ほんとうに、日本の地理の多様性に感謝ですね〜。南の方は暑いけれど、山間部へ行けば温度差を肌で感じられます。そして車を降りると、森のマイナスイオンにふわ〜っと包まれて脱ストレス、山々を抜ける風はまさに天然の扇風機で気持ちいい〜。木陰に入ると夏を忘れる涼しさです。大きく深呼吸すると、天然のアロマが体に鋭気を送り込んでくれるようです。

世羅高原農場広報の吉宗五十鈴さんとひまわり畑をバックに風車からパチリ 今日訪れたのは世羅高原農場(広島県)のひまわり畑。ひまわりまつりの真っ最中、夏休みということもあって多くの家族連れで賑わっていましたよ。100万本のひまわりが植えられた壮観の園内を、吉宗五十鈴さん(世羅高原農場)にご案内いただきました。ひまわりが大好きだったお義父さんがひまわりを趣味で植えていたところ、道路から見える黄色い花畑が話題になり園を開放するようになったとか。今では世羅の夏を代表する観光スポットになっちゃいました!

黄色じゃないひまわりなど何種類ものひまわりが咲いています
園内にはひまわりで作った巨大迷路や、珍しい30種類のひまわりを鑑賞できるひまわり見本園や、木陰に白いベンチが置かれた涼みのスペースや、青い空とよく似合う風車などがあります。ひまわり畑では、大きくてにっこり笑っているかのようなひまわりの横で、これまたとびきりのスマイルを浮かべたカップルや親子らが写真を撮っている姿が見受けられました。風車のすぐそばにある売店は体験工房にもなっていて、押し花のしおり作りや風鈴の絵付けを体験できますよ。わたしも風鈴の絵付けを体験させてもらい、家にさっそく風鈴を吊るしたところ、元気いっぱいの黄色いひまわり畑や青い空に白い雲が浮かぶ世羅高原をわたるやんちゃな風が「チリンチリン」と音をたててやってきました。夏休みの宿題に、思い出作りにいいですね!

100万本のひまわり畑でニコニコのモコと青い空にモコモコの白い雲 夏の空には入道雲。モコモコと顔をのぞかせているから、なんだか「モコ」日和!?軽なのに、荷物もいっぱい詰めて、足も思いっきり伸ばせるデカモコだから、遠出もバッチリ。軽だから、高速道路の料金も、燃費もうれしい。びっくりするのは軽なのにフルフラットシートにできちゃうこと。シートを全倒させて後部ドアを開放して、風通る高原でごろんと寝っ転がったら、あぢ〜家にいるより数段快適な空間に!一度お試しあれ。

ご用命は日産サティオ岡山岡山日産自動車まで。愛車の点検整備もお気軽にお問い合わせ下さい!

ドライブ情報
◇ひまわりまつり(7/30-8/21)
   農事組合法人世羅高原農場 広島県世羅郡世羅町別迫1124-11
   TEL 0847-24-0014

(2011.8.6)

バックナンバー