服部正志のトリックアート美術館in白鳥城で脳みそが錯覚する世界を楽しんで あれれれ〜。壁の中からゾウさんのお鼻がにゅう〜ッ! まるで花束をプレゼントしてくれているみたい。わたしも台の上にちょこんと乗っかっているようで、不思議でしょ?
これはトリックアートといって、実際は床と壁に絵が平面的に描かれているんですが、あるポイントから見ると脳がだまされてこのように立体的に見えるんですって。このトリックアート美術館は、姫路にある太陽公園管理事務所の白鳥城にて大好評開催中です。
トリックアート作家の服部正志さんが創り出す不思議な世界を味わえますよ。


昨年本場ドイツのノイッシュバンシュタイン城を見てきた滝沢さんも感動した3分の1スケールの白鳥城さて、トリックアートに負けずと不思議な世界が広がる太陽公園。
山陽自動車道、姫路西インターを上り方面に走らせていると左手の野瀬山にドイツのノイッシュヴァンシュタイン城そっくりの白鳥城が現れます。1/3の大きさで忠実に復元されていて、なんとその大きさご当地姫路の世界遺産「白鷺城」を超えちゃうそうです。そんなスケールのでっかいこの公園で、アラウンド・ザ・ワールド(世界一周)を体験できちゃうんです。
城のエリアではドイツの伝統衣装「ディアンドル」に着替えることもできます(無料:大人女性限定)。城内にはクルミ割り人形の展示コーナー、世界各国の民族衣装のコーナーなどがあり、気分はミニ博覧会。

石のエリアでは石の世界文化遺産がこれでもかというほど堪能できます 石のエリアに行くと、世界の石の文化遺産が勢揃いしていてこちらも迫力満点。
まず迎えてくれるのは狛犬、少し行くとパリの凱旋門、アステカのチャックモール、お隣韓国のトルハルバン、モアイ像、マーライオン、ピラミッド、石貨神殿、なんと万里の長城まで多種多様。
なかでも始皇帝の兵馬俑は、実際発掘されたものからレプリカを作ったというだけあって本物さながらのスケール感。園内はとても広く、まるで世界を一周した気分になれますよ。

野瀬山の上にそびえる白鳥城をバックにフーガハイブリッドと森下真樹子さん 旅行は好きだけどなかなか長期の休みが取れないって方は、ちょっとした外国旅行気分を味わいに太陽公園へお出かけしてみられては?
今日のドライブは加速感が最高の【フーガハイブリッド】。もしシンデレラの物語が現代に書かれていたなら、かぼちゃの馬車ではなく、エンジンとモーターを巧みに切り替え、エコに賢く立ち振る舞うフーガハイブリッドが登場していたかもネ。
シンデレラ城のモデルとも言われるノイッシュヴァンシュタイン城の1/3スケールの白鳥城の前でフーガがとても映えていましたよ

ご試乗は日産サティオ岡山岡山日産自動車まで。愛車の点検整備もお気軽にお問い合わせ下さい!

ドライブ情報
太陽公園管理事務所
    兵庫県姫路市打越530番地36 TEL 079-266-6600

(2012.1.28)

バックナンバー