【MURANO】で鳥取へ

2012年04月14日

最近真庭市蒜山一帯では、以前にも増して県外のお客さんが増えているようです。お目当ては「ひるぜん焼きそば」。昨年のB-1グランプリ受賞の効果は絶大のようですね。
そしてやっぱり地元蒜山の雄大な環境の中に出かけていって食べたい!今の時期なら雪をかぶった山々と緑や花が芽吹き始めた春の高原で、胸いっぱい吸い込む空気までおいしくいただけます。
さて、「夜ぜん焼きそば」に続き、「朝ぜん焼きそば」が生まれたと聞いてやってきました。蒜山焼きそばを昼ぜんともじったシャレで、新作「朝ぜん焼きそば」を提供することなんて、朝飯前ならぬ昼飯前!?
横手やきそば暖簾会の指導を受けて開発したという朝ぜん焼きそばは、ひるぜん焼きそばに、朝の目覚めをイメージした目玉焼きと福神漬けが添えられています。
この目玉焼きの焼き加減が、黄身全体がとろ~りとしたままのこだわりの焼き加減で、そばにからめて食べます。味噌だれにまろやかな卵が合わさって今までにない新しい焼きそばに生まれ変わっています。
訪れた人に笑顔の花が咲くとっとり花回廊で営業部長の福田健二さんと
さあ早めの腹ごしらえの後は、サンルーフを開けて、大自然と風と一体になって力強く駆ける【MURANO】で鳥取へ。
日本最大級のフラワーパーク「とっとり花回廊」では、4月7日からはスプリングフェスティバルが開催されています(5月6日まで)。遅い春のおかげで早春の花を楽しめますよ。
「桜の広場」、水仙、カタクリ、チューリップ、なかでも大山を借景に5万株の色とりどりのパンジーが咲き誇る「花の丘」がおススメ。息を飲みますよ。
ここは天候にも左右されません。園内にはフラワートレインが走っているので、列車旅の気分で園内を鑑賞できますし、巨大なフラワードーム(温室)では年中20度、いつ行っても常春です。
ドームや建物をつなぐ屋根付きの回廊を歩いているとクリスマスローズが咲き誇っていたりと随所に見どころが配されています。回廊は高低差がないので車椅子でも 移動しやすいという心配り。逆に丘陵の地面とは近づいたり離れたり、草木をいろいろな目線で見られるのも面白いですよ。
花言葉「幸せが飛んでくる」を実感して~胡蝶蘭300株の花トンネル
女王の耳飾りの異名を持つヒスイカズラ
今見頃で話題を呼んでいるのが南館の「ヒスイカズラ」です。別名「女王の首飾り」とも言われているそうで、フィリピンのルソン島のものだそうです。
南館の入り口で長さ50cmほどのヒスイの勾玉のような花が集まった房を幾本も垂らしていて、日本で見られない植物に見とれてしまいます。
高級感と遊び心が心地よくなじむムラーノ
出かけるといろんな発見や感動がありますね。【MURANO】は、左右独立で温度設定ができるエアコン送風機能があって、シートの前後やリクライニングの調節が電動ででき、車の進化にも感動しました。
ご試乗は日産サティオ岡山岡山日産自動車まで。
愛車の点検整備もお気軽にお問い合わせ下さい!
ドライブ情報
道の駅「風の家」ふれあい特産館(株式会社グリーンピア蒜山)
   岡山県真庭市蒜山上徳山1380-6   TEL:0867-66-4393
とっとり花回廊
   〒683-0217 鳥取県西伯郡南部町鶴田110    TEL:0859-48-3030