春色の「MOCO」に乗って〜♪
スイートピーの花咲く丘へやってきました!

朝晩はきゅっと冷えて、昼間は太陽の光をサンサンと浴びてなきゃイヤ! 3日続けて寒い曇り空にさらすもんなら花芽を落としちゃうわよというデリケートなスイートピーさん。
JA岡山西船穂町花卉(かき)部会副会長の木下良一さんのハウスには2万5千本のスイートピー株が元気いっぱい、すくすく育っていました。その背丈なんと5メートル! といっても手入れしやすいように上部1.3メートル位を残して、丈の残り部分は地面に這わせてあるので、ちょうど鼻のあたりにスイートピーの花がくるような恰好。ふわっと優しい香りに包まれちゃって、うふふ。
「わが子のようなものです。」と目を細める木下さん。
かわいいわが子の成長のために環境づくりにはこだわっています。ハウスはコンピュータで管理し、雨が降り始めたらセンサーが感知して自動でハウスの窓を閉めたり、室温が20度を超えないように風が通るようなしくみになっていたり、週に3日はスイートピーにも山陽放送ラジオを聞かせていたり (*´∀`)、道理で、品のある(?)スイートピーが育つはずです。

岡山県の出荷高は宮崎県に続いて全国2位。
岡山県では船穂が90パーセントのシェアを占めています。「スイートピーなら船穂」と全国区で名をとどろかすほどの品質の良さもご自慢です。スイートピーは多様な花色を楽しめますが、船穂では約40種類育てています。木下さんもそのうち7種を開発されたんですって。そう、あのメンデルの法則で。
さて、スイートピーの花の色を決めているのはアントシアニンという色素なんだそうです。花色は「白〜ピンク〜赤〜紫色」とバラエティに富むものの、実は天然スイートピーには黄色の花ができないそうです。将来、船穂で奇跡の交配が出てくることを期待してます。

心に春が来た日は 船穂のスイートピー 〜♪ いかがでしょうか?

しだれ栗船穂の帰路は、、、「MOCO」にいっぱいの花束を積んで、ふわっと春の香りが広がって「うふふな空間」出現ですね〜。
CMよりもリアルかも。ステキ空間を演出するBGMもおまかせ! オーディオには普段iPodやUSBメモリに入れて持ち歩いているお気に入りのミュージックをダイレクト接続することが可能ですよ。
春を呼ぶ、うふふな空間をご体験ください!

ご用命は日産サティオ岡山岡山日産自動車まで。愛車の点検整備もお気軽にお問い合わせ下さい!

ドライブ情報
JA岡山西船穂町花卉部会(フルーツフラワーセンター)
岡山県倉敷市船穂町船穂2900-1 TEL:086-552-2703

(2011.3.22)

バックナンバー