒りを恐れず、正義と信心を貫いた大忠臣です。そんな清麻呂が親しみの あるゆるキャラ「わけまろ」になって、和気町へ再臨。さっそく駅から降りて来た女子高生に囲まれて、少しうれしそう!?
和気町の新キャラわけまろ君は4月29日デビューしました、ヨロシク
和気町に行ってみて、人が温かい感じがしました。和気清麻呂のような心のきれいな人をルーツにもつ町民性なのでしょうか。
駅前の小さなギャラリーでも、和気町民の気質を感じることができました。ここCoffee & Tea Gallery AKASHIAでは宇高久美子さんの花嫁作品展が開催されています。宇高さんは昭和2年から和気町で花嫁の髪を結ってきたというウタカ美容室の3代目。髪 を結ったご縁でいただいた花嫁写真のコレクションを作品にして展示されています。
花嫁をたくさん送り出した宇高久美子さんの作品展、和気町駅前のギャラリーにて
髪型だけでなく、留袖、白無垢、ウェディングドレスへと変遷する時代を切り取った写真の数々。写真そのものは、何も言いませんが、そこに映る花嫁や花婿の きりっとした大人のまなざし、貧しい時代も精一杯のおしゃれを取り入れた花嫁の粋、人生いちばんの晴れ舞台、いちばん幸せオーラが出ている瞬間、戦地へ送 り出す直前に結婚式をあげたカップル、それぞれが背負う人生を物語る写真を見つめていると、たくさんのメッセージを感じました。
後部座席の足元回りとてもゆったりしていて大人のゆとりを感じます
大人の夫婦が旅するセダン【LATIO】に乗って、出かけませんか? 忘れていたあの頃の幸せ感を思い出すかもしれませんよ。今の幸せに気づく旅になるかもしれません。
お出かけ時は安全運転で! 日産車のご試乗・ご相談・お求めは【日産サティオ岡山】、【岡山日産自動車】まで。愛車の点検整備もお気軽にお問い合わせ下さい!
◇ドライブ情報

「昭和~平成…継ぐ花嫁作品展」(5/1~5/31)  宇高久美子
Coffee & Tea Gallery AKASHIA 岡山県和気郡和気町福富607 2F TEL.0869-93-0223

「お好み焼 一休」 和気郡和気町福富644 和気駅南口 TEL.0869-93-0519
定休日:月曜 10:30~20:00