問題です。

2月です。Rがつく月においしいもので、2月(FEBURARY)はRが2つもつくので特においしい「あるもの」を求めて車を走らせました。さあ、そのあるものとは? そしてそれはどこに? 

岡山市内から姫路方面へ国道2号線を走らせ、備前市にある伊部東の交差点で右折して国道250号線へ入りました。目指したのは伊里(いり)漁協です。穏やかな片上湾の波間に浮かび、きらきら太陽の光を浴びてすくすく育っているその子がいるんです。ちょっと硬い殻に入ってるんですが、炭の上で焼かれて食べごろになると「パカッ」って顔を出してくれます。中はぷりっぷりの身が、、、。伊里産の牡蠣はマイルドさが特徴で、実は牡蠣が本当に苦手でこの30年一度も食べられずだったわたしも美味しく食べられたんですよ。「自分好みの牡蠣と出会うには、いろんな朝市へ出かけて食べ歩いてみることじゃ」と組合長の永井国義さん(写真中央)。
毎週日曜日の朝7:00〜12:00に開かれている真魚(まな)市には、早朝からお客さんが詰めかけ、漁師がトロ箱を置いた先から買い手がついて取り合いになるという人気っぷり。小さな漁協ですけど、市場へ卸しに来る漁師から漁業の裏話を聞けて、おいしくて新鮮な魚が安く手に入るというのが口コミで広まり、岡山県を越えてはるばる広島県、鳥取県、兵庫県の高砂からもお客さんが来るんだそうです。牡蠣のシーズンには、目の前に海を眺めながら漁協で買った牡蠣や魚のバーベキューができて、家族やお友達と楽しくのんびりした時間を過ごせます。

周辺情報です。2月19日(土)は、500年続く伝統行事「西大寺のはだか祭り」が行われます。2本の宝木をはだか(まわし姿)の男達が奪い合う勇壮な行事です。当日は地元学芸館高校の生徒らもふんどし姿で練り歩くそうで、地元のまわし先生にまわしのつけ方を指導してもらっていました。高校生の若くキラキラした瞳がきっと、はだかでぶつかりあう祭りの夜、雄々しく力強く輝くんだろうなと想像します。西大寺の熱い夜に向けて地元では準備が着々と進んでいましたよ。

しだれ栗今日の一日を優雅にエスコートしてくれた車はエルグランドでした。助手席のドアを開けたとき、まず目に飛び込んできたのが、座席の下に伸びるフットレスト。今まで車で体験したことがない心地よさです! 後部座席上方からは、モニターが下りてきて地デジやDVDも見られます。車内のロールサンシェードで遮光したら、さながら動くプライベート映画館。13カ所に埋め込まれたスピーカーが車内を本格的なミニシアターへとランクアップさせてくれます。シートをしっかり倒して、フットレストにゆったりと足を投げ出し、まるで飛行機のファーストクラス気分に浸っている間に目的地へ着いちゃいます。ドライブ中は、リラックスしながらデラックスな時間を過ごせますよ〜。今までの車のイメージがひっくり返るドライブでした♪

エルグランド、ご試乗をオススメします。 ご用命は日産サティオ岡山岡山日産自動車まで。
愛車の点検整備もお気軽にお問い合わせ下さい!

伊里漁業協同組合お問い合わせ先
岡山県備前市穂浪2837-5 TEL:0869-67-0016 
真魚市 毎週日曜7:00〜12:00

(2011.2.12)

バックナンバー