社名になじみがなくても製品はよく知られていたり、気づかないうちに身の回りにたくさんあったり。
そんな“せとうち”が誇る企業のトップに“夢”を、“いい話”を語っていただくロングインタビュー。
ユニークで元気な事業展開をしている企業の意外な一面を、米澤秀敏が聞きます。

2020年4月19日(日) 放送 [ 再放送:2020年4月20日(月) ]

(株)たけまる(倉敷市)

(株)たけまる(倉敷市)

代表取締役 武野慎一郎 氏

倉敷市で「自家製蕎麦武野屋」を3店舗展開中、しかし、普通の蕎麦屋とは大きく異なる点が2つある。
ひとつは、イタリアンなお蕎麦のメニューがあること、そして、もうひとつが豆皿に取り分ける「おばんざい」のビュッフェがあること。
なので武野社長は、自家製蕎麦の前に、「トラットリア」を付け加え、「トラットリア自家製蕎麦 武野屋」とした。
もともとは建設業からの脱サラ組で、現在も地下工事が専門の建設会社を営む。
倉敷で認知度No1を目指し、これからが踏ん張り時と話す武野社長は44歳、倉敷で老舗蕎麦屋の名店の味も受け継ぎ、伝統と革新の道を歩む。
米澤アナ、久しぶりの食リポにもご注目!