リーフ リーフもウキウキの船旅_小豆島へ上陸 ウッキウキの船旅♪ 新岡山港からオリンピアドリームに乗船したのは、わたしたちだけではありません。話題の電気自動車「リーフ」もいっしょです。お〜、リーフ!「今日は特別に『オリーブ』号と命名する。君のミッションはオリーブ島小豆島の魅力を探ることだ!」 もしかすると、リーフって小豆島初上陸かも?視線を集めて、リーフもうれしかったのか、いえいえ電気自動車の特徴ですが、滑り出し絶好調で、オリーブ園のある丘へいざなってくれました。エンジンではなくモーターで動くので車内は静かで、自然いっぱいの小豆島の景色に耳を傾ければ、元気なセミや鳥や風が渡る音が耳に飛び込んできます。オリーブ園を案内して下さった福井和子さんも、さすがにこの「オリーブ」号は初乗車で乗り心地の良さに感激のご様子。ガソリンではなく電気で走るので、ガソリン代もゼロ、二酸化炭素の排出もゼロ、澄みわたる小豆島の空を汚しません!

井上誠耕園のオリーブをバックに_オリーブ美人の井上和子さんと オリーブの丘にあがると、緑いっぱいの野山にチョウチョが飛び交うのどかな風景が目を優しく癒してくれます。71年前からオリーブを育てているという井上誠耕園の自然農園の段々畑には、4種のオリーブ、14種類の柑橘類、すももなどが植えられ、手入れが行き届いていました。毎日オリーブオイルで内から外からボディケアをしているというオリーブ美人の福井さんがオリーブの魅力を話してくれました。かつては収穫作業を担当していたという福井さんは、収穫した果実が製品となり初出荷する時にはいつも涙がこみ上げてくるんだそうです。わが子のように愛情を込めて、製品作りを手がけている話に井上誠耕園の社風と社員の実直さを感じ、感動しました。直営ショップにもオリーブや柑橘類を使った商品が並んでいますが、井上誠耕園の人柄が出ているような温かさと安らぎを感じました。

カフェ忠左衛門店長の鈴木智子さんと 近くにはカフェ忠左衛門があって、のどかに小豆島時間を過ごすにはうってつけ。小豆島といえばそうめんですが、伝統の手延べ製麺の技術をパスタに生かした手延べパスタを使った一品はおすすめ。料理には新鮮なヴァージンオリーブオイルをたっぷり使っていているので、フレッシュな香りが鼻をくすぐります。オリーブオイルとはちみつをたっぷりかけたトーストや、ひしおとオリーブオイルをあわせたひしお丼など、意外な組み合わせも。オリーブ好きにはたまりません。農園で獲れた柑橘類をぎゅっと絞った生絞りジュースも人気(写真)です。テイクアウトもお願いできるので、天気が良ければ近くのテラスで野外ランチも気持ちいいですね〜。オリーブの葉のなかにはハート形をしたものが稀にあって、見つけると恋がかなうとか。小豆島でゆったり、大好きなあの人と素敵な時間を過ごしてみてはいかがでしょうか?

話題の「リーフ」のご用命は日産サティオ岡山岡山日産自動車まで。愛車の点検整備もお気軽にお問い合わせ下さい!

ドライブ情報
有限会社 井上誠耕園 香川県小豆郡小豆島町池田2352 TEL 0879-75-1101
◇カフェ忠左衛門 香川県小豆郡小豆島町池田2267-5(定休日火曜日) TEL 0879-75-0282

(2011.6.25)

バックナンバー