岡山県新見市 満奇洞と元祖バクダンキャンディー

2016年08月27日

今回のドライブリポートは、涼を求めて岡山県新見市の満奇洞へ!

満奇洞は岡山県天然記念物に指定されていて、江戸時代末期、猟師がタヌキを追いかけていた時にたまたま発見された洞窟だそうです。

昭和4年には、歌人 与謝野鉄幹・晶子夫妻が訪れています。

もともと槇という地名から「槇の穴」と呼ばれていた名称を、晶子さんが「奇に満ちた洞窟」と読んだことから「満奇洞」と呼ばれるようになりました。

全長450mの満奇洞内は、見所が30カ所以上もあります。


今回は、満奇洞管理事務所の室 廣明さんに、沢山ある見所の中から
お勧めスポットを案内していただきました!

ちょうど3人で撮影したこの場所が入口。
高さ175㎝ほどと狭い入口です。
もうこの辺りでひんやりと涼しく感じられます。

早速、入洞です!!!!!!!
この日の気温は31度。洞窟内は13度。一気に、気温が下がります。

入口入って最初のポイントが、大広間にある「銀の幕」

カーテンの幕のように、天井から大きなつらら石が垂れ下がっています。
迫力があって、芸術作品のようでした!!!!!

次の見どころは「千枚田」

まるで棚田のよう!
渕の部分には苔も生えているんです。
これは人間の衣服についた植物の種などが落ちて育ったんだそう。
洞窟で植物が育っているなんて、とても驚きでした(゜o゜)!

次に紹介して頂いたのは「鬼の居間(写真左奥)」「鬼の金棒(写真右手)」

今にも鬼が出てきそうな、ゾクゾクする雰囲気でした。

そしてカップルにもお勧めの場所がここ!
「恋人の泉」

ここは洞窟の一番奥、突き当たりになっているので、2人だけの空間を楽しめます。
さらに!!!!4分ごとに一瞬だけ、暗くなるんです!!!!
その一瞬の暗い時間に………(*^3^*)ドキドキしますね♡♡♡♡

洞窟内は天井が高い所もあれば、腰をかがめながら進まなければいけないような、こんなに低い所まで。




ここでは全て紹介出来ませんでしたが、まだまだ見所はたくさんありますよ!

私たち、半袖、ノースリーブと完全夏スタイルで行きましたが、
1周する頃には、鳥肌がたってきて身体も冷え切ってました(+o+)
一枚羽織るものを持って行った方がいいかもしれません。

そして、外へ出ると……

坂本さんのメガネがくもってる!!!!!!!笑
それだけ外と中の気温差があるんですね。

外へ出ると震えていた身体も、ちょうどいい気温に感じられました。
その後もしばらくは暑さを感じず、過ごしやすかったです♪♪

実はこの満奇洞、今までにドラマや映画の撮影でロケ場所として使われたこともあるそうです。
反射してしまっていますが、私、加戸が大好きな藤原竜也さんの写真とサインも♡♡♡♡

管理事務所には、その他にもたくさんの芸能人の方の写真やサインがありました。
どんな方々が来られたのかは実際に行ってご覧ください(^^)

【満奇洞】
〒719-2721 岡山県新見市豊永赤馬2276-2
TEL:0867-72-6136
営業時間:8:30~17:00(入洞受付16:30)
入洞料:大人・高校生1000円
中学生800円
小学生500円
小学生未満 無料


そして、満奇洞に来たらこれを食べて帰らない訳にはいきません!!!!
「元祖バクダンキャンディー」

懐かしい~(*^^*)と感じる方もいらっしゃるかもしれませんね!
実はこのバクダンキャンディー、岡山県発祥!
正確に言うと岡山県備中地域!!!!!!!
県外の人は知らないらしい…これにはびっくり!!!!
今でもほぼ岡山県でしか売られていないんです。

そんな岡山県民懐かしの味、元祖バクダンキャンディーは
満奇洞を降りてすぐの満奇洞観光ドライブインで販売しています!
満奇洞の駐車場の前にあるのですぐわかりますよ。


味は全部で8種類

左から、グレープ・コーヒー・ミルク・ソーダ・オレンジ・レモン・イチゴ・メロン
1本200円で販売しています。

満奇洞観光ドライブインの地職 義幸さんにお話を伺いました(^^)

なぜバクダンキャンディーというのかご存知ですか?
諸説あるそうですが、作っている時にゴムが爆弾のようにバーンッ!と割れることから
バクダンキャンディーと名付けられたそうです。

気になるお味は、

うまーーーーーーーい!!!!!!
味も濃くて、最後までこの味が続きます!!!!
と言うのも、シロップを作るだけでも2日間かかるんだそう。
そして、しっかり凍らせてバクダンキャンディーになるまでには
5、6日間ほどかかるそうです。

これだけしっかり凍っているので、食べるのにてこずった経験がある方も
いらっしゃるんではないでしょうか?
食べ方のコツは、先を切ってゴムをガリガリ噛んで氷を溶かしていって、
溶けたところをチューチュー吸って食べるんだそうですよ(^3^)
私たちもおいしく頂きました♪♪

そして満奇洞観光ドライブインでは配送サービスなどは行っていないので、
ここ新見市の満奇洞観光ドライブインに行かないと食べることができないんです!!!!
この時期だと1日500本以上売れるそうですよ♪♪
是非、満奇洞と合わせて、この味を求めて足を運んでみてください(*^_^*)

【満奇洞観光ドライブイン】
〒719-2721 岡山県新見市豊永赤馬2377
TEL:0867-74-2200
営業時間:9:00~17:00


今回はまだまだ残暑が厳しい中、涼を求めて
岡山県新見市にある満奇洞と元祖バクダンキャンディーをもとめてドライブしてきました!
 そして今回試乗したのは「スカイライン」

見た瞬間、一言「かっこいい♡♡♡♡」
これで迎えにこられたらイチコロですね(笑)
実際運転してみると、フロントガラスも大きくて前も良く見えるし、
走っていて安定感があるので、満奇洞までの高速道路や山道も安心して運転出来ました!


日産車のご試乗・ご相談・お求めは【日産サティオ岡山】、【岡山日産自動車】まで。
愛車の点検整備もお気軽にお問い合わせ下さい! お出かけ時は安全運転で! 

RSKトップ >> Radioインデックス >> 日産ウィークエンドジョッキー >> 坂本大輔とNISSAN JDのドライブ日記